結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20167月22

AQUA SANRISE PLUS MMC SP UV強化実験

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm LED LEDうんちく LEDライト スペクトル プチ実験 紫外線LED 電気系

「KRのUV素子は世界を救う・・・」
僕は常日頃、そう考えています。真顔で。
でも、今のところKRユーザーしか救えてない…

そんな折り、ちょうど手元にそそられる素材が召喚され、衝動は抑えきれないものに♪笑

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル!!!
その30cm用R30モデル!

じゃ、これに先日のKR用のUV素子を入れてみようぜ~♪ というのが今回の実験です。
でも、本採用品(400nm/425nm)は勿体ないので、不採用品(395nm/415nm)で試してみます(笑)

このように、R30モデルには400nm2ヶ420nm2ヶ搭載されています。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化の換装対象LED素子

18素子中4素子がUV系と言うことは、UV素子率20%超えてます♪
でも、その割にスペクトルのUV域が弱いんだよね。。。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化前のスペクトル

ホントは400nmと420nmが2ヶずつ、450nmと470nmが3ヶずつなのに、測定結果を見る限り、400nm/420nmが2ヶずつ、450nm/470nmが5ヶずつか!?
ってくらいの差があるように見えます(汗)
※実際、400nm+420nm=約40、450nm+470nm=約100のPPFD

では、作業に取りかかります。
こちらが換装前のSANRISEオリジナルのUV素子400nmと420nm。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV素子換装前のLED基板

パッケージメーカーは不明ですが、Epiledsチップを使ったよくある3535素子です。

で、KR用UV素子に換装後の状態がこちら。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV素子換装後のLED基板

おおぅ? 暗かったUV素子がそこそこ明るくなったような???

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化後の発光具合

念のためPPFDを測っておきました。
こちらが換装前。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化前のPPFD@30cm

UV強化前は248 umol/m2/s @30cmありましたが。。。

げっ!?

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化後のPPFD@30cm

317 umol/m2/s @30cmも出てるやん!?

UV素子の換装だけなのに、PPFDが軽く20%オーバーしちゃいました♪汗
コレは期待大ですぜぇ~?

そして、スペクトル強度を測ったら どどーん!!!

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化後のスペクトル

一気にフルスペスーパークール・マリンブルーの世界へようこそ♪笑

マジかっ!!!

UV強度、何倍増えとんねん!!! 強化されすぎっ!!!
て言うか、今までのSANRISEが弱すぎたってことか!?汗

気になるスペクトルのビフォーアフター比較はこちら!

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化前後のスペクトル比較

ちょ、、、やった本人も激しく戸惑っております(汗)
ザックリ見ても、界王拳4倍です!
で、400nmと420nmを各20%まで下げたら、ようやく元のUV強度に近づきました(汗)

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化後のUV強度20%設定時のスペクトル比較

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル R30 UV強化後のUV強度20%設定時のスペクトル

* このスマホアプリは本家SANRISE用なので、スマホの表示スペクトルは異なります

とは言え、UV素子の出力が純粋に4倍差であるとは考えにくいです。
仮に、KR用UV素子が各600mW@350mAあるとして、じゃーSANRISEのUV素子が各150mW@350mAなのか?と言うと、いくら何でも今時そんなに弱い出力のUV素子がある訳がない。試しにSemiLEDsの最近のデータシートを見ても、最低ランクでさえ400mW@500mAから。@350mA換算でも300mW前後はあるはず。

これは、きちんと理屈を解明せねばなるまい!

まず考えられる要因が、KR用UV素子のガラスレンズ自体のビーム角です。

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル UV素子ビーム比較

通常、一般的な3535サイズ(Cree XP互換)のLED素子のビーム角が120-140°であるのに対し、KR用UV素子のビーム角はご覧の通り約100-110°でした。これは、スペクトラでビーム角がPPFDに与える変化を試せばすぐに理解できると思うけど、例えばビーム角120°→100°の変化は、PPFDの2倍引き上げに十分な変化なんです。

スペクトラによるビーム角とPPFDの計算例

また、例えば90°レンズに120°LEDを放り込んでも90°ビームになるだけですが、逆に120°レンズに90°LEDを放り込むとLEDの90°ビームが120°レンズによってさらに集光効果を受け80°程度のビームに収束します。そうなると、PPFDは軽く4倍です(笑)

AQUA SANRISE PLUS MMCスペシャル UV素子+レンズ ビーム比較

そういう考察を経ると、今回の界王拳4倍現象は、SANRISEのレンズが120°程度の広角レンズだから起き得た問題であることが見えてきます。もしSANRISEレンズがKR用UV素子の100-110°より狭角だった場合、スペクトルには界王拳2倍程度しか現れなかったでしょう。なぜか?
仮にSANRISEのレンズがリアルな90°だった場合、KR用UV素子の100-110°も、他のCree XP等の120-140°も、すべてSANRISEレンズにより90°に集光されます。と言う事は、UV以外のビーム角も120°→90°へ変換され2倍以上スペクトル強度が引き上げられます。よって、相対的に見ればUV強度は半分に下がる、と言う訳です。

120°レンズと90°レンズに於けるLEDビーム角の挙動の違い

上の図の意味は、ザックリと言えば、
120°レンズの中にそれよりも狭角なビーム角を持つLED素子がある場合そのLEDの放射照度のみ増加するが、いずれのLED素子よりもレンズ自体が狭角な場合、すべてのLED素子のビームはレンズのビーム角に支配され一様に揃う。
と言う意味になります(厳密にはレンズの光学特性により変化します)

実際に120°レンズ+100°LEDで80-90°ビームに収束しているのが判るでしょうか?

KR UV素子+レンズ ビーム比較

この集光効果は、界王拳2倍を容易く界王拳3倍に引き上げます(笑)

スペクトラによるビーム角とPPFDの計算例 (120°→90°)

さらに、実際に取り外したSANRISEのUV素子を直接積分球で測定して、KRのそれと波長強度を比較してみました。

SANRISE UV素子 再リフロー

SANRISE UV素子とKR UV素子のスペクトル強度比較

* KR用425nmの放射束に600mW@350mAを割り当てて計算しています

はい。実際にはSANRISEとKRのUV素子には2倍までの差異はなく、せいぜい1.3倍差どまりでした(但し、このKR用UV素子は不採用品)。400nmが300mW台後半、420nmが400mW台後半なら、比較的まともなUV強度の素子と言えますね。
よって、120°レンズ+100°LED=90°ビーム効果が残りの2.7倍差となり、正味4倍の界王拳を生み出したと言えそうです。

結論

今回のUV強化後のスペクトル強度の差異は、
UV素子の波長強度差1.3倍 + 素子とレンズのビーム効果2.7倍 = 界王拳4倍
によってもたらされた可能性が高いです。
∴ SANRISEのUV素子は、およそ400-500mW弱だろうと考えられます。
これは、他社に劣らず十分なUV強度であり、むしろ他社より強いかも知れません。

以上、検証終わり。

ただ、SANRISEは早く本当の90°レンズを作ることをお勧めします!
この記事を読めば光学レンズの重要性は身に染みて理解できたはずですし。
既に機能面は秀逸ですから、性能面でもRadionやHydraを凌駕しましょうよ♪笑

尚、最後に重要な補足をしておきます。
僕がたまに使う「界王拳」とは、漫画ドラゴンボールに出てくる技の名称です。その奥義を使うと、戦闘力が2倍にも3倍にも増えます(うろ覚え)。で、僕は身の回りの様々な事象に際して何かが倍増していく様を「界王拳○倍!」と表現することにしています。なぜか?
強さを誇張するにはちょうどいい尺度だからです♪笑

界王拳

* 画像は拾いもの

尚、必殺仕事人による制裁の際は○倍返しを愛用してます(爆)
・・・そろそろ続報いきますか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20167月07

KR用ガラスレンズ仕様UV系LED素子

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm LED スペクトル 紫外線LED

今回は、次期新型KR93SPに搭載予定のガラスレンズ仕様UV素子の話題です♪

次期新型KR用ガラスレンズ仕様UV素子

て言うか、フルスペの新型が遅れ遅れでスミマセン(汗)
す べ て は 僕 の せ い で す (汗)
試作ができるたびに改良案を出しまくってます(汗)
そろそろブルーハーバーもeco-lampsもキレる頃です(汗)
やばいな。。。コスト大丈夫なのかしら。。。爆
でも、めっちゃ良いモノが出来る予定です♪
おっ楽しみに~♪

さて、これまでにも何度か触れた次期KR用ガラスレンズ仕様UV素子ですが、これも例に漏れず厳しいLEDスペクトルデザイナーの厳格な検査考察の末、結局Epiledsチップへスワップする運びと相成りました~汗
だって、波長精度も波長強度も納得できなかったんだもん♪

まず、今年の2月時点での400nmと425nm素子。

2016/02/08時点のUV素子

400nmには、以前も軽く紹介したモンスター400nmのチップを。
425nmには、パッケージデフォルトのSemiLEDsチップ版をそのまま採用。
ちなみに新型RazorはUV系LED素子すべてこのSemiLEDs版を使ってます。

そして、各スペクトル強度がこちら。

2016/02/08時点のUV素子のスペクトル強度

400nmが395nmに落ちてたせいで、425nmが415nmまで落ちてることを危うく見落としそうに!汗
なんという巧妙なトラップ!笑
ここで、395nm→400nm、415nm→425nmへ厳格に合わせるよう指示。

で、その2ヶ月後、抜き打ち検査をしてみると、、、

2016/04/25時点のUV素子

チップは異常なーし。

でも、各スペクトル強度は、、、

2016/04/25時点のUV素子のスペクトル強度

変わってないじゃん。。。汗
しかも、415nmでさえ結構波長ムラが。。。泣
これ、チップが悪いのか、チップメーカーが悪いのか。。。
ここらで嫌な予感が脳裏をよぎる。。。笑

で、LEDスペクトルデザイナーの鶴の一声(笑)により、もう潔く原点回帰、初心忘れるべからず、と言う事で、6月の時点でEpileds様カムバ~ック!

2016/06/27時点のUV素子

で、最高ランクによる安心の波長精度と波長強度を容易く実現♪

2016/06/27時点のUV素子のスペクトル強度

395nm → きっかり400nm、そして波長強度アップ♪
415nm → きっかり425nm、そして波長強度ちょいアップ♪

フルスペは、思い起こせば当時EpiledsのUV系チップを採用したことで、驚異のUV強度を実現したんだもんね。それ以降もEpiledsとの縁は続き、最終的には450nmも475nmも500nmも全部Epiledsになっちゃって、もはや運命共同体!
今後、新型ではブルー系や白系はCreeになりますが、UV系やシアンはやはりEpiledsに落ち着きました。Epileds様、今後もフルスペをよろしくお願いします♪笑

では、次期新型KRを心待ちにされているKRファンの皆様、今しばらくのご猶予を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20147月30

LEDGroupBuyから各種LED素子お取り寄せ

ブログ エイジ 01:39 コメント0件
この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm 500nm LED LEDうんちく スペクトル

あ、、、今月もブログ更新してなかった。。。
facebookはちょくちょく書くんだけど、、、ご飯日記を(笑)
で、慌ててLEDネタをお送りしておきます(汗)

二ヶ月ほど前に海外からLED素子を取り寄せたんですが、届いたまま放置してました。
当時、LEDGroupBuyを見てたら、Exotic LEDと言うカテゴリーの中に、Cree XP互換の3535素子サイズで405nm/430nm/475nm/495nm/660nm等のLED素子が揃っていたので、エイジカンゲキ♪

ブランド カラー
(通販ページ)
波長 範囲 出力
@ 700mA
価格
Exotic LED True Violet 405nm 405nm 640-680mW $4.97
Hyper Violet 430nm 425-430nm 880-960mW $4.97
Cool Blue 475nm 475nm - $2.25
Turquoise 495nm 495nm 105lm $2.70
Deep Red 660nm 660nm 560mW $2.24

なんて魅力的なラインナップでしょう♪
コレは是非、使い物になるかどうか調べておかねばなるまい!
と言う訳で取り寄せたのがこちら↓

LEDGroupBuyで購入したCree XTEやExotic LED

Exotic LED各種と、、、Cree XT-Eはついでです。

まず、チップの確認です。

Cree XTEとExotic LEDのチップ

ほほお。
Exotic LEDは全てEpileds社チップですね。
これは期待が高まります♪

そして、波長強度測定です。

Cree XTEとExotic LEDの実測スペクトル

ほほお。
詳しくは見てませんが、Cree XT-E RoyalBlue 450nmの出力が500mW@350mA位出てるとすれば、他のExotic LED群はおよそ公称通りの出力が出てそうな印象です♪

さらに、過去にいろいろ試してきたLED素子とも波長強度を比較してみました。
赤の破線が今回のExotic LED (450nmはCree XT-E)のスペクトルです。

Cree XTEとExotic LEDと過去に試したLED群との波長強度比較

おおお!
475nmはやや残念な結果でしたが、それ以外はかなりの好成績でした♪
しかも波長精度が高いっ!
上記グラフの高出力LEDはCreeやPhilips LumiledsやKRシリーズ採用品ですが、それらに勝るとも劣らない波長強度と波長精度が確認できました。これなら自作アクア照明にも自信を持ってお勧めできますよ!

その他、調査結果のまとめです。

ブランド カラー 波長 範囲 チップ
(データシートPDF)
実測値
Cree XT-E Royal Blue 450nm 450-455nm Cree
DA1000
448.8nm
Cool White 6000K - 5911K
Neutral White 4500K - 4018K
Warm White 3250K - 3100K
Exotic LED True Violet 405nm 405nm Epileds
EP-U4545K-A3
404.4nm
Hyper Violet 430nm 425-430nm 427.6nm
Cool Blue 475nm 475nm Epileds
EP-B4545K-A3
470.9nm
Turquoise 495nm 495nm 498.7nm
Deep Red 660nm 660nm Epileds
BH-C4242D-A1
666.4nm

メジャーどころは別として、今までこの手のLED通販サイトは色々と利用してきましたが、その中でも今回のLEDGroupBuyは最も信頼性の高い通販だと思いました。順位を付けるなら、こんな感じ。

  1. LEDGroupBuy
  2. LED1.de
  3. RapidLED
  4. AquaStyle Online
  5. SatisLED
  6. topledlight

勿論、予算が合うならMOUSERRSDigiKeyLuxeonStar当たりが無難ですが。

以上、簡単でしたが、お役に立てば幸いです。

あ、そうそう。
先ほど応援市場もネジ巻いておきました(笑)
KR夏の節電セール開始です♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説