結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20119月13

KR93SPフルスペ試作機レビュー♪

マリンアクアリウム エイジ 00:33
この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps KR93SP LEDライト

大変お待たせしました。決してわざと焦らした訳じゃありません(汗)

先日、KR93SPフルスペ試作機が、eco-lamps社から仕上がってきました♪

KR93SP 外観と発光色

12インチでの素子配列は、試作機ではこうなったようです。

続いて各チャンネルの配光です。

KR93SP 白chと青chの配光

色味は凄く良いのですが、白chが明るすぎる? あるいは青chが弱い感じがします。
とは言え、僕の作った試作機よりは断然マシですが。
僕のは400nmや420nmのビームは弱くて写真に写りませんでしたから(汗)
それにしても、12インチ(50W)で3万lxオーバーは無駄に明るすぎるので、その分青を増やした方が良いかもなぁ。。。

続いて分光器によるスペクトル確認結果です。

KR93SP 分光器によるスペクトル分布

* Allは各波長の合成画像です(UVはここまで強くありません)

一応、スペクトル的には指示通り可視光線すべてバッチリ入ってます♪
これを見ると、改めてフルスペクトルを実感しますねぇ~♪
いよいよかぁ。。。ワクワク♪

最後にeco-lampsでの実測スペクトル結果です。

KR93SP 製造元によるスペクトル測定結果

やっぱり青chの放射束強度が指示より弱いようです。波長は満たしてますが、これでは強度的に青みが足らず、水深3-5Mと言うより、水深ゼロメートルです(汗)
これについては、僕の指示を満たすLEDチップがまだ到着しておらず、まだ少し時間が掛かるとのこと。という訳で、今回の試作機はあくまでも波長に焦点を置いた叩き台でした。

あと、現在の設計では、RoyalBlueをムーンに依存していたり、白chにUVが含まれていないので、より完璧なスペクトルの再現を目指して、これらの点を克服した新たな素子組みの再編成案も提出しておきました。

KR93SP スペクトル案2

ただ、これだとかなり光量を犠牲にすることになるので、まだ採用は未定です。いくら1W駆動で大光量・高効率とは言え、既成の3W駆動品より暗くなるのは忍びないですからね。ちょっと思案どころです。。。
もちろん最終的には最高のスペックをお届けできるよう頑張ります!

では、また新たな情報・予定が判り次第、お知らせしたいと思います。
お楽しみに~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. こばやし 2011/09/13 01:43

    うーん、1W駆動×50素子攻撃すっげぇー…。私の作ってるやつと比べると、消費電力が30W程度低くて、光束で1.5倍はありそう。残る突っ込み所は、ビーム角とレンズぐらいしか見当たりませんが、50個もあったら、配光もかなり平均化されて、レンズで散らす必要もないのかもしれませんね。今後のアクアリストは、もうスペック的にも価格的にも、LED照明を自作する必要はなくなったように思われます。記事でも書かれているように、スペクトルのバランスが調整されたら、まさにアクア用LED照明史におけるエポックメイキングな製品になると感じました。

  2. 2. エイジ 2011/09/13 09:46

    攻撃というか光撃というか。。。笑
    同じ光量、例えば2000lmを稼ぐのに、3W駆動だったら約35W必要なところを、1W駆動なら20Wで済みますからね(100lm@350mA/170lm@700mAの場合)。てことは、KR93の12インチ(50W)と同じ光量を3W駆動で得るには約90W必要になる計算です。

    レンズはデフォルトの75°と55°のコンボなのでいじれないけど、1W駆動ゆえ、広い面積にびっしりとLED素子を敷き詰めた形になるので、光のカバー率は蛍光灯に近いと思います。しかもキラキラ♪

    僕も今から楽しみです♪

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説