結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20098月19

ライブロチェックの前に

マリンアクアリウム エイジ 03:42
この記事を含むタグの全記事リスト: ライブロチェック

関連する過去の投稿はこちら

以前から宣言しているライブロチェックですが、ちょっと今バタバタしているので、週末~週明けまでには開始したいと思っています。でも、その前に、この実験の目的の意図を明確にしておきたいと思います。(誤解している方がいそうなので)

ライブロチェックの一番の目的は、これまで信じて疑わなかったライブロックの還元能を確認するためです。初めてベルリンシステムを立ち上げた際に聞き及んでいた「ライブロックの意味」を、今ここで改めて実感しよう♪と言うものです。

当時、ネットや書籍、先輩方から教わったライブロックの意味とは以下のようなものでした。

ライブロックは表層で硝化を行い、内部で還元を行うため、発生した硝酸を窒素に返す「脱窒」が得られる → ナチュラルで低栄養塩を実現する必須アイテム

勿論、付着生物による生物層の実現や、生体への飼料供給源としても大きな役割を果たしますが、まずは水質処理としての意義を確かめたいと考えています。
砂に関しては今回は除外します。(既に明確な結果を得ているので)
最終的には実用に見合った処理量がこなせるかどうかまで追求したいところですが、とりあえずは「能力の有無」として、その存在を確認することが目的です。

この発想に至るまでの経緯としては、前回のヒゲゴケ実験にて二次的に遭遇した、処理層(バケツ)での硝酸塩の上昇がきっかけです。ライブロックが脱窒するなら、どうして硝酸塩が消えていかなかったの? と言う疑問からです。勿論、ライブロックの処理速度、許容処理量、色々と考慮すべき点があるので、現時点でもライブロックの処理能は疑っていませんし、結果を出すための条件にも入念な検討が必要です。

但し、注意していただきたいのは、今回の硝酸塩の純粋な発生源がライブロックだったとは全く思っていません。あくまでも、分解されたヒゲゴケや、ヒゲゴケの分解用に投入した微生物・小型甲殻類の死滅によるものだと認識しています。
また、海綿・海藻等のライブロックの付着生物の腐敗が絶対にゼロだったとは決して言い切れませんが、投入前の状態から推測して限りなくゼロに近いと思います。(尚、死滅した微生物類の中にはライブロック由来のものも含まれますが、投入量の比ではありません)

以上のことを改めてご理解の上、以降のライブロチェックをご観覧くださいませませ♪

今一度、ライブロチェックの方法を記しておきます

ライブロチェック実験内容(暫定)

  1. まず人工海水にライブロックを入れエアレーションで数日程度の硝酸監視
  2. もしこの条件で硝酸が出てくるようなら、換水やエアレーションの見直し *2
  3. 硝酸ゼロの推移が確認できたら以降↓を実施、ダメなら上記↑繰り返し
  4. 別のバケツに5L程度の海水を入れ、若干の硝酸濃度を与える (2~3ppm) *1
  5. 上↑のライブロックを入れる (砂は入れない)
  6. 蛍光灯で良いので、何らかの光源を与える (タイマーで日照条件に)
  7. 撹拌はエアレーションのみ *2
  8. 一ヶ月程度実施し、定期的(最高で毎日)に硝酸を測定する

*1: 尚、設定する硝酸塩濃度は、もう少し検討の末、変更する可能性があります。
*2: また、エアレーションもライブロックをかすめるべきかどうか、まだ悩んでいます。
何かアイデアやご意見があれば、お聞かせください。

もし可能であれば、皆さんの参加も大歓迎です。
むしろご協力をお願いいたします。
万一、上記の手順の意図が判らない場合はお気軽にご質問ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. TAKA 2009/08/19 06:28

    エイジさん、
    5で何故改めて10cmのライブロックを投入するのでしょうか?
    硝酸塩濃度は、どのようにしてあげるのでしょうか?硝酸カリウムで硝酸塩濃度をあげた人は知っています。
    もし、2の段階をパスしないのであればBiodigestなどのバクテリアを入れるとよいかもしれません。時間の短縮のため。当然?バケツ内の水中にもバクテリアが湧くかもしれないので、別のバケツで培養するのが良いかと。
    面白そうなので、参加を検討したいと思います。=)

  2. 2. 狩人 2009/08/19 09:05

    エイジさん

    非常に面白い実験です
    私は以前から、硝酸還元という意味ではLRは大して(言われる程)働いていないと考えておりました

    結果が楽しみなのと同時に 自分でもやってみたいところですので時期がエイジさんとズレるかもしれませんが 私も参加させていただきます

  3. 3. まっすん 2009/08/19 11:42

    これはすごく気になる実験です!
    結果を楽しみにしています。

    一点気になったのがバケツにライブロックと言う点なんですが
    バケツの水量に大してライブロックが大きすぎたり(=多すぎる)ことには
    なったりしないのでしょうか?

    適正な微生物の数にキュアリングされたライブロックはライブロックの量が多くても濾過能力が高くなると思っていますが、実は水量が少ないとバクテリアは処理しきれない状態になったりするなんてことはないのでしょうか?

    スイマセン、実験される前からご質問しまして^^;

  4. 4. エイジ 2009/08/19 15:52

    TAKAさん、
    鋭い! 5の行は誤植です(汗) あとで書き直しておきます。
    硝酸は、前回からのバケツを今なお保持してあるので、そこから200~300ccほど取るつもりです。
    バクテリアに関しては現状のまま、岩のままで行きたいと思います。それ以外の人為的な補強(特に添加物等)は一切行いません。それでも現在のLRの細菌状態が判りませんが、普段ほとんどノータッチで回している水槽なので、不自然な分布は無いと見ています。(極めて天然に近い状態?)
    是非ご参加ください。

    狩人さん、
    現在の水槽の硝酸がゼロでないなら、人工海水である程度のアク抜きをしてくださいね。上の手順どおりに。
    楽しみにしています。

    まっすんさん、
    LR:水量については、仰るように懸念材料です。ただ、LR>海水 よりも、LR<海水 の方が自然かな? くらいに考えています。そこで、皆さんのデータも欲しいなと考えているところです。今は5Lに対して10cm角のLRと書いてますが、実験の前にはより詳細なサイズと併せて、LRの重量も量っておきたいと思います。

    問題は、エアレーションによるライブロック表層への影響です。直接当てると半ば強制濾過が再現されてしまわないか? と言う懸念です。あくまでもLRとは離して緩やかな撹拌にした方が良いかな? と考えています。

  5. 5. うめお 2009/08/19 18:09

    以前の記事を見てから非常に興味を持っています。
    エアレーションはLRに直接当たらない方がよさそうですね。。
    硝酸の添加ですが、エイジさんは前回のを使われるとして、実験に参加する場合はどのようにして添加すれば良いのでしょう・・・。
    データの統計を取られるのでしたら、この辺(海水:LRの比率、硝酸濃度etc)は合わせた方が良いでしょうか?

  6. 6. エイジ 2009/08/19 21:34

    うめおさん、ども。

    TAKAさんが書かれた硝酸カリウムというのが可能なら一つの方法ですね。
    でも僕はやり方が判りません(汗)

    簡単なのは、別の容器に強制濾過と汚染源を入れて回しておけば、そのうち硝酸塩が得られそうです。どこからか種濾材を貰ってくれば早いかも。一から立ち上げるには時間が掛かりそうなので。
    汚染源については、例えば目的水量に対して飼料の乾燥重量○gを入れれば目的の硝酸塩濃度が得られる、みたいな計算方法を確か以前スーリンが仰っていた記憶がありますが、僕には計算方法が判りません(汗)
    適当に汚染海水を作って、そこから適宜回収するのが手っ取り早いのではないでしょうか?

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説