結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20114月20

LEDライト:eco-lamps KR92 vs KR93

この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps LEDライト

前回に引き続き、今回はeco-lamps KR92とKR93を比較検証してみたいと思います。

尚、この記事の中に出てくるノーブランドとブランドと言う表現は、前者を白い汎用パッケージで標準的な光量の安価なLED素子、後者をCreeやPhilips Lumiledsのような高効率・大光量LED素子を指すものとします。便宜的なものであり他意はありません。

まず、外観から。
あ、今回はKR92のブラック、KR93のシルバーをお借りしましたが、両機種ともブラック/シルバーがラインナップされていますのでご安心を。

KR92 KR93外観の比較

色違いは別として、KR92とKR93は、外観上の違いが特に見当たりません。
レンズが広角になったKR93との違いも、目視では判りません。
そしてコントロールパネルも見た目は全く同じです。。。

が、このコントロールパネルに注目です。
KR92では、ディライト・モード(全点灯)時のホワイト/ブルー/ムーンの強弱の比率までは調整できませんでした。
しかしKR93では、このディライト時のみ、ホワイト/ブルー/ムーンの点灯比率をそれぞれ0-100%で調整できるようになっています。とは言え、ムーンは左サークル部の中心1素子だけの調整なので、これをいじっても大して変化は無いかも。実質、ホワイトとブルーの比率調整と考えて良いと思います。(ホワイト/ブルー/ムーンの各モード時の発光パターンは前回の記事を参考に)

また、KR92とKR93では、操作性がやや異なるようです。これは、操作パネルを流用しつつ追加機能を実装したことによる仕様変更だと思いますが、混乱するので両者を同時に所有することはお勧めしません(汗)

続いて、各モードでの配光を比較してみました。

KR92 KR93モード別の配光比較

ムーンは同じっぽいけど、ディライトとブルーの配光は何かが違います。
どこがどーなってんのかな?

てな訳で、更に詳しくレンズを個別に見ていきます。

KR92 KR93ビーム角の比較

あぁ、なるほど。サークル部は同じで、サイドライン部が変わったようです。
まぁ、去年の記事でも書いてましたが、サークル部は引継ぎ55°で、サイドライン部が55°から75°に変更になったのです。確かにブレンド性は高まって見えますね。ただ、LeDioのように拡散プリズムレンズにした方がもっと綺麗に混ざるのになぁ、と言うのがやや残念な点。今後の課題かしら。
それに、どうせなら中央も75°にして欲しい。そしてその分、サークル部を3つに増やして中央をムーン担当にすれば、左右対称にもなるし合理的だと思う。夢は膨らみます♪

ちなみに、拡散プリズムレンズを乗せた場合のシミュレーション。(合成です)

拡散プリズムレンズのイメージ

まあ、サークル部はクリアレンズの割に比較的綺麗にブレンドされてるようなので、何か工夫があるのでしょう。でもサイドは是非とも拡散にして欲しいところです。
まだまだ伸びしろが残ってます♪

さて、続いて照度対決の結果です。(全点灯時/30cm照度)
ついでに、過去に紹介したLEDライトとも比較してみましょう♪

メーカー 製品 レンズ 30cm照度
Maxspect max-s G2 160W なし 22,190lx
レンズキット60° 50,000lx以上
Vertex Illumina SR 300 80W なし 14,690lx
eco-lamps KR92 12″ 50W 55° 38,940lx
KR93 12″ 50W 55°+75° 33,740lx

ほほぉぉぉっ!!!
さすが、当時ワクワクしただけのことはあります♪
これ、50WのLEDシステムライトとしては、多分現時点でブッチギリ独走一位じゃない?

ひとつ面白い例を紹介しましょう。
例えば、このKR92/KR93のように42WのLEDライトの構成パターンを考えてみます。
ざっと、以下のようなパターンが挙げられるでしょう。

1W駆動×42ヶ=42W
3W駆動×14ヶ=42W

両者ともに、同じ42Wです。

で、これをノーブランドとブランドのLEDで構成したとして、それぞれを比較してみましょう。
仮にノーブランドをOptoSupply、ブランドをCreeとします。
各LED素子は、以下のものを使用するとします。

駆動 メーカー LED素子 カラー 光束
1W OptoSupply OSW4XME1E1E PureWhite 6500K 100lm
Cree XP-G R5 CoolWhite 5000-8300K 139lm
3W OptoSupply OSW4XME3E1E PureWhite 6500K 200lm
Cree XP-G R5 CoolWhite 5000-8300K 139lm×1.8≒250lm
DataSheet - Relative Flux (6P)

この条件で先ほどの42Wをそれぞれ構成してみましょう。

順位 LEDライト構成光量
1 Cree 1W × 42ヶ = 5,838lm
2 OptoSupply 1W × 42ヶ = 4,200lm
3 Cree 3W × 14ヶ = 3,500lm
4 OptoSupply 3W × 14ヶ = 2,800lm

ノーブランド1Wの方が、Cree 3Wよりも明るいですよ♪(笑)

まあ、42ヶ作戦なんて、素子が安いからこそできる技です。Creeを使わざるを得ないなら、多少光量を犠牲にしても3W×14ヶ作戦を選ぶケースもあるでしょう。どこで折り合いをつけるかは、メーカーの思案どころとなります。

どこを取って製品の良し悪しとするかは視点次第ですが、例えば消費電力や効率・寿命にとことんこだわった場合の製品選びをするなら、僕はこんな順位になるかな、と思います。

順位 理想構成 理由 該当製品
1 ブランド+1W駆動+レンズ 高照度、高効率、集光
2 ノーブランド+1W駆動+レンズ 高効率、集光 KR92/KR93
3 ブランド+3W駆動+レンズ 高照度、集光 max-s(レンズキット)
4 ノーブランド+3W駆動+レンズ 集光
5 ブランド+1W駆動 高照度、高効率
6 ノーブランド+1W駆動 高効率
7 ブランド+3W駆動 高照度 max-s、Illumina SR
8 ノーブランド+3W駆動 -

やはり光量に一番影響するのはレンズの有無ですから、これはまず最優先事項だと言えます。次に来るのは効率かブランドか、これは一概に言えませんが、ブランドであっても出力を上げれば効率は低下(ドループ現象)しますし、ノーブランドであっても1W駆動なら効率は維持しつつ、熱による素子の劣化なども回避できます(経験上、ノーブランドのような白い汎用パッケージ素子は、3Wや5W等の高出力駆動時ほど、また波長エネルギーが高いほど(UVや青等)、プラスチックレンズの変質・劣化等が起きやすく、極端に寿命が短くなります)。よって、効率とブランドは、ドライブや採用素子によって優先度が前後する場合も考えられるでしょう。

但し、これが波長重視となるとまた見方は変わってきます。現時点ではカスタマイズ製が高く、UVを標準で搭載しているmax-sがダントツでしょうし、シアンを工夫しているPhilips Lumileds版のIllumina SRも魅力的です。そうなると、KRシリーズは分が悪いでしょう。
ただ、価格の面で遥かに有利であるため、お釣りで補助ランプを揃えると言う選択肢もあります。シアンの単一ランプはまだありませんが、UV等は既製品で容易に補完できます。

照度をとるか? それとも波長をとるか?
水槽条件や生体の要求に合わせて選択すると良いでしょう。

最後に、製品選びのポイントとかアドバイスとか。

ノーブランド素子を採用した製品は決して悪くはありません。今回のKR92/KR93のように賢い設計の元では、最高の光量と効率、そしてコストパフォーマンスを発揮します。但し、ノーブランドの場合、駆動は1Wが理想で、高くても3Wまで。それ以上は効率の問題以上に素子寿命が心配です。

また、理想を言えばブランド素子の1W駆動ですが、これは素子数=コストであるため、メーカーはなかなか作りません。よって、どうしても3W駆動、5W駆動となるでしょう。ただ、いくらブランド素子でも、僕は5W駆動は効率の問題からあまりお勧めできません。熱い割に暗く、電力の無駄です。同じ5Wでも、5W駆動×1ヶより、1W駆動×5ヶの方が、2倍も3倍も明るいですから。

そして、現状では選択肢が限られますが、なるべくならレンズを搭載した製品がお勧めです。理由は過去の記事を見れば判りますよね。詳しくは割愛します。

以上、参考になるかしら♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説