結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201210月12

MazarraデュアルチップLED素子あれこれ

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm 500nm LED Maxspect Mazarra スペクトル

今年の6月末、Mazarraのスレッドで「Premium Aquaticsなら日本語も通じるよ」と伺ったので、試しにMazarraの最新LED素子が一通り取り寄せ可能かどうか、当時Premium Aquaticsへメールをしてみました。通販ページ見てもデュアルチップ以前の旧タイプしか載ってなかったので。
で、結局、片言の日本語が煩わしくて英語のやりとりにしたんだけど(汗)、一応取り寄せ可能ってことになったので、そのまま注文してみました。それが6/28。

で、途中いろいろと手違いがあり、最終的に注文リストがすべて揃ったのが本日10/11になりました(汗)
ま、時間と引き替えに、間違いで届いたSiBDI S35 U70 420nmが戦利品として手元に残ったから良しとします♪笑

さて、元々注文したのは、MazarraオプションLED素子リストで言うところの、

  • 6. Violet Dual Core 400-410nm
  • 7. Super Actinic Dual Core 410-420nm
  • 8. Deep Blue Dual Core 425-435nm
  • 13. Rebel Cyan 495-500nm

これら4種を2ヶずつ注文。CoralVueからの取り寄せに少し時間が掛かるとのことでした。
で、最初に届いたのが8/15で、このときの内容が、

  • SiBDI S35 U70 420nm
  • 7. Super Actinic Dual Core 410-420nm
  • 8. Deep Blue Dual Core 425-435nm
  • 13. Rebel Cyan 495-500nm

そう、400nmデュアルチップの代わりに、何故か旧タイプの420nmが。。。汗
波長も間違えてるし、そもそも素子が違うやん(曝)
で、間違えた経緯を辿ると、

  • どうもCoralVueの話だと、400nmは廃盤になるらしい
  • 必然的に420nmがその代替えになる
  • 420nmだったら在庫あるわ♪ (古い事には気づいてない)
  • 400nmの代わりに華麗にSiBDI S35 U70 420nmを発送♪

こんな感じ。。。苦笑
確かにRazorを見ると、今後400nmは420nmへ統合かなぁと言う印象だけど。。。
ま、結局、Premium AquaticsもCoralVueも特にお咎め無し♪
ころころと仕様が変わるMaxspectにも責任はあるもんね。。。
それにしても、6/28~10/11は長かったなぁ・・・泣

さて、本題。
超遅くなりましたが、MazarraデュアルチップLED素子のご紹介です。

Mazarra デュアルチップシリーズ

上から、

  1. 間違って届いたSiBDI S35 U70 420nm (旧タイプ)
  2. 6. Violet Dual Core 400-410nm (今後廃盤らしい?)
  3. 7. Super Actinic Dual Core 410-420nm
  4. 8. Deep Blue Dual Core 425-435nm
  5. 13. Rebel Cyan 495-500nm

Mazarraデュアルチップシリーズの各素子

なんで435nmだけ汎用パッケージなんだろ???
製造工場が400nm/420nmとは異なるのかな?

続いて、各デュアルチップのチップ拡大写真。
S35はいつものSemiLEDsなので省略。Rebel 500nmも省略。

Mazarraデュアルチップシリーズの各チップ

400nmと420nmはEpiledsの最新チップEP-U4545Kを採用してました♪
ランクは不明だけど、Maxspectの公称値からみて、中の上かな。
最近いろいろ調べていると、このデュアルチップ化は光量アップではなく単に駆動電流の上限アップが目的だったんだな、と理解しました。だからチップの光量ランクはあくまでもコストの許す範囲で決定されたものだろうと思われます。

で、DeepBlueの435nmですが・・・
最近、LEDチップ探索をサボってたので、どこのチップか判りません(汗)
雰囲気としては、BridgeluxかEpstarあたりかなぁ。。。?

そして、スペクトルの測定結果です。

Mazarraデュアルチップシリーズとその他のスペクトル測定結果

光量ランクはアレだけど、波長ランクは良いものを選定してますね。
500nmもいつも通り495-500nmだし、当たりシアンばんざ~い♪

あ、気づかれました?
そう、420nmデュアルチップに変なパッケージが混ざってました。

Cree XR型 デュアルチップ420nm

これ、見るからにCree XR型です。こんなタイプもあったのか。。。
確かに平面タイプは樹脂面積が広いので、うっかりコリメートレンズを強く当ててしまうと、樹脂内のボンディングワイヤーを断線させやすいんですが、このXRタイプだったらガイドがコリメートレンズの圧迫からワイヤーを守ってくれるので、無用な素子切れに悩まされることがありません。なるほど、グッジョブです♪
ところが、Premium Aquaticsに確認したら、CoralVueが言うには、こっちが古くて、平面タイプが新しいとか。。。えぇぇぇ!? 逆じゃないの???
納得いかん。。。

さて。
スペクトルくらいは参考になったかしら?汗
引き続き、Mazarraには現役で頑張って欲しいところです。
Mazarraでフルスペは作れますよ♪
max-s G2だってまだまだ走ってますから!
お気軽にご相談ください。info@1023world.netまで。

あ。
もし今後400nmデュアルチップが廃番になっても、以前紹介したMazarra代替え素子を参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201210月10

LeDio 21e DeepBlue改+420nm

この記事を含むタグの全記事リスト: 420nm LED LeDio 21e SiBDI volxjapan

前回の予告通り、早速作ってみましたよ。LeDio 21e改+420nmモデル♪
今回はDeepBlue(RB×3、Blue×4)をベースに用いました。

まず、RapidLEDのViolet UV LEDはスター基板に乗ってるので、これを降ろします。スター基板の裏をヒートガンまたはバーナーで熱すると容易に剥がれます。加熱しすぎないように注意の事。加熱しすぎると基板の表面が焦げたり塗料が剥離します。予めLEDをピンセットでつまんでおけば、ハンダ溶解と共に剥離させられます。作業はなるべく手際よく短時間で終えましょう。

スター基板からLEDを降ろします

次にLeDio 21eからLED基板を外します。
先と同じ要領で、中央のBlueのみを降ろし、先ほど外したUV LEDを乗せます。
ハンダは基板・LED双方に残っているので、ただ乗せて加熱すればリフローされるはずですが、心配ならほんの少し基板へハンダを盛っておくか、クリームハンダを塗っておきます。
あとはLED基板の裏から加熱すれば換装完了♪

LeDio 21e DeepBlue 中央Blue → SiBDI C35 UV LED

よ・弱い。。。汗
やっぱ、今回のUV素子は3W駆動で400mWにも満たない出力だし、1ヶ入れたくらいじゃダメだったか。。。とは言え、同じSemiLEDsチップでもLedEnginが採用してるような高出力チップを採用したら価格が跳ね上がるだろうし。。。
まあ、ここがホビーの妥協点かな?

あ。よく考えたら、改造する前にLEDスペクトラで計算してみれば良かった(笑)

LEDスペクトラの計算結果

試すまでも無くスペクトルは予想的中でした♪
ま、それでも、巷のUV入りを謳う製品レベルは実現できたので、よしとしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201210月09

Cree XP互換UV LED素子発見!!

この記事を含むタグの全記事リスト: 420nm LED SiBDI スペクトル

・・・と言っても、例のSiBDI社の小型UV LED素子ですけれど。

今まではCree XP互換サイズのUV素子を使いたいと思ったら、MazarraのオプションLED(SiBDI S35-U U60/U70)を流用するしか手段がありませんでしたが、とは言え1ヶ2,800円もしてたし、海外通販でも1ヶ$18.0してたし、なかなかこれを大量に使用することは困難でした。

あぁ、、、LeDio 27や21eをUV入りに改造できたらどんなに素晴らしいだろう。。。

でも、その夢が叶う時が遂に来ましたぜ♪

Cree XP互換UV LEDのSiBDI C35-U

右のUV素子はRapidLEDが販売するViolet 410-420nmのCree XP互換LEDですが、その容姿から恐らくSiBDIの新しいC35パッケージシリーズのUV版ではないかと思われます(S35は廃盤になったみたい)。ただ、SiBDIの公式情報は見当たらないので、もしかしたらRapidLEDが独自にオーダーしたものかも知れません。
採用チップはS35と同じSemiLEDs SL-V-U40AC(PDF)と思われます。
もちろん、シリコン樹脂レンズなので、焦げません♪
但し、スター基板付きなので、スポットへ移植するには一旦リフローを剥がす必要があります。これがちょい面倒かな。。。もちろん自己責任で。

そして嬉しいのが、なんとこのUV LED、1ヶ $4.5なんですぅ~♪
海外通販でMazarra用を買っても$18はしますから、4ヶ買えますぜ♪
奮発して10ヶ買っても4,000円でお釣りが来ちゃうぜ!?(送料別)

でもさ、実際に使い物になんの?
ごもっとも!
早速取り寄せて調査しました。

SiBDI C35-UとS35-Uのスペクトル・光束測定結果

はい。スペクトルも光束もおよそMazarra用で流通しているものと変わりませんでした。
て言うか、多分チップの光量ランクも似たり寄ったりかも?
うおおお! あとで僕もUV入りLeDio 21eを作ってみよう♪

さあ! 自作派はRapidLEDへ急げっ♪
あるいはスポット販売店も急げっ♪
なぁ~に、礼には及ばねぇぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説