結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20166月23

ボルクスジャパンLeDio RX072を試す

この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDスポット volxjapan スペクトル

大変ご無沙汰しております。
必殺仕事人歴すでに半年のサンタマルターエイジです(笑)

ホントは、サーバーを引っ越してスッキリしてから、ブログ等もガンガン投稿しようと思っていたんですが、なかなかバタバタに追われるうち、それどころではなくなってました。ま、この際サーバーの引っ越しは後でいいや(笑)
なので、溜まってたブログネタでもちょこちょこ出していこうかな~、と考え中。。。
あぁ、裁判ネタも溜まってます。全部吐き出したい。みんなを和ませたい♪笑
ま、まだまだお預けです。待ちきれない方はメールでもください(笑)

さて、今日はボルクスジャパンの新製品をレビューします。
と言っても、発売から3ヶ月も過ぎちゃいましたが。。。大汗
読者プレゼントも預かってたのに、ボルクス殿スマソ!
それは最後に回して、まずは製品レビューから。

ボルクスジャパンLeDio RX072

ボルクスジャパン LeDio RX072

今回リリースされたRX072シリーズですが、一応位置づけとして旧XS071の後継らしいのですが、実は出力が旧1W駆動→新2W駆動にパワーアップされてるので、製品消費電力も7W→14Wに上がってます。そのため、ヒートシンクも二回りほど大きくなりました。その結果、形状こそ見慣れたLeDioではなくなりましたが、光沢や質感はLeDioオーラ健在と言う感じです♪
なので、どちらかというとXS071の後継と言うよりは、兄貴的存在ですね。

LEDデザイン、ビーム色、スペクトル等

検査データを全部まとめて紹介していきます。

LeDio RX072 Deep ディープ

LeDio RX072 検査データ:Deep

400nm×2 + 425nm×3 + 450nm + 475nm の構成で、ブルーやシアンの蛍光タンパクの色揚げに最適ですね。475nmが入ってる分、多少レッド系の蛍光タンパクにも効きそうです。あれもこれも欲張りな1台かな。

LeDio RX072 Coral コーラル

LeDio RX072 検査データ:Coral

旧来のブルー系LEDスポットとして使えるのはもちろんのこと、425nmがバッチリ効いてるので、さりげなく蛍光タンパクも励起しちゃいます♪

LeDio RX072 Reef リーフ

LeDio RX072 検査データ:Reef

出た! 万能海中フルスペクトル! フルスペも顔負け♪笑
いやぁ~LEDスポット一本で海中スペクトル再現だなんて、ホント良い時代だなぁ♪
20-40L程度の小型キューブ水槽の太陽として最適ですね。

LeDio RX072 Aqua アクア

LeDio RX072 検査データ:Aqua

採用した白系LEDのチップ波長が450nmじゃなくて460nm前後だったのが要因かな、440nmにやや穴ができちゃってるけど、まあ許容範囲ですかね。その分425nmがてんこ盛りですから、サンゴにはガンガン作用するでしょう♪
ただ、これだけの高色温度(30000Kなんてほとんど測定不能域)にも関わらず演色性の値が表示されたのは驚きですね。しかもRa87.3って、かなりの高演色やん♪
海水なら浅場~超浅場に使えそうですが、水草にはやや青すぎるかな?
ま、でも黄色い水草照明に飽きた方には、超爽快な白色光源として最高でしょう♪

LeDio RX072 Sunset サンセット

LeDio RX072 検査データ:Sunset

まさに夕焼けなんですが、用途としては夕焼けの演色だけじゃ勿体ないでしょう(笑)
クロロフィルの活性用として、ベース光源に追加する形で利用するとベストです♪
例えば、世間に多い水草LEDあたりは、UV域400-420nmは元より、深赤の660nmすら入ってない製品が多いので、そんな時はコレを足すだけで、普通の温白色のLEDが贅沢な光合成ライトに早変わりです♪

以上、超あっさりしたレビューでしたが、LeDioシリーズはもはや鉄板なので、特にこれ以上語るまでもないでしょう♪
あんまり時間もないし(汗)

で、大変大変お待たせしましたが、このLeDio RX072シリーズ、ようやく応援市場でも取り扱いが始まりました!

2016夏本番LeDio祭り開催中!

お待たせしたお詫びに、またまた業界最安・送料無料・代行手数料無料です!!!
ご注文どしどしお待ちしておりますよ~♪

おっと、これを忘れちゃイカーン!

LeDio RX072 Reef/リーフ プレゼント!

超久しぶりに、ボルクスジャパンから読者プレゼント用に商品提供を受けました♪
今回は新LeDio RX072シリーズの中から、大人気カラーのReef/リーフを3台ゲット!
これを、まりんちゅシティの海人の中から抽選で3名の方にプレゼントしちゃいます♪

■応募方法

LeDio RX072リーフプレゼントの受け付けは終了しました! (2016/06/30)

まりんちゅシティにご参加の方なら誰でも応募可能です。
今から慌てて参加されてもOKですが、下記をよく読んで漏れの無いように!笑
下記項目を info@1023world.net までお送りください。
締切は今月6/30まで。

●メールの件名
「レディオRX072リーフプレゼント応募」
●送付先の情報
・お名前 ・郵便番号 ・住所 ・電話番号
●まりんちゅシティの情報
・ハンドル名 ・設置予定の水槽スペックURL
●所有するLED製品
・メーカー ・型番(いくつでも)

応募のメールには基本返信はしませんが、照明の質問等あれば伺います。
当選者は来月のブログで発表します。なるべく速やかに発送しますね。
一応、間違いのないように、当選者へは、まりんちゅシティのホットラインから当選メッセージをお送りしますので、その際に受け取り希望日時を伺います。だから他人を語ってもダメですよ(笑)
そのため、受信可能なメールアドレスを確実に管制塔へ設定しておいてください。また、携帯メールアドレスの場合は受信拒否にならないように、キャリアの設定画面→ドメイン指定で「1023world.net」を追加しておくと安心です。
あと、送料は僕が負担しま~す(泣)

では、よろしくお願いいたします!
不明な点はお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201510月30

世界初シアン搭載LEDスポット零号機

この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDスポット スペクトル 太陽光LED 自作関連

懐かしい繋がりで第二弾!

今度はこれを見つけるために、先日掃除した部屋をまた散らかしました(曝)

太陽光ブレンド

太陽光ブレンド! (但し零号機は消息不明・・・笑)

太陽光ブレンドとは、
白色LEDの歪なスペクトルを、太陽光のようなフラットなスペクトルに改善するために2010年に生まれた、シアン500nm搭載の高演色白色LEDスポットです♪

久しぶりにスペクトルを測定すると、、、

太陽光ブレンド 実測スペクトル

相変わらず、良い仕事してるわぁ~♪笑

あれから5年の月日が経ちましたが、先日、久しぶりに修理の依頼がありました。
嬉しいですね~5年もお使い頂けたなんて♪
早速調べてみると、LED素子がいくつか死んでました。。。
もちろん、同じ構成での修理も可能でしたが、この5年の間にLEDもすっかり進化したことですし、せっかくですからフルスペクトル化をご提案しました。
ハタゴイソギンチャクとクマノミがメインとのことで、超浅場の水深1-3M仕様に!

LeDio 21改 太陽光ブレンド
→ LeDio 21改 太陽光ブレンド2015

太陽光ブレンド2015

但し、この素子数では目的のスペクトルが構築出来ないので、UVのみ400+425nmデュアルチップを採用しました。

そして、実測スペクトル。

太陽光ブレンド2015 実測スペクトル

完璧です!
今日も手足の如く波長を自由自在に操るLEDスペクトルデザイナー平常運転です♪笑
いやぁ~、当時はこんな高精度なスペクトルが将来作れるようになるなんて思いもしませんでしたが、ホント、良い時代になりましたね~♪

さあ、スペクトル新旧対決!

太陽光ブレンド 新旧スペクトル比較

欠落していたUV域を補完しながらも、演色性は超高演色Ra93を確保し、それでいて太陽光のようなフラットなスペクトルを実現しながら、ついでに陸上スペクトルから水深3Mスペクトルへ華麗にダイビング~!
ハタゴイソギンチャクも石垣のビーチと勘違いしちゃいそうですね♪笑

世界初シアン搭載LEDスポット「太陽光ブレンド」誕生秘話

さて、せっかくなので、太陽光ブレンドの開発秘話も簡単にご紹介しましょう。

■2010年4月

漠然とですが、LEDを使い始めてから、メタハラでの挙動と違う何かを感じ始める。
毎日明けても暮れても太陽・メタハラ・蛍光灯・LEDのスペクトルとにらめっこ。。。
UV以外にも何かが足りないのか・・・?

一般白色LEDとシアン500nmのスペクトル

シアン500nmかぁぁぁ!?

この500nm前後のシアンの領域は、色素ではカロテン系が、蛍光ではグリーンやオレンジ、レッド等が励起波長源として活用しています
(当時そこまで明確に認識してなかったけど笑)

■2010年10月

それから、市場のシアン500nmのLED素子を漁る日々が始まりました。。。

2010年当時の各社シアンLED各種

しかし、一般的にシアンのLEDの波長範囲は490-520nmと広範囲に渡ります。
運が良ければ水色、運が悪ければ緑色です。。。

シアンLED発光色

当時、まだスペクトロメーターは持ってませんでしたから、目視だけが頼りです(笑)
そして、極めて青に近い水色を当たりシアンと名付けました。
そう、欲しいのは500nm以下の当たりシアンだけなのです。。。

この時期かなり鍛えたので、今では色を見れば波長が判るようになりました(曝)

■2010年11月

で、こうした厳しい波長検査をくぐり抜けた優秀なシアンだけが、当時の太陽光ブレンドに使用されることが許されたのです♪
波長への徹底したこだわり、それは自然へのリスペクト、そして生体への愛だろ、愛♪

太陽光ブレンド 詳細(デザイン/発光色/ビーム)

当時はスペクトロメーターが無かったので、お手製分光器で撮影したスペクトルをロット毎に印刷して仕様書に添付してました(笑)

太陽光ブレンド仕様書

照度も測定して印刷してましたが、当時はまだJIS照度計を持ってなかったので、簡易照度を載せてましたね。

いやぁ、、、そう考えたら、LED素子の物色だけじゃなくて、測定器関係や調査用照明機器なんかも含めると、相当散財してますね。。。
ざっくり計算しただけでも200万超えてたし。。。わなわな
人件費入れたら更にトンデモナイことに。。。ワナワナ
しかも気前よくデータばらまきすぎ。。。WANAWANA
でも、それで誰かが喜んでくれたり、たまに励ましや感謝の言葉をいただくと、それだけでホッコリ満足しちゃう自分がいるんだよねぇ~笑
早く、お人好しの特効薬が開発されれば良いのに(曝)
商売上手な人ならとっくに何か金儲けとか始めるんでしょうけど、僕は無理ですね。

あ、太陽光ブレンドが壊れた方は、遠慮なく修理にお送りくださいね♪
メールでお気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20159月30

ナイトライド370nmスポットLED正式版

この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDスポット Nitride 紫外線LED 自作関連 電気系

すみません。この記事、1ヶ月前に投稿し忘れてました(苦笑)
大変お待たせしました(汗)

UVA 370nmスポット正式版がついに完成しました~♪
ドンドンパフパフ~♪

過去の関連記事はこちら。

ナイトライド370nmスポットLED正式版!

ナイトライド370nmバルブ

■用途・目的

  • 浅場サンゴのBFP/CFP系蛍光タンパクの維持・色揚げ
    現状、UVA 370nmを含むアクアLED照明は存在しないので、メタハラが持つUVAの浅場サンゴへの効果を期待される方、400-420nmによる蛍光励起量だけでは満足できない方、オージーの色揚げ実験など、フロンティア様向けアイテムです。
    尚、370nmのBFP/CFP励起量は過去のサンゴ測定レポートにより確認済です。
    (励起量目安:BFP→400nmの70-85% / CFP→400nmの50-70%)
    * BFP:ブルー蛍光タンパク / CFP:シアン蛍光タンパク
    * レポートをお持ちの方はBFP/CFP系サンゴの反射スペクトルをご確認ください
  • UV硬化樹脂、紙幣鑑定、蓄光、昆虫誘引など
    省エネ3WスポットLEDに国内最強UV素子を搭載して実用UV照度を実現!
    10cm距離で25mW/cm2!(照射面積5cmφ)
    (サンゴ飼育用途だけでは勿体ないスペックなので一般用途でもご提供いたします)

■製作費用と内訳

改造内訳 費用目安
3WスポットLED本体代金 1,000円
改造費用 ・ナイトライド365nm LED (NS365L-3SLG採用)
・リフレクター (アルミニウム)
・45°ガラスレンズ搭載 (+20°ガラスレンズ付属)
・工賃
12,000円
費用トータル 13,000円

当初、DXの3Wスポットを送って頂ければ改造してお返しする形式で通知してましたが、現在DXで販売されてるモノは高確率で不良品(1W駆動以下)であるため、こちらで3W駆動を確認したものをご用意して改造する形式に変更させていただきました。

■ご注文の流れ

  1. メールで必要事項をお知らせ下さい
    用途:サンゴ目的か否か (レンズの説明があるため)
    その他、数量送付先(名前/郵便番号/住所/電話番号)をお知らせ下さい。
  2. 折り返し、納期と支払金額と振込先(当方指定銀行のみ)をご返信します
  3. お振り込み確認後、製作と発送をおこないます
  4. お受け取り

■仕様

LED仕様
波長 採用LED 採用レンズ UV出力
365-370nm NITRIDE NS365L-3SLG 石英ガラス 800mW @650mA

*樹脂レンズ採用品のNS365L-3SVRは経年劣化が懸念されるため採用中止

ランプ仕様
消費電力 電源 形式 ドライブ レンズ リフレクター
3W AC100V E26灯具 650mA ガラス45°装着
(ガラス20°付属)
アルミ90°
UV照度(参考値)
45°レンズ装着時 20°レンズ装着時
2,000uW/cm2 @30cm 25mW/cm2 @10cm

■外観

ナイトライド370nm最新3Wバルブ

このNS365L-3SLG版を、今回のナイトライド370nmスポットLEDの正式版とします♪

■注意事項

* 絶対に光を直視しないでください。お子様の手の届かない位置でご使用ください
* UV LEDの危険性を十分にご理解されている方へのみ提供させていただきます
* 必ず400-420nmの補助としてサンゴに当ててください。単独での常用は不可
* 既に蛍光タンパクが衰退した個体には距離を離して少しずつ慣らしてください
* アクリルやポリカ蓋をご使用の水槽には使用できません (UVを透過しないため)
* 基本的に受注作業なので、料金は先払いでお願いします (銀行振り込みのみ)

■20°レンズと45°レンズのビーム角の違い

20°/45°ビーム比較

用途に応じてサンゴ用45°ビーム仕様検査用20°ビーム仕様が使い分け出来るように、45°レンズを組み込んだ完成品に、20°レンズを付属品としてお付け致します。
(レンズは+ドライバー(1番)があればネジ×3を外して簡単に入れ換え可能です)
(希望があれば20°レンズの方を装着した状態でお送りいたします(但しサンゴ不可)

■NS365L-3SLG版 UV照度参考値 (保証値ではありません)

浅場サンゴ用途@45°レンズ装着時 (ピーク値)
距離 照射φ 参考ロット(a) 参考ロット(b)
30cm 26cm 1,962 uW/cm2 2,072 uW/cm2
45cm 38cm 836 uW/cm2 868 uW/cm2
60cm 50cm 496 uW/cm2 532 uW/cm2
UV硬化・検査用途@20°レンズ装着時 (ピーク値)
距離 照射φ 参考ロット(a) 参考ロット(b)
1cm 2.5cm 100.9 mW/cm2 102.5 mW/cm2
5cm 3.5cm 51.52 mW/cm2 52.30 mW/cm2
10cm 5cm 25.24 mW/cm2 25.63 mW/cm2
20cm 9cm 10.93 mW/cm2 11.20 mW/cm2
30cm 12cm 6.03 mW/cm2 6.05 mW/cm2

* 測定器はUV340Bを使用 / 距離はスポット先端から測定器のセンサーまでの距離
* 1cm/5cm距離は理論値(当方所有の測定器で測定不能につき)
* 20°レンズはサンゴ用途に絶対に使用しないで下さい

■関連製品スペック参考

その他、不明な点はメールでお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説