結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20153月10

オワンクラゲの発光展示が再開実現

マリンアクアリウム エイジ 15:53
この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm VitalWave 出張 水族館 紫外線LED

先日もドラえもんネタで軽く触れた山形の加茂水族館ですが、今日3/10、明日3/11と、国際クラゲ会議が開催されています。それに先立ち、しばらく休止していたオワンクラゲの発光展示が3/5から再開されました!
展示するオワンクラゲには、かの緑色蛍光タンパクの発見でノーベル賞を受賞された下村先生が当時研究で使用されたものと同じアメリカ産を用いたそうです。
加茂水族館と言えば、今ではすっかり世界的なクラゲ水族館としての地位を獲得されましたが、当時下村先生からのアドバイスによりオワンクラゲの二世個体を見事発光させることに成功したエピソードでも有名ですね♪

オワンクラゲの発光展示

* 加茂水族館のfacebookに動画があります

ところで、なぜしばらく発光展示を休止ししていたかというと、それまではブラックライトを当てていたそうですが、それでは緑色蛍光タンパクGFP自体の発光も弱く、そもそも暗くてクラゲがよく見えない(汗)ということもあり、発光展示を断念していたそうです。
そもそもブラックライトは波長が360-370nmなので、GFPの励起にはやや波長が低すぎますし、何より蛍光灯なので暗いのも当然です。結果、 GFPを満足に発光させられず、観賞的にも暗かったと言う訳です。また、よりGFPの励起に適したブルーLEDを当てると言う方法も考えられましたが、それだとGFPは発光するけど水槽自体が真っ青になり、クラゲの観賞にはあまり適さなかったようです。

しかし、今回あるライトにより発光展示が見事再開できました!

バイタルウェーブ400nmスペシャル

はい。皆さんもよくご存じのバイタルウェーブです♪
でも、発色パターンが少し変ですね?
そうです。今回のクラゲ展示用に全素子400nm仕様を特別に作ったのでした!
もちろんKR用の大光量ランクのLED素子ですから、本来目に見えにくい400nmの波長にも関わらず、こんなにも明るく見えます!
そのお陰で、今回のオワンクラゲの発光展示にも最適だったようですね♪

先日、ブルーハーバーから依頼を受け、すぐに作って加茂水族館へ送らせて頂いたのですが、すごく喜こんで頂けたそうで、僕も凄く嬉しく思いました。
まさかこんな分野でお役に立てる日が来るとは!笑
これまでもKRフルスペシリーズ等は全国の水族館へ納入されてきましたが、クラゲ用と言う用途へは初の試みでした。今後も色んなシーンでお役に立てれば幸いです。

皆さんも是非、オワンクラゲの発光展示を見てきてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説