結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20124月05

Mazarraの進化と最新情報、続

この記事を含むタグの全記事リスト: LEDライト Maxspect Mazarra

前回のMazarraの進化と最新情報の続きです。

Mazarra本体内部の進化

Mazarraは本体内部の基板にあるジャンパーピンで駆動電流(700mA/1A/1.5A)が可変できるのが魅力のひとつですが、その仕様も徐々に進化してきたようです。

まず、昨年8月時点の試作機から。

Mazarraデモ機 2011/08

Maxspectって昔から思ってたけど、筐体や部品の作り込みやクオリティが本当に素晴らしいですね。上の試作機の時点でさえこの作りですから、これは見習いたい部分です。
ちなみに試作機の駆動電流設定は、各チャンネル毎に700mA/1000mA/1500mAの3パターンすべての選択肢が2ピン式のジャンパーピン方式で用意されていました。さすが試作機ならではの抜かりのない構成です。

続いて、昨年10月購入分です。

Mazarra P+420 2044/10ロット

上のP+420は2011/10の購入分ですが、タイミング的に最新素子リストが反映される前のロットなので、まだBridgeluxが使われてた初期の素子構成です。
また、駆動電流の設定ピンの選択肢はシェイプされ、さらに3ピン式に変更されてました。

Mazarra P+420 2011/10ロット 基板

ジャンパーピンは、3ピンのうち上側か下側にショートピンを挿して使います。PCの自作なんかでよく見るアレです。

そして、多分もっとも最新型と思われるロットです。

Mazarra P 2012/01ロット (個人輸入品)

今までは素子を固定する黒いパッドを外さないと、どのチャンネルの素子なのか判りませんでした(チャンネル印字がパッドに隠れてるため)が、このロットからは見える位置にチャンネル表示が印刷されました。

そしてジャンパーピンも3ピン式から2ピン式に戻りました。
ちなみにジャンパーピンで設定できる駆動電流の選択肢は、

A ch: 1500mA/1000mA
B ch: 1000mA/700mA
C ch: 1500mA/1000mA
D ch: 1000mA/700mA

の各2パターンが用意されています。
とは言え、設定可能な最大出力が熱設計で許容されているのか不明なので、あまりガンガン流すのは放熱の心配があるので避けましょう。僕の提供しているMazarra最新フルスペ案も敢えてA chは1000mAに落として、オール1000mA設定で計算しています。

また、例えば「Mazarra白すぎるなぁ」とか「XML(Aチャンネル)が明るすぎるなぁ」とお困りの方は、Aチャンネルの駆動電流を1.5Aから1Aに落としてみると、「おぉっ!青みが増した♪」とか「光障害がなくなった!?」とか、幸せの鐘が鳴るかも!?
ちなみにAチャンネルの駆動電流設定ピンは、基板の正面に向かって一番右端の白い2芯コネクタ周りにあります(最新ロットならコネクタの上に「A」と印字されてます)。そのコネクタの右横の1.5Aのジャンパーピンを抜いて、下の1Aに差し直すだけ(旧基板ならコネクタの下の3ピンの1.5A側を抜いて1A側へ差し直し)。あ、もちろんコンセントを抜いて作業すること。

ただ、ひとつ問題があります。それは、実は僕は電流設定の変更を実際には試していないんです(大汗)。あくまでも基板の写真を見て想像で書いてます。なので、もしかしたらファームウェアが絡んでるとか、単にピン設定だけではうまくいかない可能性も否めません。
という訳で、まあ、くれぐれも自己責任でお願いします(汗)

その他、1月時点のUS版Pで気づいたこと。

Mazarra P 2012/01ロット レンズ部

最新Mazarra PのUV系LED素子はDチャンネルの外側(写真右上と左下)に2ヶ配置されていますが、実はここだけデフォルトで100°レンズが割り当てられています。これは恐らく、少しでもUVが広域に拡散するよう願いが込められているのかな?と思われます。うーん。。。UV素子増やそうよ(汗)
あ、一応念を押しますが、UVとかUV系素子とか書いてんのは、あくまでも400-420nmのことであり、俗に言う紫外線のことではありませんからね。今更ですが。

以上、お役に立てば幸いです。
不明な点はお尋ねください。大して詳しくないけど(汗)

併せて、この場を借りて、情報提供者の皆さんにお礼申し上げます。
(ご迷惑が及ばないように敢えてお名前は伏せさせて頂きます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説