まりんちゅシティ



resp

転入 5年前

カクレクマノミ&ヤドカリ水槽

ページビュー(2456)

更新日
2013/2/4
タイトル
カクレクマノミ&ヤドカリ水槽
システム
外掛けフィルター+エアリフト底面フィルター+バイオペレット
水槽サイズ
24インチ x 17インチ x 12インチ (約60センチ x 43センチ x 30センチ)
設置日時
2011年9月末、2012年11月末、10ガロンから20ガロンにupgrade。
照明類
蛍光灯(Aqueon Full Spectrum Daylight 8000K T8 15W、Feit 6500K CFL 13 W x 2、Feit blue CFL 13W)
ヒーター
Elite Submersible10 Aquarium Heater (50 w) + ViaAqua Quartz heater (50 w)
ポンプ類
Hydor Koralia Nano 240 Aquarium Circulation Pump, 240 gph
使用海水
Instant ocean sea salt, Kent Marine Reef Salt Mix
換水サイクル
2週間に1/5
生体
カクレクマノミ 二匹(約7 cmと約5 cm)
スカーレットリーフハーミットクラブ 約1 cm 二匹
Margarita Snail 一匹
Frogspawn coral(Euphyllia divisa、コエダナガレハナサンゴ、2012/12/8~、2 heads、5 cm)
Bubble coral(Plerogyra sinuosa、ミズタマサンゴ、2012/12/8~、1 head、3 cm)
Galaxy coral(Galaxea sp、アザミサンゴ、2012/12/8~、1 cm)
Green star polyp(Pachyclavularia sp、ムラサキハナヅタ、2012/12/8~、2 cm)
zoanthid (マメスナギンチャク、2012/12/8~、1つ、5 mm)
岩・砂
Carib sea Ocean direct live sand original 10 lb., 淡水用大粒川砂・岩
Ocean Nutrition Nano Reef Fish Fiid
添加剤
Kent Marine eesential elementsを換水時に1 ml添加、、Seachem Reef Iodideを数日に一回1 ml添加
比重
1.023
水温
25度
pH(ペーハー)
6.8
その他

20ガロン水槽(約60リットル)に
・カクレクマノミ 2匹(投入時(2011年10月15日)約4 cm、現在(2013年1月13日)7 cm弱と5 cm強)
・デバスズメダイ1匹(投入後1週間で行方不明に)
・スカーレットクリーナーシュリンプ 1匹(2013年1月5日から)
・スカーレットリーフハーミットクラブ 2匹(2011年10月8日から)
・サンゴ
LPS
コエダナガレハナサンゴ
ミズタマサンゴ
アザミサンゴ
Soft coral
ムラサキハナヅタ
Zoanthid
マメスナギンチャク

2011年9月末、海水水槽立ち上げ。2週間後の10月8日にヤドカリ二匹と貝二匹飼育開始。さらに一週間後の10月15日に二匹のカクレクマノミを飼育開始。濾過には底外掛けフィルター(Aquaclear 50 Power filter)とエアリフト底面フィルターを併用。底面フィルターのパイプのうち一つを外掛けフィルターに半結合させ、外掛けフィルターの空きスペースにバイオペレット(Aquamaxx Biomaxx Plus Biopellets filter media)を数十粒いれてペレットが僅かに動く程度に流量を調節。

淡水魚稚魚用水槽時の底面フィルターと大粒砂を残して、その上にウールマットを敷いて、Carib seaのOcean direct live sand originalを5ポンド(約2.3 kg)敷く。約6ヶ月ごとに5ポンドの新しいlive sandを追加。

2012年11月29日、立ち上げから約1年後、20ガロンにupgrade。10ガロンで使っていたものをそのまま移し替えて使用。ヒーターは50 wを一本追加。Live sandは倍量(10ポンド)を追加。ライトは一般用コンパクト蛍光灯(60w相当)を3つ追加。投入時約4 cmだったカクレクマノミは一年で7 cm弱、5 cm強に成長。
2012年12月2日、娘の友人誕生会でのおみやげの巻貝を入れておいたら、やどかりが宿を替えた。3ヶ月に1回くらいのペースで脱皮を続けている。

2012年12月8日、近所でサンゴを譲ってもらう(コエダナガレハナサンゴ、ミズタマサンゴ、アザミサンゴ、ムラサキハナヅタ、マメスナギンチャク)。今度は投入直後からどれもポリプを開いている。前回高水温でスターポリプが駄目になった可能性があるので、今回は水温を25度にキープを徹底。


2013年1月5日、普段とは別の店(GoFish)でscarlet cleaner shrimp(スカーレットクリーナーシュリンプ)とGreen chromis(デバスズメダイ)を購入。赤とブルーが綺麗。それらの隠れ家のためにライブロックも2つ購入。

2013年1月13日、午前中までライブロックの陰に隠れていたデバスズメダイが、夕方には行方不明に。餌不足で弱っていたところをシュリンプに食べられてしまったと推察。
2匹のカクレクマノミ、夜は岩の陰で一緒に寝るようになって約半年経過。ペアリングしたのではと思われるが、未だに産卵せず。


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

respさんのマイホームへ戻る


0.27 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説