結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20093月01

WordPressプラグイン制圧

ウェブ@海水業界 エイジ 08:11

結果 Oh! Life で使ってる WordPress を新しくして幾日が経ちました。
いやぁ。色々と快適になっておじさんとっても感激してる場合ですよ。
そして毎日適当にプラグインと戯れています。
と言うか遊ばれてる感じ(笑)

悪戦苦闘の末、最終的に以下のプラグインをチョイスしました。

  1. Akismet - WP標準のスパム対策 (利用にはAPIキーが必要)
  2. WP Multibyte Patch - WP標準の文字化け対策?
  3. Search Word Highlight for Mutibyte - 検索エンジンからのキーワード強調
  4. Ultimate Plugins Smart Update Pinger - 更新PINGログ (パスワードが必要)
  5. Popular Posts - 人気記事リストの生成
    Similar Posts - 関連記事リストの生成
    Post-Plugin Library - 上記用ライブラリ

1.~3.については特に問題なくクリア。
1.は元々使ってたし、今回もノープロブレム。APIキーも以前のモノで通りました。
2.は効果がよく判らないけど、多分ちゃんと働いてくれているだろう(笑)
3.は今回初めてだけど、検索から飛んできたらちゃんと動作してました!

他にもGoogleサイトマップを生成するプラグインもあったが、僕の場合サイトのコンテンツはブログだけではないので、ブログのサイトマップだけあっても面白く無いなぁ、と言うことで、サイトマップに関しては自分で作ることにした(曝)
これについては後日触れようと思います。

さて。ここからが壮絶な戦いの幕開け。

まず、今回のプラグイン調査の末、特に気に入った機能として「更新PINGの成否をログとして記録しチェックできるモノ」と「人気記事のリストを生成してくれるモノ」の2つが目に止まりました。

まず更新PINGについては、これは今まで全然意識して無くて、実際のところまりんちゅシティくらいにしか送ってませんでした(曝)
それを今後は世間にばらまいちゃおうと言う大胆な意識改革の元(曝)、主要PINGを送信先リストにいくつか指定することにしたのです。
でも、WPには元々この機能があるので送信に関してはプラグインは必要ないのですが、実際に各社へのPINGが成功したのかどうかまではサッパリ判らないらしいのです。

そこで、Smart Update Pinger と言うプラグインを見つけました。これを使えば各社への更新PING送信が失敗か成功か、ログによって確認できるのです。これは便利!

ところが。。。何度入れ直してもエラーが!?
ログファイルが生成できないっぽいエラーなんですが、似たようなエラーの改善方法をネットで見つけても一向に解決しません。
実はコレ、WP ME 2.2.1 の時にも挑戦したのですが、やっぱりエラーが出てダメでした。日本語版もダメ、PHPをセーフモードからCGI モードに切り替えてもダメ、さらには今回のWPバージンアップでも解決せず。。。で、却下。

そして遂にちゃんと動くモノを発見!
それが Ultimate Plugins Smart Update Pinger でした。
但し利用にはユーザー登録?が必要で、登録したメール宛に届くパスワードを入力しないとダウンロードさせてくれません(汗)
ま、メアドくらいくれてやるわっ!と言うことで難なくゲット♪
プラグインの有効化までは特に問題なし。あとは実際に投稿してみるだけ。
ふ~。長かった。。。

次に人気記事のプラグイン。
最初に見つけたのは特に検索に多かった WP-PostViews と言うモノ。
しかしやっぱりエラーが。。。もう根気が続かないので速攻で却下(汗)

そこで今度は Popularity Contest と言うモノを発見。
どっこいまたまたエラーが。。。もうイヤ。

そして遂に見つけた! しかも関連記事を作るプラグインもセットで!
それが Popular Posts (人気記事)と Similar Posts (関連記事)です。
但しいずれの利用にも、別途 Post-Plugin Library と言うライブラリが必要です。
それらを一緒にダウンロードして全部プラグインディレクトリに放り込めばOK。

実際に試してみると! 人気記事リストが出た! 今しがた僕が見た記事ばかり(曝)
但し関連記事リスト(Similar Posts)の方は、ちゃんと設定しないと動かないみたい。。。
一応念のため設定方法を。

  1. まず、WP管理パネルの「設定」から「Similar Posts」を選択
  2. 「Manage the Index」タブをクリック
  3. 「Handle extended characters?」と「Treat as Chinese, Korean, or Japanese?」の項をいずれも「Yes」に

これでちゃんと関連記事リストが生成されるようになりました!
いまいち関連性が???な場合もあるけど、ま、とりあえずよしとするんだぜ。
ふ~。。。やっぱり長かった。

ふと思ったけど、プラグインって結構バグが多いみたい(CMS側のバージョンにもよる)。だから利用者の憤慨した記事や改善策を記した記事も多く存在してる。なので、検索ではまず真っ先にヒットする(汗)

でもこれって、検索エンジンのジレンマですよね?(苦笑)
本来ならわざわざ遠回りはしたくないし、初めから無難な情報に辿り着きたいと願うのが人情というモノ。これからの検索エンジンは、こういうクオリティも評価して優先表示する機能が欲しいなぁ、と思いました。ま、たまには利用者側の立場に立ってみるべく自戒の念を込めて(汗)

とりあえず、今回僕が WordPress 2.7.1 に導入したプラグインの合否結果について、このようにまとめてみました。あくまでも僕のケースなので一概には言えませんが、同バージョンの方の参考になれば幸いです。

  • 更新PINGログを採りたい!
    • Ultimate Plugins Smart Update Pinger
    • × Smart Update Pinger - エラーがどうしても改善できない
  • 人気記事リストを作りたい!
    • Popular Posts
    • × Popularity Contest - エラーがどうしても改善できない
    • × WP-PostViews - エラーがどうしても改善できない

ところで Ultimate Plugins Smart Update Pinger を入れて以降まだ未投稿なので、更新PINGが正常に送れるかどうか判んない(汗)
コレ投稿してからなんかあればまだ追記しますです。

追記:2009/3/1 8:41

送れる云々を見る前に、こちらもやっぱりログが書き出されない。。。
と思ってこのプラグインのディレクトリのパーミッションを777に変更したら書き出せた。
付属のインストール手引き読んだらちゃんと書いてあった(汗)
とは言え、その前の Smart Update Pinger の時はパーミッション弄ってもダメだったんだよねぇ。。。
とりあえずこれでどことどこが失敗してるか判ったので、その送信先は除外した。
また次回まとめて投稿しようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説