結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



200910月06

VM Method:2日目の検鏡結果

この記事を含むタグの全記事リスト: VMワラワラ実験

昨日から開始したVMメソッドによるワラワラ実験(厳密には独立したVメソッドとMメソッドだな)ですが、初日からいきなり添加量を間違えてしまい、大変失礼しました(汗)
別に答えを急いだ訳ではなくて、単に間違えただけ。
0.1ml/75L なのに、なんと10倍の1ml/75L だなんて凡ミスを(汗)
ちなみに昨日の記事は先ほど訂正しましたのでよろしくです。

さて。今日で丸一日が経過した訳ですけども、本来なら一週間後に様子を見るはずが、添加量を10倍にしちゃったせいでちょっと心配になりましたので、本日は界王拳10倍による24時間後の様子と言うことで、先ほど検鏡してみましたよ。

するとなんと!?
炭素源、恐るべしっ!!

今回は撮影倍率を限界まで攻めてみました。対物80倍、接眼15倍、デジカメズーム1.5倍ポジションで、計1800倍程度は稼げたと思います。なるべくフルスクリーン機能(右下のボタン)で大きくご覧下さい。

見ての通り、推定1μm前後のピコピコが高密度で確認できると思います。これは昨日の事前調査ではほとんど確認できなかったクラスのピコピコです。びっくらこきました(汗)

検鏡対象は、ペットボトルを揺すって舞い上がったデトリタスの破片を、スポイトで一滴抽出したものです。僅かそんなスペース内でこれらが見られた訳です。
正直、各ペットボトルに封入しておいたデトリタスはごく少量だったので、もっと入れるべきか迷いましたが、ここまで狙い通りの結果が確認できたので、このまま進めたいと思います。

それにしても、間違って10倍濃度を添加したとは言え、24時間でこの有様ですから、正直ちょっと怖くなりました。これが炭素源の威力なのかぁ。。。
過去のこれまでの観察では、このクラスのピコピコは水槽ではすぐに減少して確認が困難になってましたけど、それが僅か0.01ml(本来は0.001mlの予定だった)程度のウォッカやみりんを海水1Lに入れただけでここまで増殖した訳ですから、如何に水槽では炭素源が足りていないかが良く判りました。自然下で1ppm程度の炭素源と言うTetsuoさんのアドバイス通り、やはり水槽でも実現した方が良いのかなぁ~と感じましたよ。

いやぁ~。なんか実験らしくなってきました(笑)
通常、バクテリアを対象とした炭素源の添加なんて、相手が見えない分、ただ漠然と実施するしかありませんが、こうして形として効果が確認できると面白いですね。

ちなみに現時点では、ウォッカもみりんもピコピコの増殖密度に大差は見られません。
引き続き経過を報告していきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説