結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20114月18

Grassy LeDio 27 ReefPurpleを試す

マリンアクアリウム エイジ 02:52
この記事を含むタグの全記事リスト: LeDio 27 LEDスポット volxjapan

あぁ。。。
すっかり忘れてた存在が。。。
それは。。。

volxjapan Grassy LeDio 27 ReefDeep!

これ、確か3月には発売開始されたはずですが、しかもその頃僕も検証のため現物をお借りしていたのですが、その後レビューを書くのをすっかり忘れてました(汗)
で、そうこうしてるうちに、今度は来月(5/20)発売予定のLeDio 27 ReefPurpleも先日手元に届いてしまいました(汗)

と言う訳で、今回はこのスペシャルな2製品をまとめてご紹介してみます♪

まずは、外観。

Grassy LeDio 27 ReefDeep/ReefPurple

リーフディープはただのブルーランプではなく、波長の異なるブルーLEDを2種混在(RoyalBlue + Blue)させた贅沢なブルーランプです。

リーフパープルはLeDio 27の4色目のラインナップとなりますが、注目すべきは、リーフホワイトにも採用されたウォームホワイトLEDを、今回は贅沢に3素子も搭載した点です。波長のこと、光合成のことを、本当にとことん考えられた製品だと思います。

続いて、配色の詳細です。

Grassy LeDio 27 ReefDeep/ReefPurple スペック

リーフディープは、ロイヤルブルー450nmと一般のブルー470nmをブレンドすることで、青の波長帯域を広くカバーしています。これにより、かなりの種のサンゴの蛍光色が励起されることでしょう。さしづめ、蛍光・マスターと言ったところでしょうか。光合成色素的にはカロテノイド・マスターとも言えそうです(笑)

一方リーフパープルは、リーフディープの青味をベースに赤LEDをブレンドすることで、クロロフィルの吸収スペクトルをカバーするための土台となり、さらに、赤LED自体は赤の帯域の短波長側(620nm~630nm)しかカバーできず、クロロフィルの長波長側(650nm~700nm)の要求を満たせないため、これをウォームホワイトにより赤を700nm近くまでカバーすることで、真のクロロフィル・マスターを実現しました。
まあ、実効性能以上にも、見た目にもムード満点のパープルです(笑)

最後にスペック比較です。

30cmデータ ReefDeep ReefPurple
照度 38,960lx 32,000lx
UV 0μW/cm2 62μW/cm2

相変わらず脅威の照度は健在です。。。
トマトも茄子もこれ一本で大豊作?(笑)

では、発売をお楽しみに~♪

え?
恒例の読者プレゼント?

実はリーフパープルはちょっとある実験に使いたいので、その後に改めて案内します。
よって今回は一足先に、リーフディープを1名様にプレゼントしちゃいますっ♪
わぁ~っ! ドンドンパフパフっ!
但し、モニタープレゼントとします。あとで感想をよろしくです。

ご希望の方は、

  1. 公開しても良い名前(ハンドルネーム、ニックネームなど)
  2. お届け先情報(氏名、住所、電話番号、在宅状況)
  3. 設置予定の水槽の全体写真
  4. 設置予定の水槽の現在の照明の内容
  5. 水槽照明に関する失敗談、悩み、要望などあれば

以上の内容を、info@1023world.net までメールでお送りください。
例によってメールの件名は、【LeDio 27 RD欲しい!】としてください (要括弧【】)
応募締め切りは次の日曜日(4/24)いっぱいまで必着。
当選発表は抽選後にブログにてお知らせいたします。
尚、過去に当サイトで当選歴のある方は応募できませんのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説