まりんちゅシティ



koh

転入 8年前

いろいろあった今日。

ページビュー(1913)

更新日
2009/7/11
タイトル
いろいろあった今日。
レビュー

久しぶりにレビュー書きますが・・・悲しい話題です。

今日、仕事から帰っていつものように水槽を覗くと・・・なんと、水槽前面でカクレが動かなくなっているではありませんか。さらにもう一匹も右横のライブロックに挟まるようにして動かず。予期せぬ突然の出来事です。

特に病気らしい病気の兆候もなく、取り出して観察してみましたが体には傷もなければ他にも気になるようなところは特になく。水質も慌てて検査しましたが、いつもに比べて大きな変化はありません。ハタゴイソギンもいつもどおりの様子だし、ギンガハゼも・・・
・・・?
・・・「なにそれ??」
いつもどおり棲家から顔を出したギンガハゼの口から、白いポンポンが繋がったような何かが出ています。それを撒き散らすように棲家に戻ったギンガハゼ。よくよく見ると、どうやら口の中で卵を持っていたらしく。小さな白い粒ひとつひとつに目が付いていました。カクレが☆になったショックから水槽の中を弄り回してしまい、びっくりして出しちゃったんですね、きっと。

時間がたって冷静になるほど、カクレとギンガにごめんなさいの気持ちが沸いてきます。もっとも、カクレの死因はまったくといって良いほど想像が付かず、ギンガの卵も、仮に孵化しても育てることはできないんですが・・・。ショック。その一言です。

幸い、ギンガハゼは元気そうなのでそれが救いですが、カクレの死因。場合によっては今いる生体に何かが起きないとも限らず不安な気持ちもあり。ギンガが卵を持っていたので襲われた可能性もありますが、カクレの体に傷はなく、水槽内の変化といえば2週間以上前にライブロックを投入したこと。ただこれも、もし見えないところにカニやシャコやカーリーがいたとして、半月も経って突然、しかも2匹同時に、というのが想像もつかず。水質は前述の通り大きな変化はなく、それに水質悪化なら最初にハタゴが影響を受けそうなものですし。まったくの謎なんです。

こちらのサイトでは経験豊富な方が多いので、もし何か思い当たることがあったらアドバイスいただけると嬉しいです。すでにカクレが不在となったことでハタゴの挙動がいつもと違い、余計に不安をあおられます。

やっぱり海水飼育は難しい、と痛感した今日この頃です。

-------------------------------------------------------------
追記です。

このレビューを書いた翌日に仕事から帰ると子供が「パパ、エビさんが死んでる」と駆け寄ってきました。見てみると、3匹いたイソギンチャクモエビが全員☆に。しかも今度は明らかに頭を齧られた跡が。元気な生態はヤドカリとイソギンと・・・・ギンガハゼ。

やはりお前たちか。

カクレに傷がなかったという謎こそ残れど、同種ごとに☆になる流れを考えれば他は考えにくい状況かと。半年以上問題なく混泳していたのにこんなことが起きるとは・・・。

やっぱり、生き物の飼育は奥が深く難しいですね。


ブックマーク


コメント


エイジプロフィール 2009/07/11 17:22
硝酸もリンも問題はありませんか?
写真では富栄養の典型のような印象を受けました。
強制濾過でナチュラルスタイルを維持するのは難しいので、どちらかに割り切ると良いかも知れません。

あと、エビが死んでいたらヤドカリにとってはご馳走になりますが、ヤドカリがエビを直接殺すことはありませんよ。
kohプロフィール 2009/07/11 18:19
エイジさん、コメントありがとうございます。

硝酸は10〜15位で、水槽始めてから大きな変動はありません(忙しくて水替えができなかったときに50近くまで上がった経験はありますが)。リン酸はまだ測定したことがないので、近いうちに測ってみます。システムについてはいかんせん初心者がいじり回している段階なので、どうすればいいのか、まだ迷っているところがあります。45cm水槽が家では限界のサイズなので、ここからどう良くしていけるか、もっと勉強していきたいと思います。

あと、犯人についてはギンガハゼだと思っています。ヤドカリはブルーレッグなので襲いかかることはないと思っています。結構臆病で、ちょっと動くとすぐ巣穴に戻ってしまうギンガハゼが・・・という思いもありますが、ギンガの威嚇時の口の大きさなら、イソギンチャクモエビの頭をひと噛みでいけますからね。エビ君は残念ですが、ヤドカリ達の栄養になってもらいました。

海人用
海人用

*必須入力項目

kohさんのマイホームへ戻る


0.19 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説