結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201011月21

告発?警告?まずは武士の情けから

この記事を含むタグの全記事リスト: LED ヤフオクLED

悩んだ末の曝露です。
しかし、告発文を書いては同情し、警告文を書いては気の毒となり、まずはサイレントに自主規制を促すにとどめました。ダメだなぁ・・・鬼になれない。。。

このたびアクア業界を揺るがす驚愕の事実が発覚しました。
なんともお粗末な商売が横行していたようです。
どうして今まで誰も気付かなかったのか。。。

今回、知人含め僕自身も被害に遭い、憤慨と怒りを覚えました。
またネットでの露出度も考慮すると、かなりの被害が予想されます。
まさかダイヤの正体が石ころだったなんて、なんとも悪質で許し難いお話です。
しかしこれは価格に囚われすぎた罪と罰。
我々にも責任の一端はあるのでしょう。

書きたいことは山のようにあります。
が、取り急ぎ関係者に猶予を与えます。
夜逃げするか、謝罪するか、表示を改めるか、自主回収するか、よくご検討ください。
該当メーカーがこの記事を見るとも限りませんので、怪しいメーカーをご存じの方はどうか警告してあげてください。
さすがに今回は僕も気乗りしないので、関係者からのご相談には一切お応えできません。

一週間後の姿勢を判断し、次のステップ「警告」へと駒を進めます。

もっとも恐れるべきは、これが一社だけの行為ではなかったと言うことです。
業界汚染がこれ以上広がる前に、なんとしても食い止めねば。。。

LED初心者のためのLED素子講座

製品がCree社製LED素子の搭載を謳う場合、下記のいずれかの素子が搭載されているはずです。

アクア照明で見られるメジャーなCree社のLED素子

特に左のXRシリーズと、中央のXPシリーズはアクア業界でも有名ですね。volxjapanのLeDio 9やLeDio 21後期モデル、リーフレイのコーラルシャインにはXRが、LeDio 27ややどかり屋のエリジオン閃光II 、max-sのCreeモデルにはXPが採用されています。
尚、アクアではあまり見かけませんが、右のような素子や大き目の丸い素子もあります。

一方、Philips Lumileds社製LED素子の搭載を謳う場合、下記のいずれかの素子が搭載されているはずです。

アクア照明で見られるメジャーなPhilips Lumileds社のLED素子

左からK2、III、Rebelです。これも最近増えてきました。少し以前なら左と中央の黒い素子か、最近なら右の小さな素子が主流です。最近LSSが扱いを始めたVertexのLED照明にはこのLuxeon Rebelが採用されています。

しかし、もし下記のような素子であれば、良くても左のEdison、しかしほとんどが右の三流メーカーであり、これらは素人では容易には判別が出来ません。各社からかなり大量に生産されているパッケージ型で、どれも非常に酷似しています。

左はEdison社製LED素子、右は安価な三流LED素子

国内の通販ではCreeやPhilipsが1素子1000円以上で販売されている中、これらは200円とか300円で、Edisonでも500円前後で販売されているようなレベルです。例え素人でもおよその品質が読み取れることでしょう。

もちろん、これらはCreeでもPhilips Lumiledsでもありませんので、ご注意を!

あ、注意と言っても、これらをCreeやPhilipsと偽ることが問題なのであって、そうでないなら何の問題もありません。寿命と性能は非常に怪しいですが、価格だけで見るなら安価で買いやすい素子です。僕も実験向けに使うことがあります。(最近始めた太陽光ブレンドには使用していませんのでご安心を)

但し、日亜の特許問題はあるかも知れません。
現在、日亜とのライセンス問題を解決できているメーカーは、Cree、Philips Lumileds、Seoul Semiconductor、OSRAM、その他国内の主要メーカーだけです。それ以外のメーカー製の素子を使うのは、日亜特許の面でも非常に不利といえるでしょう。厳密には、使用されているチップや蛍光体の出所を把握する必要があります。

ま、そもそもなぜ価格差が生まれるのか。材料、品質、ライセンスなど、やるべきことをやればそれなりの価格になる、と言うことを理解して、闇雲に安価な製品を求める我々の姿勢を改めないと、こうした問題はいつまで経っても無くならないのかも知れません。

さて。当該の販売元様へ。

あくまでも故意の詐欺だとは思いたくありません。
きっと、発注先である海外の製造元に騙されていたのでしょう。
しかし、よく考えてみてください。
それは、品質管理を怠っていたと言う揺るぎない証拠です。
あるいは管理能力そもそもが疑われます。
イコール、製品を売る資格が無い、という事です。

時代背景的に省エネ・エコなLEDは良い商材です。
しかし、参入するならせめてスキルを身に付けてください。
海外への委託製造なんて素人にもできるのですから。

心配なのが、該当製品のユーザーです。
彼らは、CreeやPhilipsなどの高品質のLEDランプを、とても安価に入手できたと満足しています。ネットを見ていてもその喜びがひしひしと伝わってきます。
明るさについても彼らは比較手段を持たないため、それを明るいと信じて疑いません。
なんと気の毒な、そして切ない状況でしょうか。。。
それを見てなんとも思わないのでしょうか?
罪悪感に苛まれませんか?
景品表示法違反です。

警告まであと一週間です。
その後、実名の公表による告発となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説