結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201012月13

詐欺LED続報

この記事を含むタグの全記事リスト: ヤフオクLED

遅くなりましたが、詐欺LEDの続報です。

「おい1023、散々盛り上げといてバックレんな!」
とお叱りを受けそうなので、一旦まとめます。

疑惑の3社の製品

まず、今回の色々な件について、
Cree Japan Limited (東京)
Philips Lumileds Japan Office (Future Electronics K.K./横浜)
日亜化学株式会社本社(徳島)
の3社それぞれに電話確認を取りました。各社とも、とても丁寧にご対応いただけました。お忙しいところありがとうございました。

その結果、確認内容に対する回答が業界的に非常に難しい問題であることが、各担当者さんの反応からひしひしと伺えました (要するに下手なこと発言してクライアントに迷惑が掛かると不味いと言う配慮だが、今回の販売元がそもそも該当素子を使っていなければクライアントですら無い訳で、その場合は逆に名前の悪用で訴えられても文句は言えないだろう)
そのため、様々な大人の事情も介在し、また公開の承諾を取っていないため曖昧な部分は書けませんので、各社様の不利益の無い範囲で、参考になる確実な部分だけ抜粋してご紹介したいと思います。

各社様共、何か問題があればメールでご指摘くださいませ

■Cree Japan Limited 担当者
クリージャパンとして供給しているLED素子は全て公式サイトに掲載しているクリーブランド製品に限られる

■Future Electronics K.K. 担当者
ルミレッズが公式サイトで公開している素子パッケージ以外の製品を同ブランドとして供給させている事実は無い

■日亜化学株式会社本社 担当者
ライセンス供給しているメーカーの素子を用いた製品なら、国内で販売しても特許侵害訴訟の対象となる可能性はない

各社ともかなり濁されましたが、ギリギリ上記の内容を引き出しました。
ニュアンスは別としても、意味する内容に間違いはありません。
ただ、いずれの回答も非常にごもっともで、本来なら今更聞くまでも無い事実です。

この結果から判ったことは、
見た目がCreeじゃないLED素子がCree製である可能性は無いのです!
仮に見た目がCreeじゃないCree製造素子が万が一にも存在するなら、それは訳あってCreeを名乗ってはいけない素子だと言うことです。(機密的な専用OEMなど)
また、チップのみがCreeで、それをパッケージしているのが他社である場合、常識的に考えてその素子は「他社製」です(EdisonのKシリーズ等)。それを「中身はCree!」と謳うことは、違法ではないにしても、思考的には詐欺に近いです。第一その場合はその旨謳うべきであり、他社に触れずにCreeだけに触れるのは、やはり詐欺師の思考と言えます。
いやいや、Cree謳うなら普通にCree使えば良いじゃん♪ て話です。

分解したら公式サイトに載ってない素子だったって!?
それ、騙されてませんか?

ちなみに日亜さんからは、ライセンス提供のある利用可能な素子メーカー(2010年現在)を教えていただきました。問題なく使用できるのは、豊田合成、シチズン、オスラム、スタンレー、Cree、Philips Lumileds、ソウル半導体あたりのベンダ製LED素子のようです。(日亜サイトのプレリリースに全て目を通せば必然的に判ります)
で、あくまでもそこから判断できる僕の意見ですが、それ以外のメーカー(例えばEdison、OptSupply、SemiLEDs等)の素子で日亜特許(窒化ガリウムや白色LED)に関係するLED素子の使用は、ちょい不味いかも? と言うことです。なぜアクア大手が足踏みするのか? 理由の多くはこれでしょう。
当然のことですが、特に日亜化学さんは昔から特許権には非常にうるさい企業なので、睨まれたらまずアウトでしょう。それは過去の判例を見れば誰でも納得できるはずです。

おたく、どこのLED素子使ってんの?
大丈夫?

あと出来そうなことと言えば、各販売元の委託製造業者へ直接確認することですが、それは言わば死の呪文と同義なので、販売元の逃げ道として残しておきます。
とは言え今回の電話確認も、各販売元がいつまでも謝罪しないことがきっかけなので、今後も謝罪しない場合は委託業者への接触も検討の余地がでてくるかしら?

どうして間違いを犯したら素直に謝罪できないんだろう。。。謝罪さえできれば情状酌量の余地もあるし、補償だってなんとか軽減できるように働きかけることもできるのに、反省すらないと言う姿勢はかなり印象が悪いと思うんだけど。。。
人間誰しも間違いはある。罪を憎んで人憎まず。誠意ある謝罪を!

さて。
例のCree偽装疑惑の販売元が、何事も無かったようにトップページのコメントを消したようです。ま、早く忘れたいのは判りますが、企業の姿勢としてどうなんでしょうね?
他のPhilips Lumiledsを騙った販売元2社については、僕は直接被害を受けて無いし、問題表記を徹底的に消したようなので、僕としてはこれ以上騒ぐつもりはありませんが、Cree偽装の方については、コメントは消すし、オークションでは未だにCree謳ってるしで、ちょっとこれはオイタの範疇を超えてるのでは?と憤慨しているところです。

被害者の皆さん、どうします?
今後の販売元に求める対応など、希望があればお寄せください。
その他、ご意見・ご感想等あればコメントへお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説