結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201510月17

スイハイ:福岡のS.Hさん

マリンアクアリウム エイジ 14:28
この記事を含むタグの全記事リスト: オフ会 スイハイ 出張

CF5 14ページの波多江さんをスイハイした後、同16ページのS.Hさんをスイハイ♪笑
まるで観光案内に沿った名所巡りのようですが、あくまで偶然です(笑)

CF5取材当時のS.Hさんは、パステルの素敵なZEOvit水槽でした♪
もちろん照明もT5!

コーラルフリークスVOL.5 - 16P

しかし、現在は、、、

S.H.さん水槽全景

ZEOvitはやめておられました。。。理由は後述。

S.Hさんの現在の水槽構成

第1水槽 (写真右) :フルスペ×2台(+1台借り物)+バイタルウェーブ多灯
実は、普段はSP×2台ですが、実験のためXPをショップから借りて増設中とのこと。
調光設定の内容もパソコンで管理されてるあたり、かなりの研究家です!

第2水槽 (写真左) :フルスペ+T5+バイタルウェーブ多灯
なぜT5とフルスペのミックスか尋ねたら、隣と同じ構成が嫌だから、と。なるほど(笑)
確かに、異なる環境での比較は、より有益なデータや、新たな発見にも繋がりますね。

ところで、ZEOvitをやめた割に、なんかパステル感があるんですよね~♪

左右からの眺め

で、よくよく伺ってみると、実はまだ両水槽ともゼオライトを半分ほど残してあるそうです。
なるほど。全体的に褐虫藻が薄いのはZEOvitの名残りってことか。。。

KR93SP+T5水槽 (左)

と言うことは、ナチュラルとパステルの良いとこ取りですね!
全体的には、ほど良いパステル感が各色を引き立て合い、見事に美しい水景です♪

KR93XP+KR93SP×2水槽 (右)

ただ、一部の褐虫藻の薄い子は、かなりキワキワ感が気になるのも事実。。。汗
それに関連してか、オージーサンゴの色も一部維持出来ない、とのお悩みも。。。

とりあえず、水中のPPFDをあちこち測定してみます。。。

水中のPPFD測定

眩しいっ!!!
フルスペ×3台の水槽は言うに及ばず、フルスペ+T5の水槽もなかなかに明るいぞっ!
これなら、強光による白化フローも、極めて絶賛進行中でしょう。
加えて、魚がいない無給餌による超低栄養塩も絶賛進行中。。。
極めつけは半分残したゼオライト。。。
うん。これじゃオージーサンゴのパステル化は避けられないと思われます。。。

と言う訳で、まずは片方の水槽のみゼオライトの完全撤去と、魚追加&給餌をご提案。
それによって適度な栄養塩を確保し(とは言えホビー試薬でゼロ程度を目指す)、褐虫藻を増やして光合成生産量を増やし、結果的に蛍光タンパクや色素タンパクの元となるアミノ酸生成量を確保することで、オージーサンゴの色揚げに最低限必要な褐虫藻量&色素量&蛍光量を適正に回復させたいと思います。今後の変化に乞うご期待♪

さて、そもそもS.HさんがZEOvitをやめられたのは、以下のような経緯によるそうです。

  1. 順調だったT5+ZEOvitでも、流行のオージーだけはことごとく失敗に終わる
  2. ZEOvitとオージーとの相性に疑問を持ち、昨年10月に第2水槽を立ち上げ
    初めはT5+Radionで開始
  3. T5でもバイタルウェーブを足せばオージーが長期維持出来ることを実感!
  4. 第1水槽の不調発生→リセット・・・ここで遂に見切りをつけZEOvit終了
    今年1月から第1水槽をT5+Radionで新システム開始
  5. 今年3月に第2水槽の照明をT5+Radion→T5+バイタルウェーブに変更
  6. 今年5月に第2水槽に遂にKRを追加し、T5+KR93SP+VW体制に!
  7. バイタルウェーブの虜になり、気が付いたら10本近くも所有してた(笑)
  8. 第2水槽でのKRに手応えを感じ、第1水槽のT5+Radion→KR×2に変更!
時系列 2012/7 2014/10 2015/1 2015/3 2015/5 2015/9
第1水槽 T5 T5+Radion KR×2
ZEOvit ベルリン+ゼオライト
第2水槽 - T5+Radion T5+VW T5+KR
ベルリン+ゼオライト

オージーの蛍光タンパクに興味が出たことが、ZEOvitをやめた一番の理由のようです。
そうして今は、ZEOvitとはまた別次元の色揚がりを実現するに至りました。

S.H.さん水槽全景

そんなS.Hさんの現在の悩みは、スパのバイオレット(色素)が褪せていくこと。。。
それでXPを試されてたそうです。でも褪色がなかなか止まらなくて。。。
極めつけの一言は、「Radionの時は維持出来てたのに(ボソッ)」 とか。。。

なんですとぉっ!? 聞き捨てならん!!!笑

でも僕の診断では、仮にRadionだろうとKRだろうと、現状の大光量+超低栄養+ゼオライトだと、オージーの色素タンパクや蛍光タンパクの維持は厳しいと思うんだよね。だから先ほどの回復プランをご提案したと言う訳です。それに、仮に100歩譲って同じ水質環境で「Radionなら維持できてた」としたなら、それはそれで色維持には水質ではなく光が影響していたと言う証拠になるので、理屈としてはウェルカムです(笑)

そこで、該当のスパ専用のバイタルウェーブを作らせて頂きました♪
XPの設定を完全にスパに特化しちゃうと、周囲の蛍光種にも悪影響が出ちゃうので。

バイタルウェーブ改

右がスパのバイオレット色素回復&褐虫藻チャージを目的としたVW-AmberZX。
左は別のスパ用で、蛍光レッド促進&褐虫藻チャージを目的としたVW-GreenZX。
と言う訳で、現在はXPに代わってバイタル改を当てて絶賛実験中です!
結果はいずれまた♪

S.Hさん邸のスイハイは、これにて終了。
素晴らしいスイハイをありがとうございました!
定期的に経過を見守っていきたいです。

そして、夜は皆さんで親睦会♪

親睦会

いやぁ~、ヤドカリの話は楽しいな~♪笑
実は写真は無いけど、S.Hさんもなかなかのヤドカリマニアで、ヤドカリ専用の小型水槽も持っておられたんですよ。だからヤドカリの話に花が咲いちゃって♪笑

次は、あなたの街へスペクトルチェ~ック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説