BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



器機・アイテム > LEDの選び方【10】

ページビュー (24282)

12.[x] プロフィール管理者エイジ Re: LEDの選び方【10】 2014/10/2 17:56

画像サムネイル
900x500 74.4KB
次にスペクトル測定結果です。
AquaStyleのCyanはまさにシアン合成なのですが、千石のアイスブルーは単にチップの青と蛍光体の緑が混ざって得られたシアン演色であり、波長としてのシアン(500nm)の確保を目的としたLEDでは無い事が判りました。

●AquaStyle Cyan = 460nmチップ + シアン蛍光体 → シアン500nm帯域発生
●千石 IceBlue = 450nmチップ + 緑蛍光体 → シアン演色(肝心の500nmは弱い)

なので、千石サイトに記載された「波長:485-490nm」はJAROでしょうねぇ(笑)
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4B5R
まあ、担当者も仕入れデータを鵜呑みにして未検査で出品してるのでしょう。

よって、単に「アイスブルー」と言う演色が欲しい用途(舞台、デコレーション)には有用ですが、波長として500nmが欲しい用途(サンゴ)には価値はありません。青と緑なんて普通の白色LEDに売るほど入ってますから。

他の通販にしても、スペクトルを掲載してないものは論外ですが、掲載してても違ったモノを送ってくる悪徳業者もありますから、新規開拓は本当に冒険です。しかも測定器が無ければ確認のしようもないし。。。なので、不安な方は僕が過去に検証してきたLEDの中からチョイスするのが無難だと思います。

ちなみにAquaStyleのCyanは、素子の写真は間違ってるけど、スペクトルはちゃんと掲載してます。
http://www.aquastyleonline.com/products/Cyan-LED-3W.html

と言うか、そもそも蛍光体で作った波長強度ってすごく弱いんですよね。。。変換ロスを考慮したら、波長は蛍光体で作るもんじゃないなってよく判ります。白色LEDは別ですが、少なくとも目的の波長が単波長で存在するなら、効率的にもそれを使うべきです。

いいね!1



レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、アルトさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.11 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!