結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20158月14

ナイトライド最新UV素子NS365L-3SLG

マリンアクアリウム エイジ 08:30
この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDうんちく LEDスポット Nitride スペクトル 紫外線LED 自作関連 電気系

前回ご紹介したナイトライドUV 370nmスポットLEDの“正式版”を作るため、ナイトライドから最新365nm LED素子NS365L-3SLGを取り寄せてみました。

ナイトライド最新UV素子 NS365L-3SLG

素子サイズはNS365L-3SVRと同じ3535サイズ(3.5×3.5mm)で、ハンダパターンもCree XP互換なので使いやすいですね。

NS365L-3SLG 外観

しかし、レンズは樹脂から石英ガラスに変更されました。これはNS365L-3SVRのような樹脂レンズの経年劣化を回避するたです。とは言え、石英ガラスは樹脂よりも透過ロスが大きいので、チップサイズを45mil(約1.1mm)から55mil(約1.4mm)にサイズアップすることで、光強度を確保しています。

ちなみに、今回入手出来たBINは、1250-1300mW@1000mAランクです♪

NS365L-3SLG 電流光量特性

これなら3W駆動(700mA)でも900mWをキープ♪
3Wスポットの600-650mA駆動なら、差し詰め800mWモデルというところでしょうか。
まあ、1000mWモデルではなくなりましたが、それと引き替えに長寿命が達成出来たのでヨシとしましょう。それでも800mWもあれば市場では向かうところ敵無しです♪

では、新旧対決をしてみましょう。
左がNS365L-3SVR、右が最新NS365L-3SLGです。

まず、LED素子の外観比較です。

外観比較:NS365L-3SVR vs NS365L-3SLG

え? チップサイズが同じに見えるって???
いいえ、あくまで左の3SVRはケントデリカット現象ですってば!!!笑
(ドームレンズの虫眼鏡現象によって大きく見えてるだけ)

そして気になる放射スペクトル比較。積分球FOIS-1による全放射束測定です。

スペクトル強度比較:NS365L-3SVR vs NS365L-3SLG

ぐはっ! 積分値3割ダウンはきつい。。。これが樹脂と石英ガラスの差です。。。

ビーム角比較。

ビーム比較:NS365L-3SVR vs NS365L-3SLG

ややNS365L-3SLGの方が明るい風に写ってますが、あくまで可視域だけの話ですからね。しつこいけど(笑)

ただ、実際に3Wスポットに実装してUV照度の実測値@30cmを測ってみると、3SVR機も3SLG機も特に大差はありませんでした。いや、むしろ3SLG機の方が高出力に!笑
理由は、上の素子発光をご覧の通り、NS365L-3SLGの照射エネルギーはその構造上NS365L-3SVRよりもやや前方に分布しています。そのせいかな?と考えています。
まあ、結果的に心配したほどのUV照度の差がなくて安心しました♪

では、次回はナイトライド370スポットLED正式版のスペックをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説