結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20111月18

魅惑の3W LEDバルブの自作

この記事を含むタグの全記事リスト: 500nm LED LEDスポット 自作関連 電気系

LEDミニスポットバルブを使った簡単且つ効果の高いアイテム製作のご紹介です。

まず、DXから試しに買っておいた600円のE26 3W LEDバルブを使って、魅惑のシアンスポットを作ってみました。手持ちのLuxeon K2の中から、大切に保管していた一番の当たりシアンを惜しげもなく採用しました♪
これを一般白色LED環境に足せば、欠落波長500nm前後が補完されます♪

Luxeon K2 3Wバルブ

このランプの良い所は、600円と言う安さ以外に、中身が一般のスター基板(1×3W)なので、素子換装時の作業性が高いことです。スター基板でさえあれば何でも乗ります。但し、3W駆動(650mA)なので、対応している素子が必要です。(1W素子はNG)
アンバーなんかも良いかもね♪

次に、ずっと使ってなかったLeDio 3も改造してみました。
が、電源基板が壊れていたので、まずは電源基板の交換から。
topledlightから買っておいた2ヶ入り1,000円の300mAのLEDドライバが役立ちました♪

で、いざ素子換装♪
と言っても、元々の素子基盤は一般素子サイズ向けなので、Luxeon Rebelは小さすぎて載りません。なので、先日LuxeonStar.comから買っておいた10mmスクエア基板を元基板の上に3枚並べて、放熱シリコンで固定しました。やっぱ、10mm基板買っておいて良かった~♪

あとは、秋月から買っておいた拡散プリズムレンズに交換して、配光もバッチリです♪
ちなみにこのレンズは、LeDio 3の前期型には合いますが、後期型には合いません。

Luxeon Rebel 3W キャンディブルーバルブ

これは凄いっ!!!
この怪しい色は魅惑のキャンディブルーです♪

で、これらをビーム比較。

ビーム・光色比較

K2の方はビーム的にもレコルト3Wに似てますね。同じドームレンズだし。
ランプが600円、3W素子は1,000円程度で買えるので、計2,000円もあれば好きな色のスポットが作れますね。しかもこのランプはDXから送料無料で届くので、あとは到着までの1ヶ月ほどのんびり待てるならやる価値あり?

LeDio 3改の方は、まったく同じ仕様である必要は無いので、とにかく3×1Wの3Wスポットを用意して、あとはロイヤルブルー、ブルー、シアンに換装すればOK。このキャンディブルーは癖になります(笑)

シアン単体ランプは、一般LED環境の欠落波長対策に!
黒い筐体ってのが1.023worldっぽくて良いなぁ。。。量産するかぁ(笑)

キャンディブルーは、サンゴの蛍光色素に幅広く対応するフルカバーブルー!
差し詰めシアン入りBB450というところでしょうか♪
こちらも製品化するかぁ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説