まりんちゅシティ



yo-c

転入 8年前 ホームページ RSSフィード

AlagaGen

ページビュー(2433)

更新日
2009/7/6
タイトル
AlagaGen
レビュー

気になってたLSS研究所のプランクトンをゲット
植物性プランクトン「Phyco Pure」
動物性プランクトン「ロティファ」

サンゴや魚達のエサになるらしい
水替えして少し投入してみたけど…
ビコピュア(植物性プランクトン)のスメルにやられました。
ホンマに生きてるの?って匂い。さすがピラミッドの底辺。
ロティファはそんな匂いしないんだけど。。

リフジウム・メインタンクに恐る恐る入れてみました。
規定量は無視して、約150Lに対し10ccくらい。
目に見えてどうかはわかりませんが、2年間同じライブロックを使ってますし
単純になってしまっている生物層?が少しでも自然の海に近づけば…と
思っています。

普段、引きこもり気味のハタタテハゼが珍しく水槽前面に出てくるので
多分、プランクトンを補食しているのでしょうね。

ちなみに、スキマー噴火を予想していましたが、全然噴火しませんでした。

メーカーページ


ブックマーク


コメント


エイジプロフィール 2009/07/06 19:42
こういう便利なモノがあるんですね。
酸素も入っているんでしょうか?
ロテイファの方は、何か動いて見えますか?
容量は何ccくらいですか?
yo-cプロフィール 2009/07/06 21:46
はじめまして。
容量は目分量ですが200cc程度ではないかなと思われます。
ロティファは何か漂っていますが、動いているかどうかわかりません。

酸素は入っている感じではありません。
おそらく休眠状態でのパッキングではないでしょうか。
エイジプロフィール 2009/07/07 09:03
ありがとうございます。
確かにパッキングの時点で生理的にシストになるのかも知れませんね。
面白いです。機会があったら入手して検鏡してみたいと思います。

海人用
海人用

*必須入力項目

yo-cさんのマイホームへ戻る


0.16 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!