結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20153月10

オワンクラゲの発光展示が再開実現

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm VitalWave 出張 水族館 紫外線LED

先日もドラえもんネタで軽く触れた山形の加茂水族館ですが、今日3/10、明日3/11と、国際クラゲ会議が開催されています。それに先立ち、しばらく休止していたオワンクラゲの発光展示が3/5から再開されました!
展示するオワンクラゲには、かの緑色蛍光タンパクの発見でノーベル賞を受賞された下村先生が当時研究で使用されたものと同じアメリカ産を用いたそうです。
加茂水族館と言えば、今ではすっかり世界的なクラゲ水族館としての地位を獲得されましたが、当時下村先生からのアドバイスによりオワンクラゲの二世個体を見事発光させることに成功したエピソードでも有名ですね♪

オワンクラゲの発光展示

* 加茂水族館のfacebookに動画があります

ところで、なぜしばらく発光展示を休止ししていたかというと、それまではブラックライトを当てていたそうですが、それでは緑色蛍光タンパクGFP自体の発光も弱く、そもそも暗くてクラゲがよく見えない(汗)ということもあり、発光展示を断念していたそうです。
そもそもブラックライトは波長が360-370nmなので、GFPの励起にはやや波長が低すぎますし、何より蛍光灯なので暗いのも当然です。結果、 GFPを満足に発光させられず、観賞的にも暗かったと言う訳です。また、よりGFPの励起に適したブルーLEDを当てると言う方法も考えられましたが、それだとGFPは発光するけど水槽自体が真っ青になり、クラゲの観賞にはあまり適さなかったようです。

しかし、今回あるライトにより発光展示が見事再開できました!

バイタルウェーブ400nmスペシャル

はい。皆さんもよくご存じのバイタルウェーブです♪
でも、発色パターンが少し変ですね?
そうです。今回のクラゲ展示用に全素子400nm仕様を特別に作ったのでした!
もちろんKR用の大光量ランクのLED素子ですから、本来目に見えにくい400nmの波長にも関わらず、こんなにも明るく見えます!
そのお陰で、今回のオワンクラゲの発光展示にも最適だったようですね♪

先日、ブルーハーバーから依頼を受け、すぐに作って加茂水族館へ送らせて頂いたのですが、すごく喜こんで頂けたそうで、僕も凄く嬉しく思いました。
まさかこんな分野でお役に立てる日が来るとは!笑
これまでもKRフルスペシリーズ等は全国の水族館へ納入されてきましたが、クラゲ用と言う用途へは初の試みでした。今後も色んなシーンでお役に立てれば幸いです。

皆さんも是非、オワンクラゲの発光展示を見てきてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20153月06

のび太のスペクトル

この記事を含むタグの全記事リスト: スペクトル 水族館

のび太自身のスペクトル?
ではなくて、”のび太の宇宙開拓史” 的なフレーズね(笑)

facebookでは軽く触れただけでしたが、思いのほか楽しめたのでご紹介しておきます。

この中の「光と色のふしぎ」がなかなか面白かったですよ!

ドラえもん もっと!ふしぎのサイエンス VOL.6

虹の仕組み、光と色の三原色、昆虫の構造色、可視光線・紫外線・赤外線、
そしてオワンクラゲの蛍光タンパクまで出てきて、こちとら気分が高まるぅ~っ!
ちなみにオワンクラゲは、緑色蛍光タンパクの下村先生とのエピソードで有名な加茂水族館が撮影協力とのこと。これまた気分が高まるぅ~っ!笑
はい。最近SPECのドラマと映画をちょうど全制覇したところです(曝)

オワンクラゲのGFP

これは是非とも子どもに読ませたい!
・・・子どもいないけど(汗)

分光器のスペクトル

ホラ! どこかで見たような分光器のスペクトルが出てますYOっ!
これは一体どこのLEDスペクトルデザイナーが撮影協力したんだろぉ~♪曝

それは良いとして、
そう、のび太くんでも“同じ白い光でもスペクトルが違う”ことを理解できましたね!
じゃ~我々アクアリストも 「波長ムズカシイ~」 なんてもう言ってられませんよ?
特に色揚げの大部分を担う蛍光タンパクは波長の理解なしで語れませんからね♪
でも蛍光タンパクは法則さえ判ればトライ&エラーは至ってシンプルなんです。
最近、それが少しずつアクアリストに浸透してきたことに手応えを感じているところです♪

ところで、もっとも楽しかったのは、付録の空飛ぶダブルプロペラドラえもんでした!
手回しの発電機をグルグル回すと、それに応じてドラえもんが空を飛びます!笑

どらえもん もっと!ふしぎのサイエンス VOL.6 付録のおもちゃ

栗スケさんの良いオモチャができました(笑)
でも、発電機回し続けないと飛び続けないので、結構しんどいです(曝)
facebookにて動画を公開中~♪ (←見れるかな?)

これだけの内容で、こんな豪勢なオモチャまで付いてたら、¥2,200円なら買いでしょ?

PS:
手回しの発電機回してもドラえもんがうまく飛ばない際は、ケーブルを一旦切断して逆に繋ぎ直してみてください。僕のはそれで直りました。発電機の結線は完成品なので、きっと付録の業者が結線ミスしたんでしょう(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20153月04

コーラルカラーチェックのご提案

この記事を含むタグの全記事リスト: スペクトル プチ実験 海洋雑学 測定器

今、巷ではトリトン水質検査が流行ってますね!
僕も今年1月にコーラルラボに立ち寄った際に話を伺いましたが、強く感銘を受けました。

TRITON LAB

トリトン水質検査の目的は、水槽の海水成分に於いて、
何が不足していて何が過剰かを見極め、水質を厳格に管理する。

この思想、完全に同意します。
測りようのないものを間違った根拠で添加している場合じゃないですもんね。

水槽でも自然の海に倣ってサンゴ礁の水質を再現したり、さらにバクテリアや微小生物らによる水質への寄与も考慮してワラワラ(生物相)の構築も目指したり、とにかく海洋生物を飼うからには海洋生物のいた環境をなるべく忠実に再現する工夫が不可欠です。 僕もサイト開設当初から海を創るにはワラワランドで推奨してきました。特にバクテリアの効果は絶大で、現在では豊富なバクテリア源としての新鮮なライブロックやライブサンドが入手困難な時代になりましたが、ビオアクアマリン*を初めとする優秀なバクテリア添加剤が5年前には既に登場しており、今では十分な代役を熟しています。

海の子には海を。

* ビオアクアマリン解説
山・河川・海洋から採取された豊富な細菌類をパッケージした画期的なバクテリア添加剤。アミノ酸18種類含有。乾燥休眠状態なので菌叢の劣化に強い等のメリットも持つ。

そしてそれは照明も同じ。
どの波長が不足しているか、サンゴがどの波長を要求しているか、それらを科学的検証から見極めた上で理想のスペクトルを構築し、サンゴの要求に応える。
これまでのスペクトル設計SPSカラーレポートがまさにそれでした。

太陽の子には太陽を。

そして、トリトンLABの最大の売りは、
「ユーザー各々の水槽の水質を個別に検査します」

じゃあ、こっちもやろうじゃないの!
「ユーザー各々のサンゴの色を個別に検査します!」

コーラルカラーチェックサービス

さあ、1023LAB(笑)による前代未聞世界初のサービスがここに誕生しました!
その名もコーラルカラーチェック/Coral Color Check、略して3Cサービスです!
この3Cサービスを基盤としたサンゴの色揚げ攻略法を、3Cメソッドと提唱します!
過去のSPSカラーレポートを参考に色揚げを実践されている方も既に3Cメソッドです♪
皆さんも気になるサンゴの色彩構成データを知り、是非色揚げにお役立てください!

当面は枝状SPSのみ承ります。国内限定です(笑)。まずはご相談ください。

コーラルカラーチェック「3C」サービス概要 (有償サービス)

  1. まず、メールにてご連絡ください。その際に、検査希望のSPSの写真(なるべく見た通りの色彩が撮れてるもの)も添付してください。折り返し送付先をお知らせします。
  2. サンゴ片発送は、海水を半分程度入れたペットボトル、またはナイロン袋(500ml-1L程度)にサンゴ片を入れ(枝1本3-5cm程度)、さらに水漏れしないように厳重にナイロン袋に入れて、元払いにて送付してください。複数体の場合は個別にパッキングするかサンゴ片同士が接触しないように工夫してください。
    冬期はカイロ同梱、夏期は保冷剤同梱など、工夫をお願いします。死着状態でも共肉が一部でも残っていれば測定可能ですが、生時の特性は保証されません。また、完全に共肉が分解されて残っていない場合は測定は不能です。その際、検査費用は頂きませんが、送料はご負担頂きます。
    尚、サンゴ片は当方で処分します。返却はできません
  3. CCCフォーマット検査結果は現カラーレポート(右図)と同じフォーマットで作成し、PDFにてメール送付します。また、明らかに色彩の異なる部位が存在する際は、色彩毎にレポートを作成します。レポートには下記の各項目に加え、当方による分析見解も併記いたします。

    ■検査項目
    1. 370nm反射スペクトル
    2. 400nm反射スペクトル
    3. 425nm反射スペクトル
    4. 450nm反射スペクトル
    5. 475nm反射スペクトル
    6. 500nm反射スペクトル
    7. 520nm反射スペクトル
    8. 595nm反射スペクトル
    9. 630nm反射スペクトル
    10. 660nm反射スペクトル
    11. 白光5000K反射スペクトル
    12. 吸収スペクトル (算定値)
    13. 蛍光発光スペクトル (算定値)
    14. 蛍光励起特性 (算定値)

  4. 費用はサンゴ1体につきトリトン水質検査と同額の¥4,860円(税込)を承ります。データと引き替えに指定金融機関へお振り込みください。
    但し、著作権を放棄される場合は半額の¥2,430円(税込)にて承ります。
    この場合、今後カラーレポートに掲載され一般公開されます(←これが本来の目的)
  5. その他注意点:
    ・専門機関のような検査精度はありません。あくまでもホビーレベルとご理解ください。
    ・検査結果のご利用は自己責任でお願いします。実施結果は一切保証できません。
    ・色彩の異なる部位毎のレポートは、2箇所までは1体分の価格で対応します。
    ・↑2箇所を超える場合は1箇所につき+2,000円(税込)にて承ります。
    ・3Cによるカラーレポート公開はサンゴデータ10体ごとに行う予定です。
    ・万一ホワイト蛍光タンパクが発見された際は、色々とご協力をお願い致します(笑)
    ・3Cサービスの内容やルールは臨機応変に検討・対応・訂正していきます。

と言うのはどうでしょうか?
しかも、トリトンの検査データは本人にしか役立ちませんが、3Cのデータはカラーレポートとして全世界のアクアリストに有益な情報となります♪

■水質検査はトリトンLABにお任せ!
■サンゴの色検査は1023LABにお任せ!

今年のブームになったら良いなぁ~♪

とりあえず、当面はこのページをご覧の上、メールにてご依頼ください。
検査希望サンゴの数量と写真、価格コース、その他水槽システム(照明構成や水質データも)と該当サンゴの購入日(維持期間)や色変化なども判る範囲でお知らせください。
3Cお試し期間として、今月は半額コースを¥2,000円@1体(税込)にて承ります!
反応を見ながらいずれ専用ページ(または応援市場)を設けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説