結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20134月27

Razor改、LED換装テスト

マリンアクアリウム エイジ 17:20
この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm 420nm Maxspect Razor

忘れた頃に、ようやくRazorを触る暇が。。。笑

とりあえず手持ちのRazor 120W 10000Kの片方のユニットのみ、純正のViolet 410-420nm LEDを、例の400+420nmデュアルチップLEDに換装してみました。

写真のユニット2を改造して、ユニット1と比較しようと思います。

Razor 120W 10000K

LED基板を外して、放熱シートを剥がします。多分、A型じゃないと破れます(笑)

放熱シート

LED基板を慎重に加熱して、純正のViolet 410-420nm LEDのみを剥離します。
写真右側のLEDが剥離したモノ、パターン横のLEDが換装するLEDです。
(剥離したLEDの角が欠けてるのは買った時からの損傷です、念のため)

LED脱着

無事、新しいLEDが乗りました♪

LED換装後

実際に光らせてみると、、、

LED換装後の点灯状態

デュアルチップの暗く写ってる方が400nmチップ、明るい方が420nmチップです。
くどいようだけど、400nmは光が見えにくいから暗く写ってるだけです。

いざ、スペクトル比較!
ユニット1は純正のまま、ユニット2がLEDを換装したものです。

ユニットのスペクトル比較

ほとんど変わってないんだぜぇ~?曝
これならやる意味なかったぜぇ~?汗

原因は、そもそも全体のLED構成に対して、UV系LEDが少なすぎるためです。
Razor 10000Kは、1ユニット13素子のうち白系が6素子、青系が5素子、UV系が2素子なので、全体的に青ばかりが突出したスペクトルになっています。通常ならここで青系を減らしてUV系を増量、、、といきたいところですが、RazorのUV系素子は形状が特殊で、基板もそれに合わせたパターン形状になっているため、2ヶ以上のUV系素子を取り付けることはできません。じゃあ、青系を外して、替わりにCree XP互換のSemiLEDs C35 UV素子あたりを、、、と思っても、Razorは1素子あたり1300mAも流す仕様なので、C35の最大定格700mAじゃ半分足りません。。。お手上げです。。。
と言う事は、Razorのフルスペクトルは、きっとUV系素子がたくさん乗るように基板を変更してくるでしょうね。

以上、せっかく作ったRazor用400-420nmデュアルチップLEDサンプルでしたが、ここまで投資効率が悪いと採用は断念せざるを得ませんね。。。うーん。。。残念。。。Razorユーザーの皆さん、お役に立てずすみません。

ところで、せっかくRazorから純正のViolet 410-420nmを取り外したので、今回のサンプルLEDと素子単体でのスペクトル&光強度比較をしてみました。
ちなみに専用のスター基板がないので、日亜の6550系を流用しました。

LED比較

これらをそれぞれ700mA(3W)で駆動してスペクトルを比較しました。
(デュアルチップなので700mA時にちょうど各チップあたり1W駆動となります)

LEDのスペクトル比較

純正LEDの方は同じ波長のデュアルチップなので、1チップあたりの出力はちょうど半分の高さになります。
一方サンプルLEDの方は、420nmのチップはかなり高出力のランクを使って貰いましたが、400nmは普通ランク程度でした。あるいは400nmと420nmの分流が、やや420nm寄りなのかも?
まあ、放射照度自体は純正もサンプルも大差ありませんでした(積分値から)

と言う訳で、Razor UV盛り計画は徒労に終わっちゃったぜぇ~♪汗
面目ないぜぇ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. 王英 2013/04/28 07:21

    お忙しい中、実験ありがとうございました。やはり最初からフルスペクトル仕様でない物のフルスペクトル化は難しいのですね。

  2. 2. エイジ 2013/04/29 10:54

    今回のRazorみたいにLED素子の種類と数が限定されると特に、ですね。
    旧G2とかなら自由な素子が使えて、未だに使い道はありますが、、、

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説