結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20119月27

KR93SPフルスペ:最終デザイン

この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps KR93SP LEDライト スペクトル

KR93SPフルスペクトルエディションのLEDデザイン、スペクトル設計、採用LED素子の選考に、更に更に途方もない時間を費やし、ようやくファイナルアンサーに漕ぎ着けました。デザインバージョン3! 最後の最後まで相当な無茶ぶりを発揮しちゃいました♪汗
ま、僕なんかにいじらせたのが運の尽きと、和田さんもeco-lampsも諦めてください(笑)

素子の変更と追加、製造工程の増大、多分相当なコスト増になってるはずですが、初期ロットはもちろん価格は据え置き。ただ今後価格をどうするかは・・・和田さん頑張れ(汗)

その代わり・・・恐らく10月の初期ロットの納品はギリギリ月末か、あるいはもう少し掛かるかも。本当にすみません。でも、でも・・・、どうしても妥協はしたくなかったのですっ!キリッ
だって~前代未聞の世界初ウルトラスーパーフルスペクトルなんですもの♪
待つ価値は・・・あります!(自信満々)

さあ、皆さんもどうですか?
初期ロットの予約受付は、大きなサイズならまだ少し余裕があるようですよ♪

それにしても・・・eco-lamps社とのやりとりはすべて英語なのですが・・・曝
頭が完全にオーバーヒートです。。。

LEDデザイン ver.3

KR93SP LEDデザイン ver.3 最終

実はKR93はサイズが大きくなるほど、サークル部の数が大盛りになっていきます♪
なので、24インチは12インチの単なる倍の光量ではなく、サークル1ヶ分明るいのだ♪
なのでなので、24インチや30インチあたりは光量的にかなりお勧めです!
この辺になるとLED素子も100ヶ近く乗ってる(曝)ので、ほとんど面発光に近くなります。

スペクトルデザイン ver.3

KR93SP スペクトルデザイン ver.3 最終

各画像は、大きな画像が白ch+青ch、左下が白ch、右下が青chです。

設計ver.1のスペクトルは、白chと青chをある程度混ぜないとフルスペクトルが100%発揮されませんでしたが、ムーンライトに頼っていた設計を改め、白chも青chも独立したスペクトル性を実現しました。一切の妥協なしです。もちろんこれを初期ロットから実現します♪

巷の各社の最新LEDライトは、平均的に3W駆動の50W前後で、光束も2,000lm後半~3,000lm台なので、KR93SPで言うところの18インチ/63Wあたりが光量的にも同等になります。こんなに青系のLED素子ばかり乗せても光量が落ちないのは、さすが大光量・高効率の1W駆動です♪
更に24インチになると一気に4,000lmオーバー、30インチなら5,000lmオーバーです♪

採用LED素子/チップ

LED BRAND Model COLOR wavelength lm/mW
CW SSC W42180 PureWhite 8000K 108lm
NW S42180H NeutralWhite 4000K 98lm
500nm SemiLEDs 45mil Cyan 500-510nm 55-65lm
475nm 40ml Blue 475-480nm 15-20lm
450nm 45mil RoyalBlue 450-455nm 500-550mW
420nm 40mil BlueViolet 420-425nm 300-350mW
400nm 40mil UV 400-405nm 250-300mW

白系LED素子については、色々悩んだ末、若干光量が落ちても既製品を購入して使用してもらうことにしました。これは日亜化学の白色LED特許網への配慮です。その代わり、僕の太陽光ブレンドでもお馴染みのソウルセミコンダクター社のLED素子なので、高耐性シリコン樹脂レンズ採用の焦げないレンズには変わりありませんからご安心ください♪
青系のLED素子は、すべてSemiLEDs社からチップで購入して、いつもどおりeco-lamps社でパッケージングしたものを使用します。もちろんシリコン樹脂レンズになります♪

設計スペクトル最新バージョン3は、前回までの試作機よりも遥かにスペクトルが改善されていますが、その分、光量をやや犠牲にしています。とは言え、一般の3W駆動製品でこのスペクトルを作ると光量は遥かに下回ってしまいますが、そこは大光量・高効率の1W駆動のKR93なので、光量低下は最小限に抑えられています。それでも足りなければ、2台3台並べれば光量は確保できます。スペクトルを最優先した理由はそのためです。もし光量を優先してスペクトルを犠牲にしたら、何台並べてもスペクトルはどうにもなりませんから。

ま、今この時点でどう騒いでみても、所詮はまだ実態の無い商品です。
慎重な方は、製品が供給されてから、店頭でじっくりご判断ください。
待ちきれない方、僕を信用される猛者(笑)は、まだ間に合う初期ロットをゲットだぜ!

ご質問・ご相談等あればお気軽にどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20119月25

DeepVioletスポットLEDあと4台

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm LEDスポット Zhuhai Tianhui 自作関連

完売しました! (2011/09/26 10:00)

まだ誰も持ってない DeepVioletスポットLED いかがっすかぁ~♪
UV 400nmだけじゃなくて、380nm~430nmまで補完できますよ~♪

即日完売かなぁ~なんて考えていたけど、ちょい甘かったみたい(汗)
やっぱ週末だからかなぁ?
いや、値段が高いからだよね?
うーん。。。今後の課題ですね。。。数作ればもう少しは。。。

と言う訳で、まだあと4台分くらいは作れるだけの材料がありますよ♪

さて、本日は計6台のご注文を頂きました。早速ありがとうございました♪
で、本日受注分の完成品の点灯試験の様子です↓

DeepVioletスポットLED完成品の点灯テスト

フライアイレンズの下には、UV 390nmとBlueViolet 420nmのLED素子が2ヶ並んで入っているので、見る角度によって微妙に色が違って見えたり、配光も2色がずれて重なった楕円光になってます。ご了承ください。

また、光エネルギーの強いUV~BlueVioletのLEDですから、素子にもこだわってます。

DeepVioletスポットLEDの採用LED

そう! もちろん焦げない丈夫な素子です♪
でも巷には焦げるLED素子があるので、くれぐれもご注意ください!

さて。
今回採用したLEDのそれぞれの放射束強度は、

UV 390nm: 200~250mW
BlueViolet 420nm: 250~300mW

まあ、巷のLED群の中では中の上くらいの光量でしょうか。。。でも、SemiLEDsチップの中では下のランクですけどね。上にはまだ明るいランクが控えています。
ただ、高いランクは明るい分、どうしても価格が高い!
ま、そのうちなんか良い方法を考えようと思います。

それでは、引き続き皆様からのご注文をお待ちしております♪
完売しました! (2011/09/26 10:00)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20119月24

DeepVioletスポットLED限定10台

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm LEDスポット Zhuhai Tianhui 自作関連

完売しました! (2011/09/26 10:00)

こんなの作りました♪

DeepVioletスポットLED

応援市場に出そうかとも思ったけど、とりあえず数が少ないのでここでご案内します。

ディープバイオレット3WスポットLED 詳細

  • UV 390nm + BlueViolet 420nm (3Wスポットの中に2ヶ収容で実質2W)
  • SemiLEDs社チップ採用 (390nm:200-250mW, 420nm:250-300mW)
  • E26口金、一般電源AC100V/50Hz/60Hz共通
  • 1ヶ 6,000円 / 2ヶ 11,000円 (LED素子が非常に高価なためご容赦を)

一般の水槽用LED照明のみでは絶対的に欠落しているバイオレットの波長帯域を、380nm~430nmのワイドな範囲で補完します♪
消灯後の水槽を照らすともっとも蛍光色を確認しやすいです。UV光による海水の白濁(擬視)の様子も確認できると思います。

一般LED水槽で普段見ている蛍光色は、青450nm~シアン500nmの範囲で励起されている蛍光色ですが、このDeepVioletスポットにより380nm~430nmで励起される蛍光色も見ることが可能になるため、今まで気づかなかった蛍光色に出会えるかも♪
もちろん、スギノキブルーのブルー蛍光・シアン蛍光も余裕で発色するでしょう♪

DeepVioletで照らした水槽

↑ DeepVioletスポットLEDのみで照らした水槽の様子。
ろくな蛍光色をお見せできなくて面目ない。。。汗

但し、ただでさえ1W×2ヶで出力が弱い上に(と言ってもSemiLEDs製でそれなりの強度はあります)、人間の目の比視感度ギリギリの波長のため、相当暗く見えます(汗)
これを満喫するには、消灯後の蛍光色観察がお勧めですが、普段日中は他の照明や室内光に掻き消されてほとんど光色は見えないと思います。とは言え、生体には確実に注がれますから、暗いと思って極端に水面ギリギリに設置したりする必要はありません。湿気・塩分ですぐに錆びちゃいます(汗)

■用途
特に浅場のサンゴ飼育に。一般LED製品の波長不足の補助に。
30cm水槽で1~2ヶ、60cm水槽で2~3ヶ程度を左右から広範囲に照射してください。 90cm水槽以上の場合はKR93SPフルスペを買われた方が早いです(汗)
他の照明が点いていると光色が確認しづらいため、夜間の暗い状態の水槽へ照射して、目的のサンゴの蛍光色の発現具合を確認しながら、取り付け角度を調整・決定すると良いでしょう。

■注意事項
光の横漏れのない筐体を採用しているので横方向からの目視は問題ありませんが、絶対に正面(ビーム角の範囲内)から光を直視しないでください。暗く見えても非常に強いUV光を発していますので、視力に悪影響を及ぼす可能性があります。
元々1灯用の筐体に2ヶのLEDを搭載した改造品扱いとなりますが、1年の保証を付けます。また、2ヶのLEDによりビーム照射面がやや楕円になります。狭い側で約60°、広い側で約90°のビーム角となります。ご了承ください。

■ご注文方法
完売しました! (2011/09/26 10:00)
ご希望の方は、以下の要項をメールでお送りください。

1. お届け先お名前 【 】
2. お届け先ご住所 【〒 】 郵便番号からお願いします
3. 連絡先電話番号 【 】  あくまでも伝票記入用
4. 注文個数 【 ヶ】
5. お届け希望日時 【 】 無ければ最短での発送になります
6. 設置予定水槽サイズ 【 cm】

メールの件名は、【DeepVioletスポットLED注文】でお願いします。(いつものように件名には括弧【】も含めてください)

折り返し、振込先(支払方法は銀行振り込みのみ)をお知らせしますので、お振込み確認後、佐川急便着払いにて発送いたします。

ご注文いただいてからシコシコ作るので、早くても1~2日の猶予を頂きます。希望日が無理な場合は改めてご連絡します。

この売れ方を見て、需要がありそうならいずれ応援市場にも出そうかなぁ。。。笑

尚、不明な点はお気軽にお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説