結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20133月30

KR93XP正規版完成!

マリンアクアリウム エイジ 03:33
この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps KR93XP LEDライト スペクトル

お待たせしました!
応援市場にて予約販売を受け付けておりました、

の2機種が、BHにようやく入荷したようです。
ご予約頂いた方には順次出荷されると思いますので、今しばらくお待ちください。
あ、ずっと欠品していたKR90DRも補充されたとのことです。

早速、光量やスペクトルを測ってみましたので、順にご報告します。
まず今回は、期待の超浅場向けフルスペKR93XPをお送りします。
KR90FWは次回のお楽しみと言う事で♪

うぅ。。。ついにXPが。。。感動。。。

KR93XP

予定通り、サークルレンズもサイドラインレンズもプリズム仕様です♪
その拡散効果を見よ!

KR93XP ビーム状態

まろやかぁ~♪
もはや面発光のT5蛍光灯にも迫る勢いでしょうか?笑

一般のシステムLEDと比べてみると、こうなります。

Razor 10000K 120WとKR93XP 100Wのビーム光量比較

どっちが良いですか?
ねえねえ、どっちが(以下略)

そして気になるスペクトルは!?
最終スペクトル設計通りに仕上がったのか!?

まずはMK350にて測定。

KR93XP スペクトル測定 by UPRtek MK350

LR1でも測定。

KR93XP スペクトル測定 by ASEQ LR1

* 但し、LR1では赤がやや弱めに出ます

ブラボー!!!
KR93SPに比べ、より太陽を模した白チャンネルの太陽っぷりを見てください♪
サンゴ礁の超浅場スペクトルの光合成有効放射域を構成する波長を一つたりとも欠かすこと無く完全に再現したフルスペクトルは、もはや芸術の域だと我ながら(以下略)

蛍光タンパクのKR93SPに加え、色素タンパクのKR93XPが今ここに完成しました♪
目的や用途はこんな感じだと捉えてください。

モデル KR93SP KR93XP
対象水深 3-5M 0-3M
メリット UV系(400-420nm)特盛り 白ch:中域波長特盛り
青ch:シアン500nm入り
デメリット 中域波長弱め UV系(400-420nm)弱め
色揚げ 蛍光タンパク重視 色素タンパク重視

もちろん、どちらもある程度は調光タイマーで融通が利くようにはなってますが、これまでKR93SPで強引に0-3M設定した時の効果よりも何倍もの大きな効果がKR93XPのデフォルトでお楽しみ頂けるようになったと言う訳です♪

こりゃぁ、本当に本当に、メタハラ超えちゃったぜぇ~?
じゃ~、ついでにT5蛍光灯なんかも交えてスペクトルを比べちゃうぜぇ~?

ATI T5スペクトルとSCメタハラとKR93XPのスペクトル比較

どれが良いかサンゴに聞いてみましょうか。

■エイちゃんのフルスペ劇場
飼い主:蛍光灯の波長なんてどうだい?
サンゴ:波長がスカスカだもん・・・
飼い主:じゃあ、メタハラは?
サンゴ:赤外線とか熱が・・・
飼い主:そっか。海にいた頃みたいに太陽を浴びたいんだね?
サンゴ:ゴメンね、無理言って・・・
飼い主:いや、無理言って来て貰ったのはこっちの方だからね。
飼い主:せめて君に必要な環境を用意するのは、せめてもの義務だから♪
サンゴ:うるうる・・・来て良かった・・・わくわく・・・
飼い主:・・・さて、どうしたものか(汗)

大丈夫!
今はフルスペがあります♪
SPとXP、お好みの太陽をどうぞ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. PK 2013/03/31 19:28

    こんにちは、質問です。
    横軸の波長[nm]は解りますが、縦軸の単位は何でしょうか?輝度の割合?
    何に対する比率ですか?全グラフの縦軸単位(scal)は同一でしょうか?

  2. 2. エイジ 2013/03/31 19:47

    ピークを100%とした相対グラフです。
    背景の太陽も太陽自身のピークを100%とした相対グラフですが、KRの光強度とイコールという意味ではありません。
    (但し水深0.5Mだけは陸上の太陽光に対する強度相当で割り当てて重ねてます)

    たまに放射照度[W/nm]を単位としたグラフも載せることがありますが、10-50-0の縦軸のものはすべて単位無しの相対グラフと思ってください。

  3. 3. PK 2013/03/31 20:05

    各ランプ個別の輝度分布割合と言うことですね?
    全グラフの縦軸単位を合わせた物を提示頂けると、単純に各ランプの比較が出来るのですか。提示の仕方ですと、普通ミスリードします。。。

  4. 4. エイジ 2013/03/31 21:13

    XP/SP/DR/FWの光強度関係を保持したスペクトル比較グラフがご希望でしょうか?
    勿論、そう言う比較をした場合は、強度を反映させたグラフを出す場合もあります。
    今回はXPの単独記事なので、そうならなかっただけです。
    必要なら次回ネタにしましょうか?

    ま、照度・PPFD等は別途出していますし、それだけでも他機種との光量の比較にはなるはずですが、例えばピンポイントの波長に着目して、どの機種が強いか等を知りたいならば、そうしたグラフは有用ですね。

    ちなみに、僕の知る限り、世のスペクトルグラフの大半は縦軸はRelativeな相対グラフが「普通」だと思ってきましたが、PKさんのご職業?ご存じの分野?では縦軸を強度で示したスペクトルグラフを使うのがメジャーですか?

  5. 5. PK 2013/03/31 22:13

    こんばんは、長文失礼します。
    CP:必要なら次回ネタにしましょうか?
    →可能でしたらお願いします。LED同士の比較でしたら素子数/レンズ/素子の世代からなんとなく判断できますが、LED/メタハラ/HCFL の同一周波数での輝度差が最も知りたいところです。(サンゴにとってどこの周波数をどの程度(絶対強度)与えると良い/悪いとの判断材料になりそうだからです。)

    CP:ちなみに、僕の知る限り、
    →各ランプ1種に限って提示するのでしたら、各ランプ自身の輝度割合(相対)で良いと思いますが、今回の文章とグラフの提示の仕方ですと、同一周波数の各グラフを絶対比較してしまうのが普通かと思います。私の知る限りでは、複数のグラフを提示する場合、単位を合わせたグラフを提示するのがルールで、単位(SCAL)が違う場合よほど断らないとミスリードするので行いません。特に軸単の記載(説明)が無い今回のはマズイと思います。(今回のご提示ですと、たとえば550nm時 輝度:XP>ATI>SC115と解釈されてしまうと思います。グラフ背景の陽光スペトラムは同一の物なので余計勘違いし易いです)

    長文失礼しました。

  6. 6. エイジ 2013/03/31 23:03

    ミスリードを引き起こしたならお詫びします。すみません。

    > →可能でしたらお願いします。

    この記事はどうでしょうか?
    http://www.1023world.net/blog/t5-illumination-trick

    > 今回の文章とグラフの提示の仕方ですと、

    私もそう言う配慮は欠かさない方ですが、少なくともスペクトルを同一グラフ内に重ねて、且つ強度の比較を行うような場合では、確かに縦軸を放射照度とします(上のリンク先参照)が、今回は個別のグラフを並べて波長の分布を見て貰う事だけを目的としていたため、普通に相対グラフを用いました。

    そうかぁ。。。100-50-0の表記だけじゃ伝わらないのかぁ。。。失礼しました。

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説