1.023world > ニュースリリース

損害賠償等請求事件の被告(同業会社代表)が第一回公判を欠席。
逆に移送申立を請求するも裁判所は請求を却下。

2017年7月28日

 アクアリウム用LED製品の設計・販売をはじめ、マリンアクアリウムに関する情報発信を行っている コミュニティサイト1.023worldを運営する 明林永二 (石川県金沢市) は、 べっぴん珊瑚代表 山崎純一 (大阪府堺市) に対し、 名誉毀損 及び 信用毀損 及び 営業誹謗行為 に対する 損害賠償等請求(平成29年(ワ)第206号) を金沢地方裁判所に提訴し、 その公判が去る7月6日に執り行われました。 しかし、被告の山崎純一および代理人弁護士は欠席するとともに、 逆に審理を大阪地裁へ移すように移送申立を請求してきたため、審理は一時中断していましたが、 この度、金沢地裁から移送申立を却下する判決が下されました。

1) 経緯

 今回の提訴は、2015年11月に2ちゃんねる掲示板(以下、2ch)上で、 匿名による何者かが「当方が迷惑行為(成り済ましによる荒らし行為)を行っている」 という虚偽の記述を執拗に繰り返し書き込んだことに端を発し、 当方が2ch及び該当プロバイダに対しIPアドレス及び発信者情報の開示請求を行ったところ、 2016年9月15日の東京地方裁判所の完全勝訴判決(平成28年(ワ)第15951号)により、 「該当の書き込みはいずれも明らかな名誉毀損である」との認定がなされたと同時に、 開示された発信者が べっぴん珊瑚代表 山崎純一氏 (ハンドル名:ミニミニ) だったことが判明したため、この度べっぴん珊瑚代表 山崎純一を被告とする 名誉毀損 及び 信用毀損 及び 営業誹謗行為 に対する損害賠償等請求 を金沢地方裁判所に提訴した次第です。

 一方、山崎純一は6月3日に、何故か「10月29日」の日付で 「自称スペクトルデザイナーに対し威力業務妨害で「提訴」準備」 と題するブログ記事を掲載(現在は削除→魚拓)。 損害賠償請求事件で訴えられた身でありながら、この期に及んでまさかの更なる誹謗中傷を多数掲載しました。 しかも当方のブログ記事のキャプチャを貼り、「2chに『業界のガン細胞』と投稿した証拠だ」と持論を展開し、 あたかも2chで被告を誹謗中傷していた消臭元(2ch上の人物)の正体は当方である、との印象操作を行いました。 もちろん直ちに当方弁護士に報告いたしました。
また、6月7日の自身のfacebookでは 以下のような記事を投稿しました。

自称スペクトルデザイナーに威力業務妨害罪及び恐喝罪及びプライバシー侵害罪で提訴。サイト削除の仮処分と大阪地方裁判所に移送の申し立てを行います。

そもそも妄想癖があるせいか嘘だらけでそれも裁判で真実が証明させる事しょう。本当の業界のガン細胞はどっちか?!これ弁護士に訪ねても業界のガン細胞と書く人はまず居ないから証拠になるそうです。

実は去年からスーパーカー屋さんの紹介で豪腕弁護士と訴訟を起こす準備をしていました。東大法学部卒、東大法学政治研究所卒、そして大阪府議員の経歴とはスペックが凄い。弁護士と相談しながら更新します。

ここでも「妄想癖がある」「嘘だらけ」等の誹謗中傷を繰り返しています。同じく当方弁護士に報告しました。
ただ、ブログ記事については現時点で既に削除されているため、代理人弁護士から注意を受けたのかも知れません。

 いずれにしても、被告がどのような発言をおこなおうとも それが当方に対する誹謗中傷・名誉毀損であれば、当方はあくまで法的に訴えるまでです。 これまでもこれからも同じです。 とは言え、あまりに被告の妄想と言動が過ぎるので、これまで敢えて言わなかった弁を ここでわざわざ言わなければならないのかと憤慨しつつも、以下に記しておきます。

2chに於いて、「ガン細胞」の投稿者であれ、「消臭元」の正体であれ、被告が誰と争おうと自由ですが、 やるなら法的に徹底的に暴いて、証拠を突き止め、「その人」と争いなさい。 勝手な妄想で当方を巻き込むことは許しません。
当方に於いては、2chで受けた名誉毀損の発信者を法的に山崎純一氏と特定したので、 彼に対する損害賠償請求を進めていくだけです。 被告に於いては、自分の愚行に気づき、しっかり反省して、罪を悔いて欲しいと思います。

2) 今後の対応

 今回、被告による移送申立は却下されましたが、今後さらに抗告してくる可能性があるため、 引き続き進捗を報告して参りたいと思います。

本リリースに関するお問い合わせ
1.023world
info@1023world.net