結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20111月13

Luxeon Rebel 10mm Square各種到着

マリンアクアリウム エイジ 07:50
この記事を含むタグの全記事リスト: 500nm LED

まずLuxeon Rebelの部から。

LuxeonStar.comには、常夜灯製作用に小さなLED基板が欲しかったので、Luxeon Rebelの10mm基板をいくつか注文してありました。

Luxeon Rebe 10mm Square

これを知ったら、もう馬鹿でかいスター基板は使えません♪
ま、でかいと言ってもスター基板もちょうど1円玉サイズですが。。。

で、何色を頼んだかと言うと、RoyalBlue、Blue、Cyan、ANSI White 4000Kの10mm基板と、そして予備の基板です。Whiteは使う予定は無いけど、Luxeon Rebelの高演色Whiteがどんなもんか、単に見てみたかっただけ(笑)

以下、注文したリストです。括弧内はランク(bin)です。

Luxeon Rebel 10mm Square注文リスト

ランクを見ながら、各素子の公称値との誤差を確認すると、以下の結果でした。

RoyalBlue Blue Cyan
型番 LXML-PR01 LXML-PB01 LXML-PE01
bin 0500 0030 0070
定格光束 875mW@700mA 58lm@700mA 130lm@700mA
定格波長 447.5nm 470nm 505nm
binによる厳密な波長 445~450nm 475~480nm 495~500nm

RoyalBlueはほぼ定格どおり、Blueは定格よりややシアン寄りでプチラッキー、そしてなんとCyanは500nm以下のアタリでした♪
で、これらが本当かどうか、点灯テストも兼ねて分光スペクトルを確認してみました。

Luxeon Rebel点灯テスト

RoyalBlueとBlueは、濃い青と薄い青の違いに見えますが、流す電流次第で濃淡も変化するため、目視ではどっちがどっちか識別するのは困難です。
一方Cyanは、青に比べかなり緑寄りに見えるので、目視でも一目瞭然です。
よって、見た目ではRoyalBlueとBlueが僅差、Cyanが孤立、という感じです。

しかし、上で確認したbinが本当なら、RoyalBlueが孤立して、BlueとCyanが僅差なはずです。果たして分光スペクトルではどのように映るでしょうか?

Luxeon Rebelスペクトル確認

おおお!
binの通りでした♪
なんかよく判らんけど凄ぇ?(笑)

で、これらを使って、超贅沢な常夜灯を作る訳ですが、実は別便のLEDも必要なため、しばらくは製作はお預けとなります。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説