結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20112月21

ノーブラ・クリー・ボインボイン術式

この記事を含むタグの全記事リスト: LEDスポット ヤフオクLED 自作関連 電気系

また可笑しな手術名が。。。

ノーブラ・クリー・ボインボイン術式ってなんやねん!?

ノーブランドの素子をCreeに換装しただけでは飽き足らず、更にLEDドライバを容量アップしちゃう(と言うか公称の仕様)、これまたとんでもなく壮大なスペクタクルな大手術である。

まず、元々の某24Wに内蔵されているドライバは、多分DC出力40V、420mA、みたいな感じだと思われます。これだと約1.5W駆動になるので、製品としては18W型に相当すると言えます。よって、これを真の24Wへ昇華させるなら、500mAのドライバを組んで2W駆動を得る必要があります。

そこで、手元にある別のDC24V、700mAのドライバを、何とかしてごにょごにょして、最低でもDC40V、500mAになるよう、あとは神に祈りを奉げます。なあに、昨年迎えた40歳の誕生日も伊達じゃないさ。きっと魔法も使えるはず♪  (どど童貞ちゃうわ)

さ、謎はスルーして、駆動テスト、組み込み、そして消費電力の計測です。

500mAドライバテスト

目標よりちょい低いけど、まあ490mAもあれば2W駆動として申し分ないでしょ。
但し、ドライバが少し大きいので、大きめのソケットに交換しても、まだ隙間が。。。
ま、風通しが良くなって、むしろ放熱的にもウェルカム♪
消費電力も文句なしの24W型を実現♪

これで元々の謳い文句が現実のものとなりました。
CREE採用、2W駆動、最強の24Wランプ!

ところで果たしてスペックはどうなったのか!?

Cree XR-E CoolWhite×8+Blue×4仕様

僅かには上がったけど、クリー化の時ほどの勢いには至りませんでした。。。

一応、面倒な諸計算も並べてみました。

匿名24Wの大冒険♪ ノーマル Cree化 Cree化+2W駆動
駆動電流 416mA
(約1.5W駆動)
490mA
(約2W駆動)
回路電圧 37.6V 39.2V
消費電力 全体 18W 23W
LED部 15.6W 19.2W
30cm照度 10,130 lx 15,230 lx 16,500 lx
照度増加率 100 % 150.3 % 162.9 %
相対光束
(データシート)
120 % (参考→) 120 % 135 %
全光束
(逆算値)
954.7 lm
∴ 79.6lm×12
1,435.4 lm
∴ 119.6lm×12
1,555.1 lm
∴ 129.6lm×12
発光効率 61.2 lm/W 92.0 lm/W 81.0 lm/W
素子光束@350mA
(推測値)
795.6 lm
∴ 66.3lm×12
1,196.2 lm
∴ 99.7 lm×12
1,151.9 lm
∴ 96.0lm×12
素子公称光束
(推測値)
70~80lm? 100~114lm
(Q4~R2)
100~114lm
(Q4~R2)

* 純正80°レンズの有効ビーム角は目視60°と判断して計算

だいぶ適当な計算になってます。
一応およその帳尻が合うように仕向けましたが、軽く眺めるくらいで十分です。
そもそも白×8+青×4の平均値だし。。。

それにしても、ノーマル時の発光効率60lm/Wが、Cree換装によって一気に92lm/Wまで改善されるとは驚きですね。しかも、仮に700mA・3W駆動までアップしたとしても、まだ70lm/Wは確保できるので、Cree換装が条件なら、ドライバで遊ぶのも面白いかも。

さて、ついでなので、オール白もやってみました。

Cree XR-E CoolWhite×12仕様

・・・ほぼ変わんなかった。
あぁ、そう言えばLeDioの時も白より青の方が明るかったっけ。。。
それか、リフローの繰り返しで素子がくたびれたかな。。。

ひとまず、このネタはここまで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説