まりんちゅシティ



koh

転入 8年前

我家の水槽A

ページビュー(2245)

更新日
2008/12/19
タイトル
我家の水槽A
レビュー

我家の水槽紹介シリーズ第二弾・・・って、2個しかないけど。

本来は前述のフグ水槽だけでずっと行く予定でした。しかし、海水濃度に上がったフグ水槽に無謀な挑戦を・・・そう、カクレクマノミです。

2008年9月28日、我家の仲間入りをしたカクレ2匹。ミドリフグが他魚との混泳に向かないことも十分承知の上、ネットで数例の成功例を見て購入してしまいました(今思えば、成功してる方の水槽はちゃんとした大きさのものでしたが)。我家のフグ水槽は変則30キューブ。そりゃあ、狭いからカクレのヒラヒラ泳ぎがミドリフグの視界に入りまくるわけです。

で、当然のごとく事件発生。数日に一度、カクレのヒレが減っていく。予想できる結果ですが、カクレクマノミはカジラレクマノミとなってしまい、痛々しい姿と対面する毎日。で、もうひとつ水槽を作ることにしたんです。

天敵のいない水槽でのびのび泳ぐカクレ。

で、初心者にありがちな発想で「カクレにはイソギンだ」とばかりにイソギンチャク飼育のお勉強。結構時間かけましたね。最初はなんとかハタゴを飼いたいと思っていたのですが、いくつもの葛藤を経て初心者むけなタマイタダキイソギンチャクに照準を絞り。

2008年11月5日、あっさりと購入。

じゃあ、(これも初心者ならでは、ですよね)刺胞毒が弱いから他にも魚をってことで今度は底で暮らす魚を・・・・と、無謀にもランドールピストルシュリンプとギンガハゼを同時購入。家に着いたのはイソギンより1日早い11月4日でした。

賑やかになった水槽を見てニヤニヤするのもほんの束の間。どうやら水合わせの失敗でランドール君が早くも☆に。

かなりヘコみました。まがりなりにも、水槽はじめて最初のお別れです。

相棒がいなくなったことを知らず(いや、まだ出会ってなかったか)、ギンガハゼ君は元気です。岩の穴に隠れながら、時折水槽の中ほどでホバリングしてみたり、おとなしい割には見てて飽きない感じです。

ただ、棲家にカクレが近づくと攻撃します。一度、カクレの片方が右わき腹をやられて悶絶してました。

今現在のタンクメイトはカクレx2、タマイタ、ギンガの4匹です。なにぶん狭い水槽なのですが、もうちょっと・・・という考えが抑えられません。

きっともうすぐ、新たな・・・ね。


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

kohさんのマイホームへ戻る


0.17 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説