結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201410月11

ナイトライドUV 365nm LEDも試す

ブログ エイジ 11:03 コメント2件
この記事を含むタグの全記事リスト: LED Nitride スペクトル 日亜化学 紫外線LED

久しぶりにナイトライドのサイトを見たら、知らないUV素子が何種類も充実してました♪

あ、ナイトライドは国内屈指のUV LEDの専業メーカーです。
数年前、ナイトライドがUV+RGB蛍光体の自然光LEDを開発して盛り上がってた頃は、僕も開発ブログをちょくちょく覗いていました。ちょうど僕が太陽光LEDライトの実験に励んでいた頃です。
でも、実験の終了と共に、いつしかナイトライドも忘却の彼方へ。。。汗

しかし、前回の日亜UV素子の検証で再燃して、あれ以来ぶりにナイトライドの製品ページを見てみた訳ですが、、、すすすすごい!!!
パワーUV LEDの玉手箱やぁ~♪笑
しかも特筆すべきは、なんとCree XP互換の3535 SMD型まで勢揃い~!!!

Nitride製品ページ (NSx-3SVR)

・・・え!?
UV 405nmが・・・960mW @ 500mA・・・だと!?
マ・・・マジか!?
いくら何でも高出力過ぎやしないか???
これは500mA(2W駆動)時の出力だけど、350mA(1W駆動)換算だといくつだ?
データシートの電流光量特性からざっと計算してみると、、、

  • 385nm - 1100mW @ 500mA → 732mW @ 350mA
  • 395nm - 1000mW @ 500mA → 666mW @ 350mA
  • 405nm - 960mW @ 500mA → 639mW @ 350mA

はああああああああああ?????
1W駆動で500mW越えでもチビるのに、600-700mWだとぉぉぉ???
前回のLedEngin越えの日亜に驚愕してまだ日も浅いのに、早くも日亜越えか!?
ここここれは是非とも試したい!!!

すると、見積もり依頼のフォームがあるではないかっ!
しかも1ヶから販売可能となっ!?

結局、この製品についてはMOQ(最低注文数)が10ヶからで、単価も豪華ランチ(笑)ほどしてましたが、スペックを見る限り3000-4000円のLedEnginよりも高出力なのに全然安いし、どうしても試したい欲求を抑えられず。。。
それに、ラインナップには載ってなかったけど、試しに尋ねてみたら、「365nmもサンプルが少量あります」とのことで、もう気がついたら右手が勝手に発注してました~汗

すぐに送って頂けました♪

Nitride 3SVRシリーズ

BINも教えて頂けました。

  • NS365L-3SVR : 360-370nm, 840-920mW, 3.8-4.2V
  • NS405L-3SVR : 400-405nm, 1000-1100mW, 3.4-3.8V

おいおい。。。笑
365nmはデータシートがないけど、405nmは1000mW越えちゃってるぜ~!?汗
とは言え、これでも中の上のランクなんだって。。。恐ろしい。。。

早速、手持ちのCree XP用スター基板にリフロー♪

Nitride 3SVRシリーズをXPスター基板へリフロー

チップはSemiLEDs SL-V-U40ACにそっくりだけど、ワイヤー位置が異なります。

Nitride 3SVRシリーズのチップ

まずは小手調べに、視覚的にビーム強度を満喫(笑)

Nitride NS365L-3SVRと他社とのビーム比較

ふふふ。。。
どうせこの見た目を良い意味で裏切ってくれるんでしょ?笑

さあ! お待ちかねのスペクトル測定結果です!!!

まずは365nm対決。

  • 前回、過去最高値を破られたLedEngin LZ1-00UV00
  • それを破った日亜NCSU276A
  • そして、ニューフェイスNitride NS365L-3SVR

結果や如何に!?

Nitride NS365L-3SVRと他社との波長強度比較

きゃぁぁぁぁぁ!!!

そして400nm対決。

  • 過去最高値を誇るLedEngin LZ1-00UA00-U7 (400-405nmランク品)
  • LedEnginには負けるけど汎用パッケージ最強を誇るKR用 UV 400nm
  • そして、ニューフェイスNitride NS405L-3SVR

結果や如何に!?

Nitride NS405L-3SVRと他社との波長強度比較

* 光束測定用の積分球の反射材がUV非対応のため、ちょうど可視光線の下限にあたる400nm前後から下にかけての減衰が大きく、波形が歪んでいる点にご注意ください

鼻水出た!!!曝

365nmの高出力もさることながら、405nmに至っては突き抜けすぎて爽快です♪
しかもLedEngin×1ヶ分でナイトライド×2-3ヶは買えちゃうハイコストパフォーマンス♪

今まで、時間と費用を掛けて海外からあらゆるLED素子を取り寄せてきましたが、本当に良いモノは目の前にあったと言う、、、まさに灯台もと暗しっ!
どこかで聞いた風な言い回しだけど(笑)

ただ、ひとつ残念なのは、ざっと探しても今回のナイトライドのパワーUV LED類を販売している小売り通販が見当たらないこと!
メーカー直販だとMOQ縛りがあるので、モノによっては大量購入が強いられ。。。汗
エルパラさん、LED-ONさん、HOLKINさんあたりが取り扱ってくれたら良いのに♪笑

ナイトライドの365nm/405nmが各10ヶあります。出力は上記の通り過去最高値!
ソルダーパターンはCree XP互換です。必要ならスター基板にリフローします。
興味のある方はメールにてご連絡ください。購入価格にてお譲りします。

↑無くなりました(2015/3/23)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201410月06

ついに日亜化学UV 365nm LEDを試す

ブログ エイジ 23:05 コメント0件
この記事を含むタグの全記事リスト: LED LedEngin スペクトル 日亜化学 紫外線LED

つ、、、ついにこの日が来るとは。。。汗

10月某日、彼は過剰なまでの厳戒態勢でやってきました。。。

厳重な梱包?笑

・・・封筒で良いような気もしますが(苦笑)

はい、日亜化学の紫外線LED UV 365nm高出力タイプです!!!

日亜UV 365nm LED パッケージ比較

左が1諭吉、右が1.6諭吉(曝)

鬼ぃぃぃ!!!悪魔ぁぁぁ!!!
高すぎて絶対に買えないから今までずっと避けてきたのに~~~泣

だって、同じ3535でも、高いと言われるCree XT-Eでさえ300円の時代ですぜぇ?汗

高いと言われるCree XT-Eでさえ300円の時代に...

もう完全にLED廃人。。。笑

■日亜化学 - データシートPDF

NCSU033Bはかれこれ2年以上前の製品ですが、今回ある目的のために調達(笑)
かつてこれを4ヶも搭載してると豪語したLEDスポットがありましたなぁ。。。遠い目
だって材料費だけで4諭吉ですぜぃ?曝

NCSU276Aは今年2014/7にリリースされたばかりの新製品♪
3535タイプ(3.5×3.5mm)なので、一瞬Cree XP互換か?と思わせぶりますが、残念ながらハンダパターンは全く合いません。あしからず(汗)

Cree XP型と日亜Rigel型のハンダパターン

でもね、凄いよ!凄いよ!
なんとこの最新NCSU276Aは、500mAで780mWを叩き出すんです!!!
先日試したLedEnginの800mW@700mAを軽く超越してるやんっ! マジか!!!
遂に日亜が本気出しましたぁ~♪

ちなみに今回調達した各素子の光量ランクは以下の通り。

日亜化学 NCSU033B 365nmはP33d21(最低455mW@500mA)でした。

日亜NCSU033Bの光量ランク

日亜化学 NCSU276A 365nmはP36d21(最低765mW@500mA)でした。

日亜NCSU276Aの光量ランク

前回のLedEngin LZ1-00UV00 365nmはL(最低800mW@700mA)です。

LedEngin LZ1-00UV00の光量ランク

で、それぞれ@500mAだったり@700mAだったりして判りにくいので、各データシートの電流・光量特性グラフを見て、

電流・光量特性

これを判りやすく全て@350mA(1W駆動)に換算し直すと、、、

  • LedEngin LZ1-00UV00 365nm - 394mW @ 350mA
    .
  • 日亜化学 NCSU033B 365nm - 323mW @ 350mA
    .比較だ
  • 日亜化学 NCSU276A 365nm - 543mW @ 350mA
    .

おおお!!!
やっぱり日亜最新365nmはLedEnginより1.3倍以上も放射束が大きいぜ!!!

では、順にスペックを検証していきましょう♪

まずはチップ比較だ!

日亜UV 365nm LED チップ比較

え?
あり???

チップが同じやん。。。大丈夫か???

ハッ! いかんいかん!!!
きっとチップ自体の効率が2年前よりもグーンとアップしたに違いないっ!!!

よし、じゃあ光量比較だ!
365nmで過去最高値を誇るLedEngin LZ1-00UV00と比べてみちゃうぞ~!!!

日亜UV 365nm LED ビーム比較

え?
あり???

どう見てもLedEnginの方が最強ですけど???笑

ハッ! いかんいかん!!!
UV 365nmの光は本来人間の目には見えない波長(見えてる光はあくまで周囲の素材が蛍光反応してるだけ)なので、目で見た印象で判断してはダメだ!
(↑ご覧の通り発光色もデタラメ)
しかもLedEnginのレンズはビーム角が70°だから、より光が強く見える傾向がある!
俺としたことが!!!笑

よーし!
かくなる上は波長強度比較だ!
特に今回は各素子のビーム角がすべて大きく異なるので、より厳格に測定するために手持ちの積分球をスペクトロメーター用に改造して測定に挑みます♪

積分球+スペクトロメーター

* 左:スペクトルメーター ASEQ LR1 200-1200nm
* 中:積分球(光束計測用) (内部反射材がUV非対応の可能性あり)

さあ、果たして結果は!?

日亜UV 365nm LED スペクトル比較

おおおおお!!!
日亜のNCSU276AがマジでLedEnginに勝ってる!!!
それに、仕様が古いとは言えNCSU033Bも旧LedEnginより全然強かった!!!
初めて日亜で感動したかも~汗

さらに、ついでなので駆動電流毎の効率も見てみました。
350mA(1W)、500mA(2W)、700mA(3W)、の3パターンの測定です。

まず350mA駆動↓

日亜UV 365nm LED スペクトル比較@350mA

500mA駆動↓

日亜UV 365nm LED スペクトル比較@500mA

700mA駆動↓

日亜UV 365nm LED スペクトル比較@700mA

お?
LedEnginは700mAが基本ドライブなだけあって、高出力時の方が効率が良い?

先ほどの電流・光量特性グラフを@500mAに揃えて比較してみると、

電流・光量特性の比較

確かに、LedEnginは大電流時→高効率、日亜は小電流時→高効率でした。
ここが用途の分かれ道か?

いやいや、、、価格4倍差を許容してまで日亜を選択する理由は、、、ないよね?汗
やっぱり365nm買うならLedEngin LZ1-10UV00が現実的じゃないかしら?
仮に最低ランクが届いたとしても、ランク自体640/800mWの2種類しかないので、最低でも日亜の10000円相当(NCSU033B)は確保できる算段です。それが4300円(スター基板付き)で買えますし。素子単体なら3300円♪

あるいは、どこかコネがあってランク指定買いができるとしても、じゃあ例えば1000mWランクなんて一体いくらするんだろう?汗

補足:
当時僕が買ったLedEngin 365nm LZ1-10UV00は、現在は製造中止(在庫僅少)になり、今は新たにこちらが最新タイプになるようです。
(データ上は、旧365-370nm表記→新360-370nm)

以上、お役に立てば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201410月04

千石電商の各種LED素子のテスト

ブログ エイジ 06:34 コメント0件
この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm LED スペクトル 紫外線LED

千石電商から各種LED素子を取り寄せたので、ざっくりとテストしました。

千石電商の各種LED

取り寄せたのは、

計8ヶ。

すべて汎用パッケージ素子で、プラスチックレンズでした。
はい。UVはもれなく焦げるでしょう(汗)
もう~なんで未だにこんなもんが出回っているんだろう。。。
皆さんは400nmや420nmは必ずシリコンレンズかガラスレンズ採用品を選びましょう。

各チップと発光色。

千石電商の各種LEDのチップと発光色

UV素子のチップはブランドは不明だけど、以前eBayで買った380nm(騙されて400nmだった)と同じチップでした(笑)
それ以外はすべて蛍光体が載っているエフェクトLEDです。

続いて、スペクトル測定結果です。

まずは全部の比較↓

千石電商の各種LEDのスペクトル

ちなみに、特別UV素子だけが強い訳じゃありません。
他のLED素子に入ってる450nmの青チップも同様にあるいはもっと強いんですが、その光エネルギーのほとんどを蛍光体での波長変換に消費しているので、波長強度は相当弱くなってます。しかもその割に蛍光体によって発生した波長帯域は強くありません。ピンクに至っては、もはや何をしてるのか判らない状況。。。単に650nm前後が欲しいなら単波長LEDを使った方が早いです(笑)

UV 400nm↓

千石電商のUV 400nm LEDのスペクトル

波長精度は高いですね。ピッタリ400nmでした♪
また、出力もそこそこあるので、このプラスチックレンズだと確実に焦げますね(汗)

アイスブルー↓

千石電商のアイスブルーLEDのスペクトル

過去にAquaStyleから取り寄せた同様のエフェクトLEDのシアンとは全く異なるスペクトル分布でした。
詳しくは掲示板に貼ったので参考にどうぞ。
http://www.1023world.net/bbs/item-1406267139-1412240147
http://www.1023world.net/bbs/item-1406267139-1412240187
LED素子の見た目も発光色もほぼ同じなのに、スペクトルがここまで違うとは。。。汗
しかもこれを485-490nmと記載してるんだから困ったモノです(苦笑)
シアン500nmのつもりで買ったらエライ目に遭いますね(汗)
ホント、LED販売にはスペクトル測定と掲載を義務づけて欲しいです。。。
ま、波長不要で演色が目的ならアリですけどね。魚水槽とか。ディスコとか(笑)

レモン↓

千石電商のレモンLEDのスペクトル

一見、ウォームホワイトみたいなスペクトルですが、ピークが見事に黄色です。

ピンク↓

千石電商のピンクLEDのスペクトル

陸生植物の光合成には良いかも?
ま、蛍光体なので出力がかなり弱いけど。。。

以上、参考まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説