結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20115月09

LEDランプの消費電力を確実に見極めろ!

マリンアクアリウム エイジ 12:05
この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDスポット

全国10,000人のアクアLEDファンの皆さん、こんにちわ。
アクアLEDクリエイター改め、アクアLED評論家・サンタマルターエイジです。

今回は、最近何かと議論の多くなったアクアLEDの消費電力に焦点を当てて、その謎を判りやすく解き明かしていこうと思います。

問1. 以下のランプを明るい順に並べなさい。

光量 ランプ W数 実売価 [円]
1位? 某ランプ36W 36W 12,000~16,000
2位? 某ランプ27W 27W 8,000~14,000
3位? Grassy LeDio 27 27W 16,000~22,000
4位? 某ランプ24W 24W 6,000~7,000
5位? Grassy LeDio 21 21W 15,000~18,000
6位? エリジオン閃光II 11W 11,000~14,000
7位? Grassy LeDio 9 9W 9,000~14,000

多くの人は↑このようにワット数順に並べることでしょう。しかし、製品名や仕様に明記されるワット数が、LED部の駆動方法に由来したワット数で表されている場合など、実際のワット数を示していない場合があるため、必ずしも表記ワット数=明るさとは判断できないのです。(今回の場合は型番表記に問題がある製品も含まれますが、それは今後の販売元の自主的な訂正に期待します)

ヒント. 上記の各ランプの実際の消費電力は以下のようになっています。

ランプ 実ドライブ
某ランプ36W 2W駆動×12=24W
某ランプ27W 2W駆動×9=18W
Grassy LeDio 27 3W駆動×9=27W
某ランプ24W 1.5W駆動×12=18W
Grassy LeDio 21 3W駆動×7=21W
エリジオン閃光II 1.5W駆動×7≒11W
Grassy LeDio 9 1W駆動×7=7W

まあ大体の予想はついてましたが、実は僕自身はまだ某36Wの現物を拝んでおらず、ユーザーから受けた報告でしか知りませんでしたが、海水館の自主訂正(36W/27Wの表記を20W/15Wに訂正)クリスタルエリートの布告活動(ページ中段下に36W/27Wの実測Wの曝露あり)を見る限り、どうやら間違いのないところのようです。
そう、某36Wはせいぜい20W~22Wであり、某27Wは15W~17Wだそうです。

ところで、海水館の政田さんは今回の消費電力の訂正にあたり、単に訂正だけではなく、価格の引き下げや払い戻し・返品対応などに尽力されたようです。これは本当に素晴らしい対応だと思います。一見、当たり前のようにも思われますが、今その当たり前のことすらできない販売元が横行しているご時世です。昨年からのバタバタで懲りた人も多いことでしょう。そんな中で、唯一信用できるショップの模範を示された政田さんに、僕は素直に感動しました。「売る責任」とはこういうことなのです。
でも、せめて事前に相談してくれれば避けられた事故だったのが悔やまれますけど(汗)

さて、先に挙げた各ランプの明るさ対決に話を戻します。

実際のワット数が判ったところで、じゃ、これでやっと正しく順位付けできるかと言えば、実はまだ不十分です。それは、採用されているLED素子の性能や駆動方法次第で、さらに明るさの優劣が変わってくるからです。

これらの各製品には、以下のLED素子が使用されています。(光束は平均的な暫定値)

  • LeDio/エリジオン:Cree XR-E/XP-E (Q5~R3ランク) 107~122lm@350mA
  • 某ランプ群:ノーブランド汎用パッケージ(SemiLEDs,etc) 80~90lm@350mA

あとは実ドライブ方法とLED素子の特性から、製品全体のおよその光量が求められます。
まず、計算の元となる各LEDの光束・電流特性はこちら↓

各LED素子の光束電流特性

* Cree XP-E/XR-Eの各データは公式サイトから抜粋
* SemiLEDsのデータが無いので近似と思しきHELIOから抜粋 (≒Cree XR-E)
* いずれも独自の表に形成しなおしています

各製品の素子の駆動電流に合わせて、光束量を厳密に割り出していきます。
で、これを元に各ランプの全光束を算定し、それを明るい順に並べるとこうなりました。

■各ランプ光量対決結果予想

各社LEDランプ光量比較

判ってはいましたが、LeDio 27が抜きん出て独走体勢ですね。
そして、LeDio 21≒某36W、某27W≒エリジオン、それぞれ良い勝負のようです。

ただ、某ランプ群は実測20W~22Wを24W、15W~17Wを18Wと、少し色を付けて計算してるので、実際はもう少し暗いかも知れません。それに、採用素子がもっと廉価なものかも知れないし・・・と控えめにコメント(汗)

■算定式と光量対決順位

光量 ランプ 実W 光束算定 [lm] 光束平均 [lm]
1位 Grassy LeDio 27 27W (107~122) * 1.75 * 9 =
1,685.3~1,921.5
1,800.4
2位 Grassy LeDio 21 21W (107~122) * 1.70 * 7 =
1,273.3~1,451.8
1,362.6
3位 某ランプ36W 24W (80~90) * 1.3 * 12 =
1,248~1,404
1,326
4位 某ランプ24W 18W (80~90) * 1.15 * 12 =
1,104~1,242
1,173
5位 某ランプ27W 18W (80~90) * 1.3 * 9 =
936~1,053
994.5
6位 エリジオン閃光II 11W (107~122) * 1.17 * 7 =
876.3~999.2
937.8
7位 Grassy LeDio 9 7W (107~122) * 1.00 * 7 =
749~854
801.5

●算定条件

* 各ランプ搭載全素子をクールホワイトと仮定して計算
* 実ドライブは各ランプの実測消費電力から算定
* 各素子の光束値は標準的なランク(bin)として算定
* ノーブランドの光束・電流特性はHELIOのデータを暫定割当(≒Cree XR-E)
* LED部の消費電力のみを対象としているため電源自体のロスは含まれていません

★評価
最強光量ならダントツでLeDio 27! LeDio 21も捨てがたい。
素子にこだわらないなら某36WもLeDio 21並みの光量が期待できる!
それ以外のランプもかなりの健闘ぶりだ!

ま、あくまでも上記算定条件でシミュレーションした場合の話ですので、あしからず。

以下、その他の評価など。

■発光効率対決

効率 ランプ 光束算定 [lm] 光束平均 [lm] 発光効率 [lm/W]
1位 Grassy LeDio 9 749~854 801.5 107~122
2位 エリジオン閃光II 876.3~999.2 937.8 83.5~95.2
3位 Grassy LeDio 27 1,685.3~1,921.5 1,800.4 62.4~71.2
4位 某ランプ24W 1,104~1,242 1,173 61.3~69
5位 Grassy LeDio 21 1,273.3~1,451.8 1,362.6 60.6~69.1
6位 某ランプ36W 1,248~1,404 1,326 52~58.5
6位 某ランプ27W 936~1,053 994.5 52~58.5

★評価
発光効率ならLeDio 9やエリジオンが最強! LeDio 27も捨てがたい♪
それ以下は軒並み標準的な効率だが、某36Wと27Wは今時60lm/Wを切る効率の低さが気になるところだ。やっぱりノーブランド素子を1W以上で駆動するのは色々と覚悟が必要だ(効率低下、レンズ劣化、素子寿命…)

■費用効率対決

2011/05/11 22:00 計算ミス発覚に付き表と評価を訂正しました

費用 ランプ 平均光束
[lm]
実売価(平均)
[円]
費用効率
[円/lm]
1位 某ランプ24W 1,173 6,000~7,000 (6,500) 5.54円
2位 Grassy LeDio 27 801.5 12,000~16,000 (14,000) 7.78円
3位 Grassy LeDio 21 937.8 8,000~14,000 (11,000) 8.07円
4位 エリジオン閃光II 1,326 11,000~14,000 (12,500) 13.33円
5位 某ランプ36W 1,800.4 16,000~22,000 (19,000) 14.33円
6位 Grassy LeDio 9 994.5 9,000~14,000 (11,500) 14.35円
7位 某ランプ27W 1,362.6 15,000~18,000 (16,500) 16.59円
費用 ランプ 平均光束
[lm]
実売価(平均)
[円]
費用効率
[円/lm]
1位 某ランプ24W 1,173 6,000~7,000 (6,500) 5.54円
2位 Grassy LeDio 27 1,800.4 16,000~22,000 (19,000) 10.55円
3位 某ランプ36W 1,326 12,000~16,000 (14,000) 10.56円
4位 某ランプ27W 994.5 8,000~14,000 (11,000) 11.06円
5位 Grassy LeDio 21 1,362.6 15,000~18,000 (16,500) 12.11円
6位 エリジオン閃光II 937.8 11,000~14,000 (12,500) 13.33円
7位 Grassy LeDio 9 801.5 9,000~14,000 (11,500) 14.35円

★評価
素子にこだわらず最安を狙うなら価格の下がった某24Wが狙い目!
素子にこだわるならLeDio 27/LeDio 21が費用対効果でもダントツでお勧め♪

素子にこだわるならLeDio 27、こだわらないなら某36Wが互角の費用対効果!
それ以外は1ルーメン10円を超えるので、本当に必要な波長かどうか検討すると吉♪
あとは必要な波長と費用効率を天秤に掛けて検討すると良いでしょう♪

結局、何が言いたいのかと言うと、謳い文句に(詐欺表示も)に惑わされること無く、本質を見極める目を養って、後悔の無いようアクアに励んで欲しいと言うこと。そして、こうした考察は必ずそのための良い判断材料になってくれるはずです。昨年の思い切った曝露から今日までの関連記事が、少しでもそのお役に立てていることを切に願っています。

しかしその反面、当初危惧したとおり、案の定似たような商売が最近益々増えてきました。今ヤフオクを見渡せば、あっちもこっちも某ランプだらけです(苦笑)。少し前なら、いくら中国への委託でも、ある程度の発注ロット数が敷居を果たしてましたが、今じゃどこも1台から可能になり某24W例某36W例、ユーザー登録にてビックリ価格が確認可能♪)、それこそ素人にも気軽に始められる良い副業になってしまいました。。。
ま、少なくとも個人でも会社でも、最低限のスキルと使命を持って臨まれる分には良いのですが、いたずらに流行り商材への便乗行為としての参入は控えて欲しいところです。

やるならLED・波長・光合成を基礎からみっちりやること。
そして、安易に作ったものを検証もせずにそのまま売らないこと。
もちろん、ただ右から左へ流すんじゃなく、きちんと性能を確認・管理すること。
厳選?開発?多少の誇大表現は目をつぶるとしても、ウソは絶対に書かないこと。
さらに、可能なら光束・スペクトルなんかのデータもちゃんと測定して出すこと。
間違っても、どこの素子かも知らずに売ってたり・・・なんて絶対に無いように!

これができないと、それこそ良いお小遣い稼ぎと揶揄されても仕方ありません。
くれぐれも消費者を馬鹿にしないように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. タータ 2011/05/09 23:52

    初めまして。いつも勉強させてもらっております。
    今回もまた目から鱗でした!!
    例えばLEDをメーカーを関係なく100ルーメンと固定で計算しても
    1 Ledio27 (3W*9=27W) 100*1.75*9=1575
    2 某36W (2W*12=24W) 100*1.3*12=1560
    3 某24W (1.5W*12=18W) 100*1.15*12=1380
    4 Ledio21 (3W*7=21W) 100*1.7*7=1190
    5 某27W (2W*9=18W) 100*1.3*9=1170
    こういうことですよね?
    CREEもノーブランドも無視して100lmで計算しても同じ結果ですから、そこへCREEのルーメンを反映させたら凄い差が開くのは当然ですよね!!
    しかも記事にもあるとうり、某27Wより某24Wの方が明るい結果に!!
    これが2W駆動と1.5W駆動の違いなんですね!!
    でもヤフオクは27Wの方が2倍高く売ってますよ?
    最新最強とかでワットも少し高いから危なく納得しそうです(–;
    24Wと比べて悩んで倍も高い27Wを買った人がかわいそうです。
    こういうもどうにかなりませんか?

  2. 2. エイジ 2011/05/11 00:31

    こんばんわ。

    そうですね。100lm固定で見ても似たような結果になりますね。
    判りやすい解説ありがとうございます。

    価格については、確かに新型とワット数の強調でしょうかね。
    海水館の場合はSemiLEDsのチップを使ったLED(多分SiBDIかな)らしいので、もし同じものなら同じLEDの可能性もありますが、それについてはヤフオクのは特に謳ってないし、仮にそうだとしてもSemiLEDsはさほど明るくは無い(SiBDI P2ならノーブランド+α)ので、あまり意識する必要は無さそうです。
    となると、確かに気の毒だとは思いますが、、、僕にできることは、こうして記事を書いて広めるくらいですね。ただ、どうしても内容が難しくなりがちで、初心者にはチンプンカンプンだと思います。だから、理解できる人が周りの仲間に広めてあげれば良いかな、と願います。

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説