結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20101月03

紫外線LED:各ミドリイシの色彩変移

マリンアクアリウム エイジ 21:53
この記事を含むタグの全記事リスト: LED水槽記録 紫外線LED

各ミドリイシの色彩変移をまとめました。
尚、いずれの画像もカメラのホワイトバランスは太陽光に設定しています。

いつものように、照明環境下での色彩と、自然光相当下での色彩の比較です。
だにミドリイシは2009/12/15と本日との比較、ケントパパミドリイシは2009/12/23と本日との比較です。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます(500KB以上あるので注意)

各ミドリイシの色彩変移

だにミドリイシは、輸送ストレスから回復して以来、順調に推移しています。色彩も赤みが増えてきて、特にUVを強く当てているA.個体の変化が顕著です。やはり今回用意した光環境的に青の波長成分が多いため、スゲミドリイシを赤くするための波長成分は十分に足りているようです。と言うのも、紫外線LEDのピークは約395nm、白LEDの青成分ピークは約440nm、青LEDのピークは約470nmですから、バイオレット~青までの波長帯域が広くカバーされ、赤系のカロテノイド色素の要求波長域をある程度満たしているためでしょう。これにより褐色化も進みますが、白LEDに含まれる緑~橙の波長域により、フィコエリトリン系の鮮やかな赤の色素の発現にも有利に働き(色素が存在した場合)、またUVによるバイオレット色の発現により、特にA.個体の赤みに繋がっているのだと思われます。

一方、ケントパパミドリイシは輸送ストレスはもう脱した気がするけど、光量が足りないのか元々の鮮やかなバイオレットは褪せてきました。特に青みが薄くなり、良く言えば赤っぽく、悪く言えば褐色化に進んでいるようです。これは恐らく、光環境的にだにミドリイシと同様の色彩変移の傾向に進んでいるためでしょう。そして青みの減退の原因がフィコシアニン系色素の減少であるなら、期待していた白LEDに含まれる橙成分が、思ったほど足りていないと言うことかも知れません。あるいはUVによるバイオレットの発現がまだまだ足りないのかも?。但しこれは今後照明を下げて照度を高めていくことで、ある程度はカバーできる可能性はあるでしょう。元々のケントパパ邸での光強度はまだまだ遥か上ですからね。

ところで最近の悩みと言うか疑問と言うか、夜間の消灯時に見られるケントパパミドリイシの刺糸が目立ってきました。日中の照明点灯時はほとんど出ていないのですが、夜間になるとここぞとばかりに出すようになってきています。今、この原因を色々と推察しているところです。

あと、これまで紹介してきた だにミドリイシの色彩変化は、いまいち正しくお伝えし切れていない事に気づきました。それは、正面から見える部位にはほとんど光が当たっていないため、その部分を見せても意味が無かったからです(汗)
と言う訳で、上から撮影した画像を用意してみました。

上から見ただにミドリイシの色彩

特にA.個体は3本の枝がいずれも前屈みであるため、よく考えたらLeDio7 PearlWhiteの光もUV3Wの光も、正面部にはまったく当たっておらず、今までは各枝の先端の僅かな面積分しかお見せできていませんでした(汗)
どうです? 真っ赤でしょ? もう到着時の地味な面影はありません。

次に、正面から見た水槽全体の色彩変化です。
2009/12/23と本日2010/01/03の比較です。

水槽正面からの色彩変移

海水が若干黄ばんできた要因を考慮しても、ケントパパミドリイシの青みの衰退は否めませんね。特にケントパパB.個体の色下がりにはガックシです。。。UVがガンガン当たるケントパパA.個体は益々色濃く見えますが、これについても青みの衰退が強く働いた結果のようです。
うーん。。。早く照明を下げるべきか、あるいは橙を追加してみるか。。。

最後に、カメラの違いによる色彩の見え方について。

カメラによる色彩の違い

あまり意識していませんでしたが、安価な方のCOOLPIX5200では、バイオレットがほとんど写っていないことに気づきました。水面(ガラス面部)に反射したLeDio7+UVブレンド(右端)の中心のUV素子の発色もまったく写っていません。うーん。。。こんな違いがあったとは。。。やはりカメラも高いものを使わないと良い色が出せないようです。
とは言え、COOLPIX5000の方は、実際に目で見えるよりもUVが強調されて写ってます。実際はここまで派手には見えません。CCDの特性なのでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説