結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20125月31

Mazarra特集:フルスペ♪

ブログ エイジ 01:40 コメント0件
この記事を含むタグの全記事リスト: LEDライト Maxspect Mazarra スペクトル

今回でMazarra特集も最終回となります。
これまでの記事はこちら。

  1. Mazarra特集:見える部分 - 5/11
  2. Mazarra特集:見えない部分 - 5/12
  3. Mazarra特集:駆動電流 - 5/18
  4. Mazarra特集:入れ違い - 5/24
  5. Mazarra特集:汎用スター基板 - 5/27
  6. Mazarra特集:代替え素子 - 5/29
  7. Mazarra特集:フルスペ♪ ←今日ここ

え? お金とれたかな?笑

今回で最後なので、とっておき超絶バリバリのフルスペMazarraを大公開っ!?
・・・と言いたいところですが、今回はお手軽簡単フルスペにとどめたいと思います。
何故って?
だって、答え出しちゃったらおもしろくないじゃん。
道は示したので、あとは皆さん各々で楽しんで組んでください♪
完全フルスペは、あ・な・た・次・第!

と言う訳で、今回のレシピです。

Mazarra P+420 → フルスペ例変更内容

ベースは、Mazarra P+420 2011年秋モデル。
換装LEDは400nmと500nmの僅か4ヶのみ。予算も3,000円程度(送料は別)
勿体ないので420nmは純正のままでいくプランです。せっかくトリプルチップだし。
そして、明るすぎるAチャンネルの白LEDの駆動電流を1500mAから1000mAに落とすのもミソです。それだけで本体の消費電力を70W→60Wへ省エネを実現♪
今年の夏の節電に間に合った~♪

ビフォー。

Mazarra P+420のLEDパターン

アフター。

Mazarraフルスペ例のLEDパターン

お勧めのProLightの400nmと、純正の400nmの明るさの違いは一目瞭然ですね。400nm前後の波長はちょっとずれても人間の目には大きく違って見えるのですが、この両者は共にジャスト400nmなので、見た目の明るさの違い=実光量の違い、と言えます。

さあ、結果や如何に!?

Mazarraフルスペ例の各チャンネルスペクトル

AとBチャンネルを足して白チャンネル、CとDを足して青チャンネル、てところです。

Mazarraフルスペ例の放射照度 vs メタハラ&他LED

純正(下の表の緑色の波形)と比べて、見違えましたね♪
お手軽簡単フルスペと言えどもバカにできませんよ!
出力を抑えた分、どうしても光量は落ちましたが、400nm盛り、440nm盛り、500nm盛りの関係を見てください。もう少し475nmを強化できれば、見事な水深15Mだと思います。フルスペほど色揚げには特化してませんが、極めて自然な光環境が再現できていると思います♪

さあ、あとは、皆さんの腕次第です!
LEDスペクトラでじっくり試行錯誤して、夢のMazarraフルスペを叶えてください♪
僕も機会があったら、今度は本気のMazarraフルスペに挑戦してみますね。

Mazarra特集、おわり

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説