結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20108月11

珠洲ヤドカリ紀行

潮だまり観察員 エイジ 06:37
この記事を含むタグの全記事リスト: ヤドカリ散策 能登

海の凪ぎ、我を呼ぶ、それはヤドカリの声。
(サンタマルターエイジ, 2010)

10日から大潮と言うことで、居ても立っても居られやしないぜベイベ。もう今日はホリディ。決めた。行くのだ。だって僕を呼ぶんだもの。いざ!ビキニ見学!もといヤドカリ散策♪

連れがまだ見て無いというので、まずはなぎさドライブウェイへ。
そう。テナガツノヤドカリの元へ♪
潜る娘、走る娘、売るほど居ました。

砂の中からこんにちわ

テナガツノヤドカリ

そして、優雅な漂流者も。
まさに妥協を許さない装飾。。。

青くて綺麗で大きなクラゲ

その後、本日のメインステージへ。
実は去年から目を付けていた穴場だぜ♪
しかし、到着してみて、つくづく自分のいい加減さに驚いた。
輪島やないやん。珠洲やん。
ゴリラちゃうやん。ゴジラやん。
と言うわけで、着いたのは珠洲市のゴジラ岩と言うポイント。

さあ。初の入水式。。。
どわっ!
おほっ!
南紀にも勝るとも劣らない素晴らしい水景!
透明度は、うーん、10Mくらいかな。
水温は、うーん、27度はあったかな。

さて、ドキドキしながら素潜りテスト。
最近、喘息が酷いので、息が心配だったり。。。
うん。でも息は大丈夫っぽい。
それよりも、今日も予定通り耳抜きが辛い。
抜いてる間に息終了♪

で、悪戦苦闘しながら、まずは水深5Mあたりでイクビホンヤドカリをゲット!
でもそれ以外にヤドカリなんてほとんど見かけない。。。
なので磯をグルッと漂流しながら外海へ。
ひぃぃぃ。切り立った根の向こうは、一面の綺麗な砂地でした。
水底まではおよそ10Mくらいかしら。
挑戦するも、無理。絶対無理。死ぬわね。

でも、途中の棚で良いものめっけ♪
イボヤギ(笑)が群生してますやん!
能登にもイボヤギ(曝)が生えてますやん!

キサンゴの群生

水深は6~7Mくらいかな。
本日の体調では活動限界です。
それにしても小さいサンゴだ。
ちくしょ。もっと寄らんかいっ!

キサンゴズームアップ

無理だったので、上の画像をトリミング(曝)
ブレブレですみません。

で、あとで調べたら、ムツサンゴとのことでした。
そう言えば、サンゴらしいサンゴって、能登では初めて見たかも。
ケヤリやイソギンならよく見るんだけども。。。

ちなみに頑張ってムツサンゴまで潜ったご褒美か、またまたイクビゲット♪

以下、本日の成果です。

イクビホンヤドカリ

イクビホンヤドカリ

それにしても、越前でもそうですが、北陸ではイクビホンヤドカリはそれなりの深さでしか見られませんね。何紀なら干潮帯の先端で丘から拾えたんですが。。。もう少しお手柔らかにお願いします。

その他、期待したヤマトホンヤドカリ、ベニホンヤドカリ、アカシマホンヤドカリ、ゴホンアカシマホンヤドカリ、Boninpagurus sp.などは見られず。。。残念。

ところで、今日は珠洲に着くなり突然の雨で、なかなか車から出られず。
で、実際に水に入ったのは正味1時間くらいかしら。
うぅっ。海が足りねぇぇぇ。。。

と言うわけで、近日リベンジを希望します。
よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説