結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201310月19

スプリング社LED詐欺再犯:続報2

この記事を含むタグの全記事リスト: LEDスポット ヤフオクLED

スプリング事件の、またまた続報です。

その前に関連記事はこちら↓

さて、一昨日17日と昨日18日に例の案内分が更新されました。

10/8時点で張り出された文言のキャプチャ画像はこちら↓

10/8時点の案内文

一昨日10/17時点で書き換えられた文言はこちら↓

10/17時点の案内文

昨日10/18時点で書き換えられた文言はこちら↓

10/18時点の案内文

これらの違いは以下の太字部分です。

10/8

NUV使用製品について
一部のNUV製品についてお客様よりお問い合わせをいただいております。
現在、事実確認を行っております。
確認次第、追って報告致します。

10/17

NUV使用製品について
一部のNUV製品についてお客様よりお問い合わせをいただいております。
販売しているグランクリエイト全製品は取引先、販売日、生産完成日をシリアルで管理しておりまして事実確認を行っております。
確認次第、追って報告致します。

10/18

NUV使用製品について
販売店様、お客様、ご関係者様に大変なご迷惑をおかけしておりまして申し訳ございません。
一部のNUV製品についてお客様よりご指摘いただきました点につきまして、確認作業中でございますが、まずは該当商品を自主回収を開始いたします。

販売しているグランクリエイト全製品は取引先、販売日、生産完成日をシリアルで管理しておりまして該当商品を販売したショップ様にご連絡いたします。また、既にご購入済みのユーザー様には弊社からも直接のご対応いたします。

詳細についてはこちらをご覧ください。

これらの突っ込みどころは、

  1. 10/8の「事実確認を行っております」から10日が経過しながら未だ「確認作業中」であると言う点。僕が日亜化学に確認した際、2日で確認が完了しましたが。
  2. 「確認中」と言う事は、現時点ではまだ真偽が不明なはずなのに、何故か自主回収を開始してしまった点。確認によって不備が無ければ回収の必要は無い訳で、逆に回収を開始したと言う事は不備を認めたことと同義である。よって、本当は不備を知ってるんじゃないの?という疑惑が生まれます。
    企業が企業としてまともに機能していれば絶対にあり得ない不可解な措置です。

こんな調子だと、もしショップさんやユーザーさんが今なおスプリングに問い合わせても、

「現在、日亜化学に確認しております」

などと苦しい言い訳をするかも知れません。
しかし騙されないでください。その確認は10/4の時点で既に僕が済ませています。
日亜化学の知財部の方から明確に「弊社製品ではない」と回答を頂いてます。
それに、少しLEDに詳しい方なら、現物を見れば日亜製かどうかすぐに判ります。
むしろ判らないなら、LED製品を作る資格はない、と言って良いくらいです。
例えばそれは、カローラを指してフェラーリだと言い張るようなものです。
それほど明確な違いなのです。
今すぐ該当製品を分解してLED素子を目視してそれが日亜化学製ではないと判断ができないなら完全にモグリです。

ですから、今スプリングがすべき報告は、日亜かどうかの次元の話ではなく、

  • 知っていてやったのか?
  • それとも中国が勝手にやったのか?
  • それを検査・管理してなかったのか?

そういう次元の釈明が必要なのです。

いずれにせよ、

  • 誠意ある謝罪 (3年前のCree偽装の件も併せて)
  • 該当製品の自主回収
  • 全額補償

等の対応が必要です。

そして極めつけは、昨日の追記で用意された当方への反抗文書です。その中に以下のような記述がありました。

PSE 取得の有無について
また、あわせてPSE を取得していないとのご指摘も頂いておりますが、これについては以前から正式に取得済みでございます。この事実無根の内容を確認せず記載したことにつきまして1.023worlサイト運営者に記載の即時訂正と謝罪要求をしたいと思います。

とのことです。
にわかに信じがたい稚拙な思考と表現に正直驚きました。まさか自ら墓穴を掘るとは。。。
過去に宮咲社長とメールのやりとりもありまししたが、ここまでとは予想外でした。。。
きっと、書いた本人も一体自分が何を書いてしまったのか気付いていないのでしょう。。。
まあ、でもこれで、このスプリングという会社の正体がよくお判りいただけたと思います。
是非これを多くのショップさんやアクアリストさんの間で拡散して欲しいと思います。

尚、このPSEに関する部分は次回の更新で大きく触れたいと思います。
はじめは、今のうちに僕に対する謝罪要求を撤回して謝罪するなら見逃そうかとも考えましたが、やはり甘いと突っ込まれそうなので、容赦なく進めることにします。

ところで、これまで「370nm NICHIA製」と表記していた文言は、10/8の時点で既に「370nm」に書き換えられています。

10/4時点

「370nm NICHIA製」10/4時点

10/8時点

「370nm」10/8時点

まあ、これ自体は嘘を認めたと言うよりは、真偽がハッキリするまでの自粛でしょうね。

ただ、強いて言えば、370nmではなく385nmです(苦笑)
きっと波長を検査する設備を持たない会社だろうと思うので無理はありませんが、もし書き直すなら、僕の測定結果を鵜呑みにするのではなく、自社できちんと測定し直してから修正してください。

つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説