まりんちゅシティ



Tank

転入 8年前

ヨウ素添加は欠かせない?

ページビュー(2328)

更新日
2010/11/3
タイトル
ヨウ素添加は欠かせない?
レビュー

みなさん、こんにちは。

添加剤の話になると、添加剤を使用するか否かの議論の中によく「ヨウ素だけ」添加etc・・という話が出てきますよね。
最近調子悪いし、「本当のところどうなん?」ってことで、ヨウ素濃度を測定するしかないでしょう。
今回は手っ取り早くレッドシーの試薬を購入。ELO爺ごめん^^
(試薬の精度についての信憑性は???ですが、ある程度の目安や基準として見ていきましょ)

手っ取り早く買ったわりには、使用方法が全く手っ取り早くいきません><
温度合わせが必要な試薬って初めて!
サンプルにRO水と水槽水を使用するのでRO水を水槽に浮かべて温度合わせしなければいけません。

で、結果はと言うと・・・(色が薄い方が結果です)
カラーチャートの下限値0.09ppmに極めて近い色です。
説明書によると強い酸化性質によりアイオディンレベルが0.08ppmを越えるとバクテリアに深刻な害を与え、サンゴのデリケートなやわらかい組織に激しいダメージを与えると・・・サンゴ水槽では0.05〜0.07ppmの間で維持し、決して0.08ppmを超えないように・・・(一部省略)

まずいじゃん(沈)

説明書をよく読み返すと、海藻・イソギンチャク・ソフトコーラルという言葉は出て来ますが、ハードコーラルとかミドリイシという言葉は出てきません。

なので・・・良しとしとくかっ(曝)

その後ヨウ素添加を中止したのは言うまでもない。

オレにはブライトウェルのアイオディオンよりケントのテック・Iの方が合っていたのかも^^


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

Tankさんのマイホームへ戻る


0.26 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説