まりんちゅシティ



yosihiro

転入 7年前 ホームページ RSSフィード

我が家の水槽ECOMINI40cm水槽

ページビュー(3378)

更新日
2012/2/20
タイトル
我が家の水槽ECOMINI40cm水槽
システム
外部濾過+スキマー併用方式 (安定後はミラクルマッド方式にする)
水槽サイズ
約40cm
設置日時
2010年10月1日
照明類
LED クリスタルエリート32w
スキマー
プリズムから河童小に変更
リアクター
なし、(その代わりにEHAIM500を装備)
UV殺菌灯
なし
クーラー
なし
ヒーター
100w
ポンプ類
RIO600(標準装備) 背面ろ過方式 (ドライボールやリン酸塩除去フィルター付き)
浄水器
なし
使用海水
REDSEA CORAL PRO
換水サイクル
1週間に20〜30%程度 半年に1度大掃除
生体
ソメワケヤッコ、フチドリハナダイ

浅場ミドリイシ、コナガレハナサンゴ、、ハナヤサイサンゴ、スターポリプ2種、ディスク2種、オオタバサンゴ、、ウネタケ、ボタングリーンなど
岩・砂
アラゴサンド 1cm程度
シュアー ・メガバイト・DELL・テトラフレークなど
添加剤
REEFCAREPROPRAM各種
比重
1.025程度
水温
25℃
pH(ペーハー)
8
KH(炭酸塩硬度)
8〜9
ORP(酸化還元電位)
不明
栄養塩(硝酸・リン等)
NO3 5〜10mg程度(立ち上げから1ヶ月)現在3mg(2ヵ月経過)
病気・症例
NO3PO4-Xは定量を入れていたがチョウジガイ属のサンゴはどうやら溶けるみたいである。注意されたし。
その他

2011年10月立ち上げ。30cmキューブ水槽はひととおり目的を達成したので終了しサイズUPを図りミドリイシ以外のサンゴを飼育する目的で立ち上げた。
・NO3はリッターあたり20mg程度まで許容できるサンゴを集める。
・スキマーなしのミラクルマッドシステムに移行する計画により45cmで展開中のBP継続運用はしない方針ですすめる。
・当初は水質安定のためにプリズムを併用するが安定後はミラクルマッド方式に変換するつもり。

<PHASE1>
10月1日に立ち上げ1ヶ月経過した。立ち上げから1ヶ月経過したのでミラクルマッド方式に変更。スキマーはプリズムより威力の弱い 河童(小)に変更した。
エーハイム500を併用し早急にバクテリアの増加をもくろんだ作戦は功を奏し
NH3 0.25ppm NO2 0.05〜0.1ppm NO3 3〜5ppm で安定した状態。
しかし、エーハイムの清掃時にバクテリアを大量にながしてしまいNO2が一時期上昇しその影響かハナサンゴの枝1本がとけた。

<PHASE2>
12月17日現在で2ヵ月半経過。非常に好調である。バクテリアの定着も安定し
ミラクルマッドの効果によりサンゴに活力が出てきている。NO3は3mg/liter。
水槽に付随しているLED6Wのレフュジウムにホソジュズモを栽培しているが
枯れもせずに成長している。ただしチョウジガイ属のサンゴは炭素源添加に弱いようでハナサンゴは調子が出ない。
ハナヤサイサンゴはミラクルマッドの効力で活力をとりもどしており全体的にサンゴの調子は良いのが特徴である。(以下参照されたし)
http://blog.goo.ne.jp/goodman2008/e/465de3d4aea079a2ee5f5249...

<PHASE3>
2月20日で今月末には半年経過するECOMINI。当初ECOMINIは30cmキューブの代替ぐらいにしか考えておらず、ミラクルマッドなどどうでもいいと正直思っていた。しかしエコアクアリユム社のCEO Mr.Leng Sy氏に質問したりビデオを見ているとマッドシステムはなかなかあなどれない方式で、スキマーが不要という常を覆す方式が大変順調に推移しているのを知る。これからのシステムはマッド方式を併用する飼育方式が主流になるかもしれない。ミラクルマッドは他のマッド販売の物と
は異なり成分を絶妙に配合してあるのでNO3が1mg/liter以上ある水質でもミドリイシがきれいな色上がりを見せる。
http://www.youtube.com/watch?v=ec6iWXiLWlI
ロリペスは好調であったが不注意で比重調整をミスった結果とけた。


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

yosihiroさんのマイホームへ戻る


0.17 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説