まりんちゅシティ



ブリーフ

転入 6年前

震災後水槽

ページビュー(1673)

更新日
2011/3/21
タイトル
震災後水槽
水槽サイズ
600×450×450 オーバーフローはとりあえずヤメ
生体
生き残った生物
魚類:デバ1 ヤエヤマキンポ キイロサンゴハゼ ニセモチノウオ カクレクマノミ2
貝類: マガキ3 コイソ2ハナビラタカラガイ2 ゾンビスネール3ヒメシャコガイ
甲殻類:オトヒメエビ アカシマモエビ スカンクシュリンプ セグロサンゴヤドカリ ブルーレッグハーミット レッドレッグハーミット ユビワサンゴヤドカリ雑種ヤドカリ3
サンゴ類:バブルディスク アワサンゴ ハナガサ マルハナガタ コエダナガレハナ コンフサコモン エダコモン2

★になった生き物
アケボノハゼ コイソ2 スターポリプ カワラフサトサカ ナガレハナサンゴ
ウミアザミSP
サテライトLに隔離していたヤドカリ2 サンゴカニ

破損機器
エリジオン閃光(水没)
水槽キャビネット底板がひび割れ
その他

3月11日14時46分地震 停電
18時40分帰宅
水量 水槽の半分 水温21度
20時30分
発砲スチロール箱の蓋にホッカイロを張って3面にくっつける
カセットコンロでお湯を沸かして500ミリペットボトル8本に入れ水槽に浮かべる
酸欠とおもいロングスポイトで流れを作るように海水をすってブシューっとだすことを繰り返す
水槽の上部やまわりにダンボールや服で覆う
余震で目覚める水温19度
目覚めるたびに0時半 3時 5時 7時半と↑の作業を繰り返す
次の日 会社に出勤 みんなの安否を確認 事務所をかたずけ
16時半ごろ帰宅
その間9時間くらい放置で水温17度あきらめていたが魚は生きていた
17時20分ごろ電気復旧
ついたり消えたりするもヒーターが効いて水温22度まで回復
余震がひどいのでオーバーフローもできず海水も足せない
足せないというより断水だからそもそも無理だった


ブックマーク


コメント


ご意見ご感想をどうぞ


海人用
海人用

*必須入力項目

ブリーフさんのマイホームへ戻る


0.12 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説