ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


ヒメヤドカリ属/Catapaguroides A. milne Edwards & Bouvier, 1892


ツノメヒメヤドカリ/Catapaguroides foresti McLaughlin, 2002

画像 画像 特大画像&印刷支援

1枚目の個体は石垣産で、写真提供はAkkiiraさんから。
2枚目は高知で採取したモノで、殻自体が2mm程の極小サイズですが、これでも抱卵した成熟個体です。写真はこれが限界でした。
駒井先生によると、眼柄の形状に特徴があり、このように複眼が先端に向かって狭まる種と言うのは希少種との事です。特に浅海域ではこの種くらいしか確認されていないそうです。

2012/11/24 和名追記


マンザガマヒメヤドカリ/Catapaguroides longior Komai, Yamada & Shirakawa, 2010

画像 特大画像&印刷支援

Catapaguroides foresti McLaughlin, 2002/ツノメヒメヤドカリに似たヒメヤドカリの一種が2010年に新種記載されました。ツノメヒメヤドカリに酷似しますが、本種は体格に比べ眼柄が非常に小さく、洞窟で暮らしているためか眼自体が退化傾向にあるようです。写真は角度の問題ではなく本当に眼柄が小さく、複眼もツノメヒメヤドカリのように尖らず丸くなっている様子が伺えると思います。
Calappaさんによれば、「ガマ」は沖縄の方言で「洞窟」だそうです。
画像提供はCalappaさん。

Komai, T., Y Yamada & N. Shirakawa, 2012.
A new hermit crab species of the genus Catapaguroides A. Milne-Edwards & Bouvier (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from the Ryukyu Islands, Japan, and additional record of C. foresti McLaughlin
Zootaxa 2690: 32-42 (2010)


マダラヒメヤドカリ/Catapaguroides fragilis (Melin, 1939)

画像 特大画像&印刷支援

本種もまたカメラマン泣かせなサイズで、甲長も1mmあるかないかでしょう。
それにしても、このようなスケルトンボディに赤いジンマシン模様と言うヤドカリは、Enneopagurus sp. 、Turleania sp. に続き3種目となりました。種を越え属を越え酷似する色彩・・・。奥が深いです。


ヒメヤドカリ属の一種/Catapaguroides sp. [1]

画像 画像 特大画像&印刷支援

2005年に柏島で見つけたヒメヤドカリ属の幼稚体と思われる個体で、まだ形質の特徴が不明瞭ながらも、マダラヒメヤドカリとは明確な違いを持つため、とりあえず不明種として掲載することにしました。
まず、本種は第二触角に白い点(後の縞模様の原型?)が見られることと、眼柄の基色が黄色ではないこと、体が赤くないこと、歩脚の模様が赤い斑点ではなく格子模様であること、等が挙げられます。


ウスイロヒメヤドカリ/Catapaguroides iejimaensis Osawa & Takeda, 2004

画像 画像 特大画像&印刷支援

本種は少し大きな(と言っても C. foresti やマダラヒメヤドカリに比べての話)サイズですが、動作は鈍い・・・と思いきや、危険を察した際の反応は目を見張るものがあります。なんと後方へ勢い良く飛び跳ねるのです。それ以外の時はジッと固まっていますが・・・。
またツノヤドカリのように砂に潜る性質も持っています。
また体色の模様以外の部位は透き通っています。
2007/4 私の独断による写真判定にて本種としました。機会が有れば同定して頂こうと思います。


モクバヒメヤドカリ/Catapaguroides umbra Komai, 2009

画像 特大画像&印刷支援

2008/12に竹富島から、2009/03に沖縄本島南部から採取された標本に基づき記載されたヒメヤドカリの新種。標本データによると、いずれも甲長で0.6~0.83mmと非常に小さな種であることが判る。
calappaさんのページに写真がある。画像はcalappaさん提供。

関連論文:Komai, T. 2009. A New Species of the Hermit Crab Genus Catapaguroides (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from Shallow Water in the Ryukyu Islands, Japan. Species Diversity, 2009, 14, 197-205


和名未定/Catapaguroides kasei Osawa & Takeda, 2004

2012/11/24 追記
→ Catapaguroides foresti McLaughlin, 2002 のシノニム

Komai, T., Y Yamada & N. Shirakawa, 2012.
A new hermit crab species of the genus Catapaguroides A. Milne-Edwards & Bouvier (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from the Ryukyu Islands, Japan, and additional record of C. foresti McLaughlin
Zootaxa 2690: 32-42 (2010)


ヒラテヒメヤドカリ/Catapaguroides cristimanus de Saint Laurent, 1968


ヒメヤドカリ/Catapaguroides japonicus de Saint Laurent, 1968




「ヒメヤドカリ属/Catapaguroides A. milne Edwards & Bouvier, 1892」の分類




本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.29 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報!