結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



200910月24

VM Method Vol.2:3日目の検鏡結果

マリンアクアリウム エイジ 07:30
この記事を含むタグの全記事リスト: VMワラワラ実験

VMワラワラ実験 Vol.2 の3日目(昨日)の検鏡結果です。

日付 炭素源添加 VMワラワラ実験 Vol.2 備考
ウォッカ みりん
2009/10/21 0.1ml 0.1ml VMワラワラ実験 Vol.2 を開始。
2009/10/22 0.1ml 0.1ml ワラワラ密度、前日とほとんど変わらず。多くても2倍程度。
2009/10/23
(本日)
0.1ml 0.1ml ワラワラ密度、前日とほとんど変わらず。炭素源が足りないのか希釈液に問題が?

結果として、昨日とあまり変わらず。 ピコピコも対して増えてない。
ま、初回の実験で界王拳10倍を見てしまっているから、普通の増え方では刺激が足りないだけか? (て言うか界王拳しつこい?)

あるいは、もしかしてウォッカとみりんの各希釈液に問題があるのかも知れない。元々、Tetsuo氏からは、溶液の希釈は細菌の繁殖を促すとのことであまり勧められてはいなかったのだが、例え冷蔵庫で保管したところで、北極や南国のような極寒の地でさえ細菌は活動している訳で、絶対的 にこれを防げる保証はない。ひょっとして超寒冷仕様の細菌が冷蔵庫内でも活動し希釈溶液内の炭素源を消費し尽くしてくれちゃったのかも知れない(汗)。ま、それは大げさかも知れないが、希釈によって成分に何らかの変異が起こっていないとも限らない。
ま、色んな考察はできるっちゃできるし、少しでも実験の精度は落としたくない。

と言う訳で、今日からは希釈液の冷蔵庫保管はやめて、毎日使い捨てで希釈液を生成することにしますぞ♪

あと、たまには写真も。カイアシ類?の殻と、ツチノコ君です。見た目似てるでしょ?

コペポーダの殻と扁形動物

しかも今日のツチノコ君は、ウォッカ層に1匹、みりん層に3匹もいました!!
なんだ、普通種か。。。今まで見たこと無かったのに。。。
ツチノコ君の動きについては、VMワラワラ実験 Vol.1 の4日目に動画がありますので、興味があればどうぞ♪

あと、写真のコペポーダのような微小甲殻類の殻あたりは、デトリタスというだけあって数は多いです。それ以外には、珪藻の細胞のようなものも多く見られます。あとはマリンスノーというか、何なのか不明です(笑)

全然話変わるけど、ここ最近羽布団の表面から羽根がところどころから顔出してチクチクして痒いです。羽毛布団なら大丈夫? あるいは高い羽布団ならOK?
やっぱ安い奴はチクチクと煩わしいね・・・(-_-;

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説