結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



200912月23

紫外線LED:だにミドリイシ経過

マリンアクアリウム エイジ 21:55
この記事を含むタグの全記事リスト: LED水槽記録 紫外線LED

今回は、だにやんから頂いたミドリイシの経過報告です。
これらのミドリイシ片が我が家に来たのは11/30のことでしたが、長期に渡り輸送ストレスからの回復を待っていたため(ミドリイシC.は現在進行中)、正式にミドリイシ色揚げ実験の開始を案内したのは12/15でした。

さて、かれこれ一週間が経過しましたが、ミドリイシに変化は見られたのでしょうか?
でもその前に現在のテスト環境をご説明します。

2009/12/23現在のミドリイシ色揚げ実験の環境状況

テスト環境がたびたび変更になりすみません(汗)
先日届いたケントパパミドリイシの輸送ストレスの治療のため何卒ご理解ください。
結局、当初のランプ高さ15cmから、現在では倍の30cmとなっております。
しかもLeDio7と東芝は若干角度を前方へ向けて照度を調整しております。
それでも水面部の照度は左で約8,000lx、右で7,000lx程度ありますから、LEDの多灯によるクロス照度効果が如何に高いかお判りいただけると思います。
早くミドリイシが回復して、もっとランプを下げてガンガン照度を当てたいと思います♪

では、だにミドリイシの経過を。
まずは、だにミドリイシA.から。

だにやんミドリイシA.の変化

背景の壁の色が違って見えるのは、ランプの高さ変更により壁も照らされるようになったためです。また、パナソニックLEDでの撮影では、厳密なランプ位置が固定出来ていないため、写りに若干のコントラストの違いがありますがご容赦ください。撮影位置・角度も微妙に異なります(汗)
とは言え、カメラの設定は同じですので、個体の色彩の比較には問題ないでしょう。

LEDランプの演色も含めた環境光での色彩比較(上)では、あまり違って見えませんね。どちらも綺麗なバイオレットに見えます。もちろん、「これで色が揚がったぁ~♪」なんて浅はかな発言はいたしませんよ(汗)。そのために、太陽光相当の6,500Kのランプでも撮影している訳ですから。

脱線しますが、このことはしばしばアクアリストを混乱させます。
例えば、ブルー光が当たりブルーに着色されたサンゴを見ると、どうしても「わぁ、青く色が揚がりましたね♪」なんて思いがちです。しかし、これはあくまでも演色効果であり、サンゴ自体が青くなった訳ではありません。本来の色を知るには、水槽の照明を消し、部屋を明るくするか、自然光の元で観察すると良いでしょう。その上で且つ青いなら、それはれっきとした青いサンゴです(笑)
そういうことも踏まえて、ネット上の水槽写真を鵜呑みにせず、吟味すると良いでしょう。
(サンゴ自体の色を判断するなら、と言う意味です)

話を戻しますが、上のだにミドリイシA.の本来の色彩の変化が判りますか?
下の写真をよく見比べると、枝の先端にピンクっぽい着色が現れ始めているのが判ると思います。もちろんこの撮影ではUVランプは点けていません。
このことから、恐らくUVの照射によってピンク(と言うかバイオレットかな)の色素が優位になり始めているのだろうと推測できます。
参考までに、ブルーベーリーのアントシアニンと言う紫色の色素は、紫外線により発色が促進されるそうです(参考:光放射と生物 - パナソニック電工 1P参照)。
このミドリイシにも、きっとこれと同様の現象が起きているのだろうと思われます。
わずか一週間でこの効果ですから、今後が益々楽しみです♪
そうそう。根元の傷も塞がり始めてますよ。

次に、だにミドリイシB.の経過です。

だにやんミドリイシB.の変化

こちらは東芝LED改アクアブルーだけなので、A.のようなピンク乗りはハッキリとは確認できません。しかし、照明を高くしたことで左右からのUV(左UV3W、右LeDio7+UV)の照射範囲に入った可能性もあり、もしかしたらその恩恵が出始める可能性があります。今も良く見ると、少しピンクが乗ってるような乗ってないような。。。汗
ま、これはもう少し顕著になったら、またご報告します。

それよりも、枝が全体的に太くなってきました。
左下の枝の先端の剥げも、綺麗に修復されました。
また、最近ではポリプも徐々に大きく広がり始めました♪
輸送ストレス・光障害は、もう乗り切ったと見て良いでしょう。
ただ、ヤドカリやヨコエビなど撹拌生物が多いため、どうしてもこのように砂に埋没していきます(曝)。なんか対策せなアカンなぁ。。。

とりあえず、今のところUV-LEDを使う価値はアリかな?と言うところです。
引き続きレポートしていきますね。

そうそう。応援市場に出してるUVサンプルモデル、あとラスト一台ですよぉ。
時代を先取りしたい方、これを逃す手は無いですよぉ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説