結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



200911月27

もうろうとエコを考える

ブログ エイジ 10:07

考え方は人それぞれですが、これは僕の思うエコのあり方です。

■支持できるエコ

  • レジ袋が有料になった。
  • 利益の一部を環境保全に回す企業が増えた。
  • 徒歩や自転車が増えた。
  • リサイクルを意識した製品作り。

■支持しかねるエコ

  • エコ製品が異様に高かった。
  • 開発過程がエコじゃないもの。
  • ハイブリッド車がすごく高級車に見えた。
  • エコで儲けてる人がいた。

エコに必要なのは、少しの負担と、みんなの参加。
多かれ少なかれ、みんなの善意とボランティア精神が欠かせない。

エコのための犠牲が大きくては意味がない。
結果だけでなく課程もエコでなければ意味がない。

できれば企業にも一肌脱いでもらいたい。
大切な私たちの技術ですが、エコを普及させられるなら、どうぞお使い下さい、と。
むやみに制限したり独占して、エコの浸透を妨げて欲しくない。
国の支援や法律を強化しても良いだろう。

また、どうせエコは売れるから、なんて考えてはいけない。
コストを抑える努力、環境に優しい開発、そして結果の伴ったエコ。
そんなエコなら、消費者からも必然的に応援されるだろう。

エコを儲ける道具にしてはならない。
消費者の善意を無駄にしてはならない。
何より、消費者をだますことは絶対に許されない。

おとといから風邪です。
喉から始まり、関節痛、今は微熱。
まだ少しもうろうとしてます。
今日中に治るかしら。。。
と、布団の中から書いてます(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. ゆーいち 2009/11/27 10:09

    んー地元あたりだとまだスーパーの袋は無料ですね~

    風邪お大事に(;´Д`)

  2. 2. エイジ 2009/11/27 10:14

    アップした瞬間に!?

    僕がいつも行ってるスーパーは有料です。
    お陰でマイバッグにもすっかり慣れました♪
    あ。そう言えば富山か石川から始まったんだっけ。

  3. 3. さえぱぱ 2009/11/27 12:58

    個人的にはエコで儲けるな!とは思いませんが、
    エコを印籠にのーに振り回す世間の風潮は好きになれませんね。
    省エネ、省資源って言い方は好きですが。

    どーも最近はCo2削減だけに偏っている気がしてなりません。
    25%削減?!世界一省エネ省資源に長けた日本が
    25%削減したとしても全世界のCo2の1%ですよ。
    しかも排出権ビジネスって。
    なぜ最も努力してる側がしてない側に金払うねん!
    氏ねミンス!

    とおもっきり脱線?してしまいました。ゴメンちゃい。笑

  4. 4. sakur@ 2009/11/27 19:56

    エコのブームに便乗したエセエコ商品が多いように思われますね。
    ある部分だけクローズアップして省エネだとアピールするけれど
    全体にみると「どこが?」と首を傾げるようなことが多々ありますよね・・・。

    スーパーの袋ですが、私はゴミ袋として使っているので
    マイバックを持参するとゴミ袋不足になるので
    新しいゴミ袋を買うことに・・・それもなぁ。

    お大事に〜

  5. 5. DDJ 2009/11/27 22:35

    初コメ失礼します^^;
    私も近頃のエコブームにはなんだかナーと思ってます。
    エコに走る事自体は悪くはないんですけど、効率を考えてないエコは結果的にエコになってないはずなんですよね。
    例えば、みんながエコ化に賭けるお金を少しずつ集めて火力発電所を最新の設備にするだけでものすごい量のCo2削減できるんですけどねぇ・・
    あー初コメで愚痴ってしまいましたが

    お体お大事にー

  6. 6. エイジ 2009/12/02 02:37

    お留守にしてた上に風邪が治んなかったり仕事が溜まったり。

    さえぱぱさん、
    温暖化が一番目立ってますからね。
    排出権に関しては、地球に払うなら納得なのですが(笑)

    sakur@さん、
    確かにナイロン袋が不足しますね。たまにコンビニで買い物しないと(笑)
    マイバックもただの風潮で終わらなければ良いのだけど。。。

    DDJさん、
    ま、交付金が制限されていけば、いずれそう言う時期が来るでしょうね。
    でも切り替えにいくら掛かるんだろう。。。苦笑

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説