まりんちゅシティ



キヨシ

転入 6年前

バイオアクティフ化させました。

ページビュー(4710)

更新日
2013/10/23
タイトル
バイオアクティフ化させました。
レビュー

9月30日にSPS10月6日にLPS水槽をバイオアクティフ化しました。
1500の水槽はまずサンゴを60a水槽と200gのタマローリーになんとか入れました。
ライブロックを出しハネモやウミブドウや松の葉みたいな硬いコケをとり
30分の淡水浴をして、底砂をいったんだして荒いめの砂だけを薄くしきました。
サンプのエコ層をとりスキマーの洗浄、バイオペレットリアクターのセッティング、
ライブロックのレイアウトを適当にして
前日にバイオアクティフシーソルトで作っておいた海水を入れて一息ついてると
なんかなかなかたまってこないなあとおもって
配管の排水バルブを見ると閉めるのを忘れており慌ててしめました!(~ω~;)))
結局そのあとサンゴの入れてある海水をできるだけつかって回しました。
子供の送り迎えなども間にはさんで1日目終了!(o´Д`)=з
2日目は月曜日で仕事!朝になっても白濁りしていましたが 早起きして少しだけ
サンゴをもどし仕事にいっちゃいました。
夕方帰ってからタマローリー中の水が結構白濁していたので
レイアウト考えずにほりこみました。
リセットのダメージとハネモ処理にバディングしたのですっきりした感じになりました。(´;ω;`)
まだ何個体かダメになりそうです。(止まれ!)
立ち上げ24日でアンモニア亜硝酸硝酸塩0ハンナでリン酸塩0.04まできてます。
LPSの方は順調にいってます!
魚は0ですがサンゴにマリンスノーなど液体餌や固形餌毎日1回バンバンやってますがアンモニア亜硝酸硝酸塩0ハンナでリン酸塩0.08です。


ブックマーク


コメント


TAKA 2013/10/24 04:35
海外でもBioactifをシステムとして運用している人は聞いたことがないので、非常に興味があります。塩もBioActifを使用されているようですが、TropicMarinのバイオペレットと併用して炭素源の過剰添加にはならないのでしょうか?何分マニュアルなども存在していない状態ですので興味深いです。
キヨシプロフィール 2013/10/24 18:39
コメントありがとうございます。
お店で運用されていたのはLPSの水槽でしたが
カクオオトゲ、ハナガタ、マメスナ、陰日性サンゴなど
特にヤギなどは、サンプの中いっぱいになる勢いで成長していました。
1カ月は、コケが出ていたらしいのですが、
その頃に掃除してから全然出なくなったらしいです。
毎日バンバン白濁するぐらい餌をやっていました。
サンゴが今までは原因不明で死ななくなったらしいです。
こないだ行った時に限界値を知りたいから試してたら
3カ月目ぐらいやけど、チョットコケ出だしたわ!て
言ってました。ウチも結構やってるので今のところ
少し出てます。まだ18日目ですが、だんだん安定してくるか見ているところです。
SPSの方はショップではLPSの水槽の中にミドリイシを入れて実験してました。
通常のSPSの水槽より悪条件で1個体だけ白化チャイロイシが少しグリーンがでてきてました。
まだわかりませんがLPSにはいいと思います。
SPSはまだわからないですね。
ゼオビットはあまり知識がないので炭素源の過剰添加による症状は
栄養塩の上昇?サンゴの白化?それは部分的?根元から?
どんな風になるのですか?
一応ウチの水槽は比重1.025だったのでそこから始めて
水換えごとに1.023までおとすつもりです。
ペレット、添加材は少しだけ少なめにしています。
takaプロフィール 2013/10/29 01:47
ども〜
炭素源の過剰添加は、水槽水の白濁や白化を起こす原因となると理解しています。水槽水の白濁は、バクテリアの異常繁殖によるものだとおもいますが、その場合は、酸欠になってサンゴ以外の生体にも影響があるかと思います。
Actifソルトには、ビタミン類も入っているような書き込みを海外掲示板でみたことあります。顕著に効果を実感する人もいれば、そうでない人もいるみたいです。マニュアルがあればもっと普及するとおもうんですけどねえ。
キヨシプロフィール 2013/10/30 22:47
takaさん
ありがとうございます。
そういえば、立ち上げ時3日間白濁しました。
そのあとバートレッドアンティアスとベニヒレのメスが行方不明になりました。
そのあとは、順調に透明になり、今はリン酸塩4ppbまできました。
ミドリイシは少しずつ白化しているのが何個体かあります((T_T))
が、スパスラータは無事で少しずつ色が戻ってきてます。
今ではペレットの量も添加材も全て既定量道理入れて順調に超低栄養塩になってきてます。ゼオのような色上げシステムではないようですが!
まだ一ヶ月ですが
LPSの水槽陰日性のサンゴには餌をやれるので良いように思います。
SPSのほうも今年中はセオリー道理やってみます。
来年から少しずつ色々試していくつもりです。
takaプロフィール 2013/11/05 08:48
これからもレポ楽しみにしております。
siokazeプロフィール 2013/11/06 23:21
こんばんは
初めましてsiokazeと申します。

私も同じくバイオアクティフで運用しています。

バイオペレットなんですが、規定量より少なめのほうが、安全なような気がします。

あと、NPバクトバランスの添加はお気を付けください。添加しすぎると簡単に崩壊します。私は一回やらかしました(泣)
NPバクトバランスを使う際は、Kエレメントはいらないと書かれていますが、NPバクトバランスとKエレメントを組み合わせて添加される方がいいと思います。

あと、Beで勧められたんですが、オーガニックっていう添加材を使うといいみたいです。
キヨシプロフィール 2013/11/07 22:10
siokazeさんコメントありがとうございます
実はsiokazeさんのスペック拝見して大変参考にさせてもらってました
読み逃げばかりですいません
私もBeで勧められてオーガニック使ってます
おもにLPSの方にですがSPSの方は2回ほど添加しました
今はLPSにだけ毎日やっていていい感じに反応しています
LPSの水槽は毎日餌をやっているのでハンナの低濃度リン酸塩試薬で0.08前後ぐらいです 状態もいい感じです
SPSの水槽はハンナの超低濃度試薬で目標値の0ppbまできました
ただミドリイシの状態の方はあまり良くないです
一気にではありませんが少しずつ根元から白化してきてるのが何個かあり
止まりそうで止まらない感じです
リセット後に入れたのは今のところ大丈夫のようですが
まだリセットのダメージがあるのかわかりません
Beで炭素源の過剰添加したら白濁するってききましたが透明です
バクテリアも1週間にバイオダイジェスト2アンプル2回ほどいれてます
入れすぎかな?
さすがコモン、ショウガは元気です
それとスパスラータ4個は大丈夫です
ダメなのはキクハナガサ、ハイマツ、ウスエダ?トゲホソエダ、スゲです
自分で配管したので何かサンゴに悪いものが溶け出してるのかなと考えますが思い当たりません
しばらく入海させずにおとなしくするつもりです
スカスカになったりして(´;ω;`)
システムは良いとおもいますよ自分にスキルが無いだけです
焦らずボチボチやります金欠だし(笑)
siokazeプロフィール 2013/11/07 22:35
水槽スペック見ていただけてたんですね。ありがとうございます!

SPSの根元からの白化ですが、僕もやりだしたころ、何回か経験しました。

はじめはペレットを規定量より少な目で調子が良かったのですが、調子に乗ってバイオペレットを増加させてからそのような事態に陥りました。しかも、仰られているサンゴの種類とほぼ一緒です(汗)。

もう一回はNPバクトバランスを過剰添加した時です。タンクの水量自体が少ないので調整が難しいんです。その時も同様の事態に陥りました。

いずれの時も、炭素源が過剰に添加されたことが白化の原因だと思っていますが、その時、飼育水は白濁せず、透明でした。

一度、バイオペレット等を減らされた方がいいかもしれません。
ハンナを持っていないのでppbはわかりませんが、規定量の半分でも十分に硝酸塩とリン酸塩を0ppmにはできています。

ある記事でも見たのですが、バイオアクティフの講習会では規定量を最大値としてみてくださいと言われていたみたいですし…

あと、NPバクトバランスは毎日ではなく、週に2から3回程度を少な目に添加しています。ただこれは私がビビってるだけですが…(笑)

うまくいけばソフト系は大繁殖しますのでご注意を!
キヨシプロフィール 2013/11/08 10:13
貴重な情報ありがとうございます。
早速今日帰ったらやってみます。
siokazeプロフィール 2013/11/08 17:38
昨日のコメントで書き忘れたんですが…
ご存知かもしれませんが、KHがベルリン並みでも同様の状態になるみたいです。
バクテリアが多い状態ですので、KHが高いとRTNやSTNなどの感染症にかかりやすくなるみたいですね。

KHは7から8ぐらいがやってきた中ではいいと思います。

あと、これは講習会で言われていたみたいなんですが、立ち上げ当初はミドリイシのKHの吸収力が安定しないみたいで、KHの変動がよくあるみたいです。こまめにはかった方がいいのかもしれません。

バクテリアなんですが、1種類を多く入れるより数種使った方がいいんじゃないかと思っています。
バイオアクティフシステムって、バイオペレット(固形)とNPバクトバランス(液体)による形の違う複数の炭素源を使うことによって、バクテリアの多様化を狙い、超低栄養塩化をねらうシステムだったと思うんですが…(間違えてたらごめんなさい(>_<))

そのバクテリアの多様化を図るシステムで、入れるバクテリアが1メーカーだっけってのもどうかな?と思い、うちではバイオダイジェストとマメバクテリアの2種類入れています。種類はなんでもいいみたいです。
キヨシプロフィール 2013/11/08 22:36
siokazeさん何度もありがとうございます。
一応Beの早山さんからKH6ぐらいが良いと教えてもらってたので
立ち上げからそれぐらいにしてましたが最近はかってなかったので
さっきはかってみたら6.5でした。
バクテリアは立ち上げ時にバイオダイジェストを
3日間2アンプル(SPS水槽)1アンプル(LPS水槽)
B4マリンを3日に1度初回多め2回目からその半分ずつ5回ほど添加しました。
その後はバイオダイジェストだけ1週間2回程度(適当ですが)1か2アンプル
です。なくなったらサイクルにしようと買っておいたので
今日から2種類入れ始めました。ダイジェストなくなったら
ZEOBACいれよかな(笑)
あ さっきSPS LPS 共にペレット半分にしました。
少しの間バクトバランス止めてみます。

takaさんも言っておられたんですが塩もリーフアクティフも炭素源なんですね?
早山さんも白濁した場合はどうしたらいいのて聞いたら
ほっとかなしゃーないて言ってました。(透明ですが)(#^.^#)
困った時の水換えができんシステムですね。
(リーフクリスタルで薄めよか)(-^〇^-)(せっかくの高級塩がもったいない)
感謝感謝のアドバイス(=^0^=)
頑張ってみます。アクアテンション上昇しました。
本当にありがとうございます。
siokazeプロフィール 2013/11/08 23:03
いえいえ^^;
うまく立て直せるといいですね。

やはりバイオアクティフの欠点はマニュアルがないことですよね(>_<)

beでお会いできたら、ぜひぜひ情報交換しましょう!

海人用
海人用

*必須入力項目

キヨシさんのマイホームへ戻る


0.26 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説