まりんちゅシティ



hige

転入 8年前

アマモ水槽のその後

ページビュー(4639)

更新日
2010/1/17
タイトル
アマモ水槽のその後
レビュー

立ち上げ後7ヶ月がたちました。
立ち上げ時に移植したアマモも環境になれ、ライト点灯時は盛んに酸素を供給してくれています。
向かって左側は、4000Kのネオビームを当てています。右側は10000K。
やはり左側の方が密度は高いようです。
ただ、ウミヒルモは、強い光が嫌いなようで、直下には余り芽を出しません。
照明からちょっと外れた部分にライナーを伸ばし、砂のないところまで侵略しています。
ワラワラはなかなか湧いてくれませんが、シッタカ、ターボスネール、カノコ貝などのベビーが一生懸命コケを食べてくれています。
ちょっと前にシアノが発生しましたが、燐酸吸着剤と活性炭を導入し、なんとか対処できました。
こんど、プランクトンパックを導入し、種の多様性を維持する予定です。


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

higeさんのマイホームへ戻る


0.29 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説