まりんちゅシティ



Tank

転入 8年前

次はサンプがやって来た 【前振り編】

ページビュー(2787)

更新日
2011/1/15
タイトル
次はサンプがやって来た 【前振り編】
レビュー

みなさん、こんばんは。
前回のスキマー紹介からだいぶ経ってしまいましたが、サンプ寸法を決定し発注。あっという間に出来上がってきましたので、合っ体〜。
W800×D350×300H 塩ビです。
↓「すいそうやさん」にお願いしました。
http://suisouyasan.com/

今はW900×D300×H360の60規格を長くしたような水槽をサンプにしていますので、水の蒸発で水位が変わってしまいます。インサンプ仕様のスキマーの大半は水位が変わることで能力が変化したり、排水の音も変化します。

そこで、今回は仕切りを設けたことでスキマー側(OF落水側)の水位は変化しません。蒸発による水位変化は右の槽(揚水ポンプ給水側)だけになります。
右側の容量は「1日の最大蒸発量×留守にする可能性がある日数」以上はないといけません。それに加えて左側は換水量も考慮したり、サンプに入れる可能性がある機材のスペースも考慮しながら仕切り板の位置を決めなければなりません。

この仕切り板を越える水の勢いを利用して吸着剤を設置すればポンプ電力は不要になります。

キャビネットの間口ピッタリで入る予定なんだけど・・・ヤバいかも。

まだつづく


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

Tankさんのマイホームへ戻る


0.15 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説