結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20098月13

デトリタスに巣くう微生物類

マリンアクアリウム エイジ 07:05
この記事を含むタグの全記事リスト: ワラワラ

ヒゲゴケ処理に関する過去の投稿はこちら

ヒゲゴケ処理のバケツからライブロックを取り出し水槽へ戻してから数日が経過しました。それ以降、水槽側の硝酸塩を頻繁に測定していますが、今のところ硝酸はゼロのままです。約一ヶ月間、硝酸50ppm以上の海水に浸かっていたので僅かながら出てくるかと思っていましたが、どうやら多少の流出があったとしても、砂による脱窒で完全にクリアされているようです。もう少し様子を見てから、例のライブロチェックに取りかかりたいと思います。

ところで、バケツでライブロックを濯いだ際、微少なコペポーダ類が結構見られました。それまで目視による確認ではこれらの生物はほぼ壊滅していたように感じていただけに意外でした。硝酸が50ppm以上あっても、思ったほどの影響は受けていないようです。

では、更に微細な微生物類はどうでしょうか?

相変わらず硝酸塩の高いバケツから、少しデトリタスを取って検鏡してみる事にしました。

バケツに溜まったデトリタス

写真のように、ホンの数ccのデトリタスを抽出。
そこから更に1滴ずつ、スライドガラスに載せ、カバーグラスを乗せます。
平均的な分布を確認するために、これを5回程度繰り返しました。
その中から確認できたものを動画にまとめました。いずれも1200倍率です。

これまた意外と生存者が確認できました。
ほとんどが線虫類などのニョロニョロ系でしたが、僅かながらのピコピコ類も確認できました。正直驚きました。リンとは違い、窒素に関してはかなりの耐性があるようですね。とは言え、ピコピコ系がほとんど確認できなかったのが気がかりですが。。。ニョロニョロ系による捕食、あるいはやはり高濃度の硝酸塩による影響かしら?

ちなみにデトリタス1滴の平均値として、線虫などのニョロニョロ系は10~20体は含まれていました。かなりの高密度です。(自然下ではもっと凄いでしょうけど)
ただ、ピコピコ系はどんなに多くても10体居るか居ないかのレベルでした。

さて、ついでなので水槽の方も見てみることに。
ちなみに水槽の方は目に見えるデトリタスは存在しませんが、きっと砂の中にスポイトを差せばモクモクとデトリタスが抽出できるだろうと思い、いざ、試してみました。

砂に差したスポイト

ところが、どこを差しても何度やっても、透明な海水しか吸い込めません。
うーん。。。
確かにある程度はデトリタスが砂の中で分解されているだろうとは予想していましたが、こんなに高効率で処理されていたとは驚きです。今日は驚いてばかりです。
仕方がないので、この透明な海水を1滴ずつ調べてみることにしました。

するとなんと!?
予想に反してピコピコがいっぱいいました!!

砂の中凄ぇ~。。。
体感的には、砂の中の海水1滴あたり、50体は下らない高密度のピコピコが確認できました。多くは鞭毛虫の仲間だと思いますが、中には訳のわからないものもいくつか見られました。サイズ的には、動画の縦横がおよそ1×1mmほどなので、写っているものは5~100μmほどの微生物です。詳しくは判りませんが、とにかくこいつらが細菌を摂取したりデトリタスの分解に携わったり、ここから食物連鎖が始まると言えるので、ニョロニョロ系も含め非常に頼もしい砂の番人です。
逆に今回の方法ではニョロニョロ系は一匹も確認できず。。。ま、砂にスポイト差してもフィルター越しに海水だけ吸うようなものなので、これでは仕方ありませんね。しかし実際にはウヨウヨいるはずです。線虫はこの世でもっとも栄えている生物らしいので。

今回判ったことは、

  1. 硝酸が高濃度でも、意外とニョロニョロ系は繁栄していた
  2. しかしピコピコ系はほとんど見られなかった
  3. 硝酸ゼロの水槽の砂からは多くのピコピコ系が確認できた

デトリタスと砂の比較と言う、方法こそ違いはあれど、逆に水槽にデトリタスがあったら、もっと多くのピコピコ系が確認できたと思うので、これはこれで良い結果が得られたのだと思います。

ちなみに現在の水槽は砂は薄く敷いてあり、スポイトもさほど深く差していないので、いずれも好気的な環境からの抽出と言えます。もっと深く砂を敷いていたら、更に面白い観察が出来たかも知れません。特に線虫類は砂の深い嫌気的な環境が大好きなので。

皆さんのナチュラルシステムの水槽でも、きっと砂の中ではこんな光景が繰り広げられていると思います。サンプに溜まったデトリタスの中でも同様です。つくづく生き物の世界って凄いですね♪
これからはデトリタスを掃除するのが勿体なくなりそうです(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. TAKA 2009/08/13 07:56

    この顕微鏡だとバクテリアも見えそうですが、どうなんでしょうか?微生物を見るのは面白いですよね。

  2. 2. エイジ 2009/08/13 09:45

    あくまでホビー用なので、精度も倍率もこれが限界ですね。
    細菌によっては「点」として見えると思いますが、動画で見せた微生物についても、これが動いているからこそ認識が可能なのであって、動かなければただのゴミにしか見えません(汗)
    これ以上は電子顕微鏡の世界かなぁ~。
    せめてもうちょっとマシな奴は欲しいと思ってます。今のは微調整が出来ないので。

  3. 3. うめお 2009/08/13 14:24

    とても面白い記事でした!
    ワラワラのパワーと生命力には驚きです。
    うちの濾過槽にもデトが溜まっています。
    見た目が悪いので、一回大掃除をしようと思ったのですが、
    よく見ると目視できるくらいのワラワラが少しいたので、
    これは!と思いとどまり、ずっと溜めっぱなしです。
    ろ材が入ってる槽でもヨコエビを飼ってます(笑)
    おそらく、OF管から落ちてきたんだと思われますが。
    私も自分の水槽内の微生物チェックしてみたいです。

    ライブロチェックも楽しみにしております!

  4. 4. エイジ 2009/08/13 15:23

    目に見えるワラワラも面白いですが、顕微鏡で見るワラワラも楽しいですよ♪
    夏休みの課題にどうですか?(^^

  5. 5. よっちゃんいか 2009/08/14 17:11

    こんにちは。いい天気ですねぇ 昼まっからBEER飲んでます(笑)

    以前から気になってたんですが サンプのデトは掃除する派? それとも掃除しない派?どちらが多いのでしょう.. エイジさんはしない派ですね?! うめおさんはしなくなった派?
    わたしの水槽は毎回水換えごとに吸い出してます。理由はなんとなく..

    メリット、デメリットがそれぞれあって結論でないのかなぁ~なんて思いながら
    掃除する日々。

  6. 6. エイジ 2009/08/17 02:05

    こちらの天気は可もなく不可もなくでした。
    お盆の帰省から無事帰還しました。

    デトリタスの掃除ですが、「敢えてしない人」っていないんじゃないかな?
    消えていくなら放置でも良いけど、砂のないサンプなどは溜まりっぱなしになると思うし、多くの方は換水のついでに吸い出してないかしら? それは僕も同じ。

    この投稿ではデトリタスのワラワラをネタにしましたが、あくまでも自然の摂理の紹介と言う意味で、必要以上に崇拝するつもりは無いです(笑)
    ま、無駄にしないと言う意味では、いっそサンプに砂を敷くのも一興かも♪
    で、そのままエコシステムへ~。

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説