結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201310月04

スプリング社UV 370nm搭載LEDスポット検証

この記事を含むタグの全記事リスト: LEDスポット スペクトル ヤフオクLED

先日、こんなものを入手しました。

スプリング - グランクリエイト UV370nm入りモデル

昔、LED素子のブランド偽装で世間を騒がせたスプリング社のLED製品です。
当時の記事はこちらを参考にどうぞ。

  1. 告発?警告?まずは武士の情けから - 2010/11/21 (コメント欄に注目)
  2. 常識を得るのが難しい時代… - 2010/11/29
  3. 詐欺LED続報 - 2010/12/13

あれから3年。。。
少しは改心したのか、あるいは相変わらずなのか。。。
と言う訳で、ちょうど良いので抜き打ち検査を実施しました。

ちなみに、当時は社名を伏せての告発でしたが、今回は前科があるので社名・製品名を明記して話を進めていきます。結果が悪ければ自業自得ですが、結果が吉なら名誉挽回にもなるはずです。要は、悪いことさえしていなければ済む話なのですから。。。

グラクリ抜き打ち検査:品質チェック・・・

今回入手できたのは、グランクリエイト 青2白2U2UN2と言う製品。

型番が言いづらいので、以降、暫定的にGC370と呼びます。

なんと! このGC370には日亜化学のUV素子が採用されてるとのこと!?
↓こちらがスプリングのページのキャプチャです。

スプリング宣伝文句のキャプチャー

マジかっ!?

と言う事は、、、

このグランクリエイトはLED素子1ヶあたり2W駆動(実質420mA駆動)してるので、それに見合う日亜のUV素子というと、、、
唯一これしかありません↓

日亜化学 UV 365nm NCSU033B 500mA

日亜化学 UV 365nm LED

これ以外は、波長も異なるし、2W駆動ができません。

でもこれ、流通価格は1ヶ1万円ほどしてしてるはずですが。。。汗
しかも4ヶも搭載してるらしいので、どー考えても素子代だけで4万以上に。。。大汗
しかし、このGC370の価格は\9,900円???

こ れ は あ や し い 。。。

まあ、とりあえず、順番に見ていきましょう。
まずは、LED素子の発色を見てみます。

GC370 - 発色

左は製品そのままの状態、右は本体からコリメートレンズを外してLEDだけの状態。
ほほお、、、確かに中央の4ヶはUV 400nmよりも暗くて、如何にもUVっぽい印象。
では、LED素子ご開帳~♪

GC370 - LED基板

中央の4ヶが、スプリングが主張している日亜製370nmのLED素子です。
賢明な読者の皆さんなら、この時点で茶~吹き出してるはずです。

では、さらにズームアップ!

GC370 - 採用LED

ま、他はどーでも良いんですが、とりあえず370nmは完全にアウトでした。
だってこれ、Epileds社チップを使ったただのノーブランド素子やん!

加えて、今回は日亜化学の知財部の方にも判断を仰ぎました。
その結果、画像判定ではありますが「弊社製品ではない」と明確にご回答を頂きました。
前回は武士の情けで逃げ道を残しましたが、今回は再犯なので厳しくいきました。

と言う訳で、、、

スプリング、またまたアウト!

これは直ちに販売中止と自主回収が必要なレベルですね。
どのみち400nm素子も未だに焦げちゃうプラスチックレンズ製だったし、一石二鳥?
まったく、、、せっかく与えたチャンスを棒に振って、また同じ過ちを犯すなんて。。。

これ売ってたショップさんには気の毒だけど、どうか今後の対応に尽力をお願いします。
まあ、でも少しでも早く気付いて良かったです。
ただ、取扱店舗が少なければ僕から一軒ずつ通知しようかとも思ったけど、検索したらかなり多くのアクアショップがヒットしたので、とても対応しきれません。
と言う訳で、何か質問やアドバイスが必要なショップさんはお気軽にメールください。
必要であれば、対応後に「安心できるショップ」として広報にも協力させて頂きます。
とにかく、詐欺行為への荷担はよくないですし、日亜化学も厳しい企業ですからね。

グラクリ抜き打ち検査:性能チェック・・・

ただ、我々消費者から見て、

  • 別に日亜じゃ無くても波長が得られるなら・・・
  • むしろ安くて波長が得られるなら大歓迎♪

なんて考える方がいらっしゃるのも事実。
もちろん違法行為はダメですが、初めからノーブランドを謳っていればあるいは???

では、ユーザーの目線からも見てみましょう。

本当に波長が出ているのか?

まずはLED素子の個別スペクトルを測定してみました。

GC370 - 採用LED 個別スペクトル

あらやだ。。。370nmは、実は385nmでした。。。ま、そんなもんか。
しかし、唯一褒めるなら、この素子に限り、シリコン樹脂レンズ採用LED素子でした。

400nmは、一応ほぼ400nm出てました♪
但し、プラスチックレンズなのでいずれ焦げる可能性が高いです。。。残念。

その他、青は465nmの普通の青(濃いRoyalBlueではない)でした。
白も普通のクールホワイトかな。。。

ここでまた考えます。

  • 別に370nmじゃなくても、385nmが入ってるだけでも有益じゃね?

そうですよね。。。
385nmだけでも、他の製品ではなかなか得られない有り難い波長と言えます。

そこで、再び製品スペクトルに話を戻します。製品スペクトルとは、買ったままの状態で測定したスペクトルです。その後、本体からコリメートレンズを外してLED素子だけの状態でも測定し、それらを比較してみました。

GC370 - スペクトル

判りますか?

LED素子だけの状態では385nmが元気よく出てますが、本体にコリメートレンズを装着した「買ったままの状態」では、385nmがまったく出てません!?

何故でしょうか?
考えられる原因はただ一つ。
本体に採用しているコリメートレンズが、ごく普通のコリメートレンズだからです。
ガラス一枚さえ透過ロスを伴うUV波長にとって、UV対応でない普通のコリメートレンズの存在は、むしろUVカットフィルターとして働いてしまいます。辛うじて可視光線でもある400nmならいざ知らず、完全にUV-Aである385nmや370nmを通したいなら、UV対応レンズを使わないと製品の意味を成さないと言う大失敗を招きます。

まさに上図の通り、
せっかく385nmを搭載したのに、
その波長はレンズを通過できず、
まったく照射できてない。。。

なんとも、お粗末な話でした。

もし、過去にこの製品を使ってサンゴへの370nmの効果を実験された方で、「なんだよ、400nmと変わんねーじゃねーかよ」と憤慨されていた方がいましたら、その検証精度は保証されていなかったことをご理解ください。実は370nmは愚か385nmすらほとんど照射できていませんでしたから。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。悪いのはスプリングですが、もっと早くに調査すべきだったと、僕からもお詫びしておきます。

グラクリ抜き打ち検査:最後に、、、

まとめると、

  • 3年前のCREE偽装に続き、今度は日亜偽装発覚
  • 370nmを謳いつつ実は385nm
  • 波長スキルの乏しいお粗末な設計
  • その他、相変わらず光漏れの筐体使用、焦げる400nm使用、など

スプリングは製品改善以前に、まずは会社としての体質改善が急務ですね。
しかし、この人を改心させるのは・・・難しそうだなぁ。。。
だって、スキル不足は単に努力とコストの問題だけど、詐欺行為は犯罪ですからね。
最近では、つい先日のイオンの米偽装問題もそうですが、中国米を国産米と偽装したり、加工用米を食用米に混入させたり、やはりこういう悪質な業者は常に抜け道を探っていて、何度でも再犯を繰り返すんでしょうね。。。
スプリングもそれと同じ部類と思われても仕方ありません。

僕だって本当はなるべく関わりたくないです。。。でも、おかしな製品がある以上、誰かがそれを暴いていかないと、この業界はどんどんダメになっていきます。その結果、例え僕への逆風が強くなろうとも、それで済むなら安いモノです。
でも中には、失敗を教訓に製品の改善に尽力されている会社(私感ですがクリスタルアクア、B.R.S等)もあり、そうやって結果的にユーザーの利益に還元されているケースを見ると、この自称1023の使命は決して間違いでは無かったと確信できます。だから今後も喜んで憎まれ役を邁進していけそうです。

いずれ本製品については、販売店から回収のお知らせが来るかも知れません。
そうなったら、愛用されていた方には本当に申し訳ありません。
でも、PSEが無い事も考慮すると、どう考えても返品が賢い選択となるでしょうね。。。
大事に至る前で本当に良かった。

その他、不明な点はお尋ねください。
調べて欲しいリクエストも受付中です♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説