ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ヤドカリ科/Diogenidae


ツノヤドカリ属/Diogenes Dana, 1852


トゲツノヤドカリ/Diogenes edwardsii (de Haan, 1849)

画像 画像 特大画像&印刷支援

本種は鉗脚にヤドカリコテイソギンチャクを付着させています。近似のトゲトゲツノヤドカリはイソギンチャクを付着させないので見分けられます。普段は海底の深いところで生活しているため、なかなか目にすることはありません。
写真の個体は、底曵網で生きたまま捕獲されたものを、どりるさんから頂きました。


トゲトゲツノヤドカリ/Diogenes spinifrons (de Haan, 1849)

画像 画像 特大画像&印刷支援

本種はトゲツノヤドカリのように鉗脚にイソギンチャクを付ける事は無く、また眼柄外縁下部に黒いスポット(泣きボクロ)がある事で区別出来ます。また全体的な色彩は灰褐色でバンド模様も不鮮明で、トゲツノヤドカリのような赤身は帯びていません。
写真の個体は、どりるさんが香川県安芸市の漁港からゴミ漁りでゲットしたものです。


テナガツノヤドカリ/Diogenes nitidimanus Terao, 1913

画像 画像 特大画像&印刷支援

本種はトゲトゲツノヤドカリと比較すると、全体的に明るく黄みを帯び、バンド模様も若干鮮明です。また、眼柄外縁下部の泣きボクロも無く、何と言っても名前が示すとおり異様に長い鉗脚を持っています。更に詳細な識別ポイントとしては、全体的に歩脚のどの部位にも外縁に棘列を持つトゲトゲツノヤドカリとは違い、この種は第一第二両歩脚の指節と第二歩脚前節のそれぞれの外縁に棘列はありません(第一歩脚前節外縁には小棘列があります)。
写真の個体は、どりるさんが香川県観音寺市で採集されたものです。


和名未定/Diogenes pallescens Whitelegge, 1897

画像 画像 画像 画像 特大画像&印刷支援

本種はとても色彩変異が激しい種で、色彩が淡いもの、濃いもの、赤いもの、さまざまです。また私が越前の海岸で採集した個体もほぼこの種と同定されましたが、厳密には複数種の特徴を持っており、解明は今後の課題です。
本種に限らず同属の特徴として砂に潜る性質を持ちます。砂から顔だけ出して何かを考えているようです(?)。
また以前は Diogenes garidineri とされていましたが、2002年に同種のシノニムであることが判明し、Diogenes pallescens へ訂正されました。


ツノヤドカリ属の一種/Diogenes sp. [3]

画像 画像 特大画像&印刷支援

越前の海岸で数匹採集したツノヤドカリで、Diogenes pallescens にも似ているように見えますが、基本的に泥地に近い環境であったため、色彩が良く確認できない状態でした。すぐに千葉県中央博物館の駒井先生へ同定をお願いしたのですが、同属他種の二種に共通する特徴があり、現時点では判定は困難とのことでした。
このように、ツノヤドカリにはまだまだ知られていない種が多く存在すると思われます。新種発見の穴場かも知れませんね。


アンパルツノヤドカリ/Diogenes leptocerus Forest, 1956

画像 画像 特大画像&印刷支援

2008/9の石垣遠征にて確認した新顔のツノヤドカリです。干潟に多いようですが、僕が確認したのは浅い藻場のビーチでした。比較的多くの数が確認できたので、広範囲の環境で生息しているように感じました。
僕の印象では特にD. izanamiに似ているように見えましたが、違いとしては指節が長く緑色がかっていること、眼柄にほくろが数点見られること、くらいでしょうか。やはり非常に小さな種です。


マルテツノヤドカリ/Diogenes avarus Heller, 1865

画像 特大画像&印刷支援

動作が非常に機敏なベントス系の超ミニヤドカリで、環境光が明るいと特に砂に潜る性質があるようです。また特に発達したクシ状の第二触角は浮遊物を捉えるに適しているようで、水槽での観察に於いても触角をブンブン振り回す様子が確認できます。
近年(2004/05)出版された沖縄県の報告書で正式に国内からも報告されました。
写真は沖縄から入荷したものです。
2008/09/26 和名(新称)を追加しました。


和名未定/Diogenes biramous Morgan, 1987

画像 特大画像&印刷支援

比較的地味な色彩の多い同属の中では唯一清楚な印象を受ける種でしょう。とても小型の種で、水深的にも深場で生息するため、流通にのることはまずありません。
本種はヤドカリと言う生き物全体で見ても非常に特徴的な形状の複眼を持ち、なんと眼柄の先端を斜めにスライスしたような面積を複眼が占めています。色彩も綺麗なピンクで、なんだかお洒落なアイラインですね。


ツノヤドカリ属の一種/Diogenes sp. [2]

画像 特大画像&印刷支援

本種は一見すると Diogenes pallescens にも見えますが、眼柄に点在する赤い斑点模様が決定的な違いかと思います。詳細は不明です。


ツノヤドカリ属の一種/Diogenes sp. [1]

画像 特大画像&印刷支援

D. avarus よりも更に第二触角が発達した種で、しかも全身が透き通るような白い色彩を持ち、またそれとは対照的な鮮やかな眼柄を持ちます。眼柄の色彩は表現しにくいとてもカラフルなものです。
写真は宮古島から入荷したものです。


和名未定/Diogenes dorotheae Morgan & Forest, 1991 ?

画像 特大画像&印刷支援

D. avarus よりも更に第二触角が発達した種で、特に浮遊物の捕獲に優れていると思われます。同属の他種としてD. sp.[1] とも似ていますが、本種の方は歩脚に明確なバンド模様が確認できます。
現在、専門科の先生による写真鑑定では「Diogenes dorotheae Morgan &Forest, 1991 ?」との事ですが、機会が有れば標本による精査をお願いしたいと思います。


イザナミツノヤドカリ/Diogenes izanamiae Asakura, 2006

画像 特大画像&印刷支援

2004/7/5に何気なく四国の海岸で採集したツノヤドカリです。干潮時に出来る特にぬかるんだタイドプールに異常な密度で生息していました。

2013/10/21 本種はこれまでD. klaasiとしてご紹介してきましたが、再同定により本種だったことが判明したため、訂正させて頂きました。
D. klaasiだとばかり思っていたので新種記載への関わりを見逃してしまいました(笑)


ツノヤドカリ属の一種/Diogenes sp. [4]

画像 画像 特大画像&印刷支援

沖縄本島や高知等から希に見つかる個体で、D. pallescensに似るが眼柄の縞模様が明確で多いこと、また眼柄自体がやや長いことなどから、不明種として掲載することにしました。


和名未定/Diogenes holthuisi Asakura & Tachikawa, 2010

ホロタイプ 小笠原父島 雄1.39mm 水深5M H. Tachikawa 1993/01/08

Diogenes holthuisi, a new species of hermit crab (Decapoda, Anomura, Diogenidae) from shallow waters of the Ogasawara (Bonin) Islands, Japan
Studies on Malacostraca: Lipke Bijdeley Holthuis Memorial Volume , pp 133-144

新記録(2012/11/26追記):久米島 雌1.3mm 水深70M ドレッジ 2009/09/09

Rahayu, D.L. & M. Osawa, 2012.
Hermit crabs (Crustacea: Decapoda: Diogenidae) from the KUMEJIMA 2009 Expedition, Japan
Zootaxa 3367: 176-190.


和名未定/Diogenes klaasi Rahayu & Forest, 1995

2013/10/21 これまで本種としてご紹介してきた個体は、再同定により Diogenes izanamiae Asakura, 2006/イザナミツノヤドカリ だったことが判明しました。


フサゲツノヤドカリ/Diogenes penicillatus Stimpson, 1858


和名未定/Diogenes tumidus Rahayu & Forest, 1995

KANI-chanさんによれば琉球列島の礫の多い砂泥質の藻場で採集できるとのこと。




「ツノヤドカリ属/Diogenes Dana, 1852」の分類




本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.26 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!