結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20112月19

ノーブラ疾患クリー化移植手術

マリンアクアリウム エイジ 12:02
この記事を含むタグの全記事リスト: LED LEDスポット ヤフオクLED 自作関連 電気系

これは非常に危険な大手術である。
車に例えるなら、言わばエンジン移植1ダース分にも匹敵するだろう。。。

Cree XR-E

それでも患者の固い意思が揺らぐことは無い。
晴れて本来の姿へ生まれ変わるべく、むしろ穏やかな表情である。

■ノーブラ疾患とクリー化移植手術
この手術を必要とするのは、先天的に未発達な素子を持ち、本来の光量を満たせない疾患者で、恐らく多くの同型ランプが該当すると思われる。
ところが厄介なことに、この疾患にはこれと言った目立った自覚症状もないため、そのことがこの疾患の発見と治療を遅らせる要因となっている。
時に、健康体との比較により発見に至るケースや、素子の精通者により外観から発見に至るケースもあるが、それ以外では専門医の診察や測定器による計測を行わない限り、発見に至ることは希である。
なぜなら、人間の目は自動的に感度が調整され、また一定以上の光量を受け止めるようにはできていないため、光ってさえいればどれも明るい、みんな明るいのである。
そのため、多くの患者が「自分は健康」「むしろ元気」と思いこんでいるのが現状である。
この疾患は、当時のエレクトリック・サンダーエイジ医師により、Cree社製LED採用を謳う製品を診察したことから発見された。その後も全国から実機・画像が医師に寄せられ、現在も疾患との過酷な戦いを繰り広げている。
尚、ブランド偽装のない製品であればノーブランド素子でも疾患には該当しないが、改善の余地が大きいと言う点については同じである、と付け加えておく。

この患者の場合、手術前の診察結果は以下の通りとなった。

匿名24Wのスペック

■患者データ
時期: 2010年秋
状態 : 新品未使用
氏名: 匿名24W
素子 : 公称Cree、実物ノーブランド
消費電力 : 公称24W、実測18W
ドライバ: 約1.5W駆動の420mA (2W駆動なら最低500mAが必要)
色 : 白×8+青×4
レンズ : 半フロスト80°
照度 : 10,130lx/30cm
基板 : 幸いCree XR-E対応パターン

この患者は当時世界で初めて発見された疾患第一号である。
この時も診察により明らかに素子に先天的な問題が見つかった。

そのため、例え80°レンズとは言え、そして例え2W駆動に満たないとは言え、30cmで10,000lxと言う、24Wを謳うランプとしては致命的な欠陥を抱えていることが判明した。
これは一刻も早く早急な措置が必要である。

これより、ノーブラ疾患クリー化移植手術をおこなう。

「電気メス」

LED素子の換装手順

(基板右下のジャンパーは前回の実験の名残りなのでスルーのこと)

「ガーゼ」

Cree XR-Eの半田付けは、ハンダゴテではなくリフローが必要である。詳しくは割愛。

「縫合」

術式終了後の患者の容態。

LED換装後のスペック

Cree XR-Eへの換装後の照度は15,230lx/30cm となり、大幅な改善が見られた。
これでこそCree搭載、これでこそ本来の明るさと言える。

よって、ノーブランドなのに最高・最強と謳う行為もまた、詐欺である。

今回の施術では、素子色、レンズ、駆動すべてが同じ条件の前提で、ノーブランドの素子をCree XR-Eに換装することにより、1.5倍の照度を叩き出す結果となった。

本来ならば、貴方が手にしたはずのスペックである。

しかも、ドライバが公称通り2W駆動であれば、さらに明るくなっていたはずである。
現状で約1.5W駆動(@420mA)しかないのは、非常に残念である。。。嘘つき。。。

尚、作業後に判ったが、レンズ越しによく見れば、素子の判別は比較的容易である。
同じ患者を抱えた方で、分解を躊躇されていた方は、どうかレンズを覗いて欲しい。
但し、全面フロストレンズや拡散レンズの場合は、分解しないと判別は無理だろう。

レンズ越しに見えるLED素子の見極め

この症例との戦いは、まだ始まったばかりだ。
一基でも多くの患者が回復するよう祈り、そして同じ疾患が生み出されないことを願う。
但し、手術には莫大な医療費が掛かる。素子代だけで軽く1万円は掛かるだろう。
そもそも数千円で売られていること自体、可笑しいと言う事に気づくべきなのだ。

Creeがノーブランドを照らす

ノーブラ疾患担当医療チーム代表:サンダーエイジ

このネタはノーブランドの素子をCree製やPhilips Lumileds製と偽って販売しているような詐欺行為に対する皮肉であって、ノーブランドをノーブランドとして販売している方や理解された上で購入されている方を対象とはしておりませんので、くれぐれも誤解のなきようお願いいたします。
但し、検証内容・測定値はいずれも、嘘偽りのない事実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. こばやし 2011/02/20 10:05

    おぉ…生まれ変わりますね。その後、収納できるドライバも探してますが、なかなか無いですねー。どうしてもサイズが…。http://www.nanotuners.com/product_info.php?cPath=81&products_id=751

  2. 2. エイジ 2011/02/20 17:40

    それ良いですね。
    60Wで$37なら手ごろですし、テスト用にいいと思います。

    でも、ランプ内蔵用のサイズ優先ということなら、なるべく容量ギリギリまで下げないと、どうしても容量に応じてサイズが大きくなりますよね~。

    で、ちょい強引に内蔵してみたネタがあるので、そのうち出そうと思います。

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説