結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201412月27

UPRtek MK350防水パック

この記事を含むタグの全記事リスト: 測定器

寒い寒い冬は嫌いなので、来年の夏のお話を。

今まで不便を感じていて、来年の夏には改善したいなぁ~と考えてたこと。
それは、UPRtek MK350で海中スペクトルを測る際に使ってた防水パックのサイズ!

MK350 + DryCase iPad用

でかい。。。笑
それもそのはず、iPad用ですから(汗)

実はこのDry CaseにはiPhone用iPad用の2タイプがあるんですが、iPhone用は当時主流だったiPhone5に最適なサイズでしたので、大して大きくないんです。また、スペクトロメーターがスマホサイズだとは言え、厚みが結構あるので、実際に試してみたらiPhone用にはギリギリ収容できなかったんです。。。うぅ。。。
それで仕方なくiPad用に入れてました。。。

でも、ここ最近スマホの大型が進んできましたよね?
5インチオーバーもザラ!
てことは、そろそろ良い感じのサイズの防水パックが出てきても良いんじゃない?

と言う訳で、手当たり次第に買い漁ってみました。

スマートホン用防水パック各種

防水パック 防水規格 対応サイズ 購入価格
bikit
BK3795
IP68
水深30M
5.7インチまで ¥2,388
WATERPROOF BAG
EJ-WPB55
IPX8
水深20M
5.5インチまで ¥590
ACASE
ACS-080089-TP-AS
IPX8
水深20M
132×70×14mmまで ¥1,380
CASE FACTORY
AAM-002
IPX8
水深20M
160×78×8mmまで ¥999

気になる収納部分の内寸を測ってみたところ、、、

各種防水パック寸法

で、実際にスペクトロメーターUPRtek MK350を入れてみたところ、

  • bikit BK3795 : キツキツで入れにくい。測定ボタンも押しっぱなしになる(汗)
  • WATERPROOF BAG EJ-WPB55 : 同上
  • ACASE ACS-080089-TP-AS  : 入れたら二度と抜けないキツキツぶり(汗)
  • CASE FACTORY AAM-002 : なかなかゆったり入るが長さはギリギリ(汗)

唯一使えそうなのは4つ目のCASE FACTORY AAM-002でした♪

MK350 + CASE FACTORY

とは言え、入れ方や水圧によっては測定ボタンが押しっぱなしになる可能性が高いので、ボタン周りにお手製のガイドでも作ってみようかと考え中です。
ま、真似される方はあくまでも自己責任でお願いしますね。

あ~来年はコレ持って沖縄に海中スペクトル測りに行きたいなぁ~♪
誰か招待してくれないかなぁ~笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201412月23

新積分球とモンスター400nm LED

この記事を含むタグの全記事リスト: 400nm LED スペクトル 測定器

こっちではついつい情報が遅くなりがちですみません。
(出し忘れてることさえ。。。汗)
最新の情報はfacebookの方で随時出してますので、そちらを見て貰うと確実です♪

実は、先日ついにアレをゲットしたんです!
オーシャンオプティクスの積分球「FOIS-1」です♪

OceanOptics FOIS-1 (左)

左がオーシャンオプティクスFOIS-1、右が光束測定用の積分球です。
過去にも何度か右の光束用積分球でLED素子の波長強度を計測してみたことがありましたが、やはり光束用積分球ではUV域の測定は保証されませんので、可視域の下限の400nm前後を堺に測定結果の波形が極端に歪んでしまいました。そりゃそうだ(汗)

これではいかん。。。
UVも測れる積分球が欲しい。。。
とは言え大きいモノは要らない。。。(そもそも高くて買える訳はないが)
どこかにLED素子用の小型積分球はないものか。。。

そんなとき見つけたのがオーシャンオプティクスFOIS-1
LED素子の単品測定に特化した、まさに僕の欲しかった仕様の積分球です♪
もちろん内部反射材もスペクトラロンなので、下はUV 200nmから測れちゃう♪
欲しい!!!絶対欲しい!!!
しかし、、、諭吉さんがサッカーチーム組まないと勝てない相手。。。泣

でも、より高精度なスペクトル設計には、どうしても欲しいアイテムだし、、、
これさえあれば、、、フルスペがさらにレベルアップできる、、、そのためなら、、、
はい、廃人決定♪泣

で、取り寄せに約一ヶ月かかりまして、2週間ほど前にようやくゲットしたと言う訳です。

早速、手持ちのLED素子を片っ端から測りましたよ♪
例えば、先日のナイトライドと日亜の365nm対決がこちら↓

365nm LEDs Spectrum

おおお!
やっぱりナイトライドの365nmは最強LEDやわ~♪
ナイトライドより弱い日亜を10倍の値段で買うメリット無いわ~♪汗
もちろんこの後、UV、Violet、Blue、Cyan、とあらゆるLEDを測りまくったですよ。。。

さて、ここでひとつ朗報です。
なんと!? 最強ナイトライドを軽くぶっちぎるモンスター400nm LEDが見つかりました!

モンスター400nm LED

おっと、今回はしばらくチップ情報は伏せておきます(汗)
Epiledsの時は瞬く間に広がって、猫も杓子もEpiledsになりましたからね(笑)

正直、先日のナイトライド以来、もうこれを越える400nm LEDは無いと諦めていました。
だって、1Wドライブで600mWオーバーですぜ? (他社が3Wで稼ぐ光量…汗)
しかし、それでも僅かな望みを託し、次期フルスペKRに採用すべき最強400nm LEDが どこかに存在しないか、ここ半年くらいずっとeco-lampsに探して貰っていました。
実は、425nmについては既にナイトライド並の最強LEDが見つかっていたのですが、それに釣り合う400nm(厳密には395nm)がなかなか見つからなかったのです。
しかし、まさか本当に見つけてくるとは。。。さすが本業がLEDメーカーです♪

そのサンプルが先日届いたので、早速FOIS-1で測ってみた結果がこちら↓

モンスター400nm LEDの波長強度 (訂正:2015/01/21)

* 測定ミスがあったので訂正しました(汗) (2015/01/21)

えっと。。。ナイトライドが子どもに見えるんですが。。。汗
はい、軽く700mWオーバーです♪曝
ちびった。。。

これ、コストさえ見合うなら、絶対に次期フルスペに採用したい!!!
だって、この380-390nm量なら、オージー蛍光タンパクも完全コンプリートでしょ♪
どうか、フルスペが値上げされずに済みますように(-人-;)ナムナム

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


201412月19

LeDio年末セール開始!

この記事を含むタグの全記事リスト: 応援市場

大変遅くなりましたが、LeDio年末セールを開始しました!

よく考えたら、応援市場のLeDioシリーズの更新、かれこれ1年以上も放置してました。。。汗
RS122シリーズのデータも古いままだったし。。。一体いつから放置されてた???汗
と言う訳で、お詫びも込めまして、最安赤札に挑戦です!

とにかく価格をご確認ください♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説