結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20139月15

VitalWave Sun vs LeDio XS071 ReefUV

この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps LeDio XS071 LEDスポット VitalWave volxjapan スペクトル

今回は、贅沢な、贅沢な、フルスペクトルLEDスポット対決です。
eco-lampsからは新VitalWave Sun
volxjapanからは新LeDio XS071 ReefUV

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV

滝川クリスタルならきっとこう言うでしょう。。。
「フルスペクトルLEDスポットは、サンゴへのおもてなし♪」
気がつけば、ついにLEDスポットで太陽のおもてなしの時代が到来ですね~♪

まずは、パッケージに記載されたスペックを見比べてみます。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:公称スペック比較

スペクトルが載ってると安心して製品選びができますね。
あぁ、、、ついにスペクトル表示も当たり前の時代になりました。。。
お次は光量表記かな。VitalWaveには既に記載されてます。

以降、画像比較は左がVitalWave、右がLeDio XS071で進行します。

ランプを見比べると、XS071がシェイプアップされたことが判ります。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:発光面比較

XS071では、LED素子が汎用パッケージサイズからCree XPシリーズへ変更されたため、レンズも一回り小さくなりました。

LED素子配列の比較です。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:発光色比較

両者のLED素子構成の大きな違いは、白系LEDの数です。
VitalWave Sunでは、CW×2+WW=3ヶ
LeDio XS071 ReefUVでは、CW+WW=2ヶ
それが、以降の光量やスペクトルの差となります。

ちなみに上記写真は同時点灯で並べて撮影してますが、レンズ面積の違いからVitalWaveはやや暗め、XS071はやや明るめに写ってます。

ビーム角と光色の比較です。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:ビーム比較

やはり白系LED×1ヶの差は大きいですね。
VitalWave Sunは水深3M-5M
LeDio XS071 ReefUVは水深5-10Mくらいかな?

ビーム角は共に50°ですが、レンズ面積の違いからビーム形状が異なります。

そこで、照射面積を比較してみると、やはり大差ないことが判ります。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:照射面積比較

そして、気になる光量比較。
いつもの、JIS照度簡易照度PPFD(光合成光量子束密度)@30cmです。

VitalWaveII Sun vs LeDio XS071 ReefUV:光量比較

@30cm VitalWave Sun LeDio XS071 ReefUV
JIS照度 6,262 lx 4,976 lx
簡易照度 7,570 lx 7,640 lx
PPFD 光合成光量子束密度 154 umol/m2/s 170 umol/m2/s

見事に白系LED一個分の差が読み取れます。
白系LEDが1ヶ多いVitalWave Sunは、光強度(簡易照度、PPFD)がやや犠牲になってもJIS照度で勝ります。一方、白系LEDが1ヶ少ないXS071 ReefUVは、JIS照度で劣りますが光強度では勝者です。これは、白色LEDの原理が青チップ+蛍光体であるため、蛍光による波長シフトを得た分、蛍光体に吸収されて青チップの光強度が減衰するためです。

スペクトル比較、まずはUPRtek MK350による測定結果@30cmです。

スペクトル比較 by MK350

注) 多色混合につき参考程度の精度 (測定位置次第で波長分布が偏りやすい)

白系LED×1ヶと引き替えに450nmを入れたXS071 ReefUV、その違いが見事にスペクトルから読み取れますね。
ちなみに色温度はどちらも換算不能ですが、VitalWaveの方はなんとか算定するとすれば7万K台後半になります。XS071の方は完全に場外で換算不可です。

そして、スペクトルの波長強度も比較できるASEQ LR1での測定結果@30cmです。

スペクトル比較 by LR1

注) 多色混合につき参考程度の精度 (測定位置次第で波長分布が偏りやすい)

コレ見て納得しました。両者、最新チップの大光量ランクを採用してる、と!
特に400nm/420nm/500nmについては両者ともEpileds最新チップなので、波長強度からもほぼ同等の光量ランクのようです。強いて言えば、VitalWaveの方が400nmはやや単波長寄り(395-400nm)かな。420nm/500nmはほぼ同等です。
そして大きな差は、やはり白系LED×1ヶ分と450nm×1ヶ分の差です。この特性を見る限り、VitalWaveから白を引いて450nmを足せばXS071に、逆にXS071から450nmを引いて白を足せばVitalWaveになりそうです(笑)
ただ、厳密に言えば、XS071の450nm/470nmはCree XPシリーズなので、VitalWaveでのEpiledsよりは若干大光量なのでは?と推測します。
(VitalWaveはオールEpileds、XS071はCree+Epiledsです)

以上の結果から、ビーム・照射範囲については同等、光量についてもスペクトルの差による違いであり光強度としてはやはり互角です。よって製品選びのコツとしては、純粋に水深目的で選べば良いでしょう♪

  • 水深浅め狙い(水深3-5M) → VitalWave Sun
  • 水深深め狙い(水深5-10M) → LeDio XS071 ReefUV

■応援市場にて販売中♪

不明な点はお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説